古川 圭子Photo

古川 圭子アナウンサーのブログ

カメタロウは今日もごきげん?

更新:2002年12月27日
カメタロウ わが家の長男 2歳
テレビのニュースでモスクワがうつったのを見て・・
私「ロシアって雪あんまり降らないの?」
夫「そんなことないんじゃない?」
カメタロウ「あめだけ?」
最近ふつうに会話に加わっているカメタロウです。

仕事柄、子どもがどのように言葉を覚えていくのか、とても興味がありました。
しっかり記録しておこう、と思っていたのですが、追いつかないくらい、すごいスピードで、カメタロウは語いを増やしています。

「くっく(くつした)ぬぐの。すべるから。」の『〜から』、
「だれと行くの?」「おとうしゃんと。」
「だれがくれたの?」「おかあしゃんが。」の、『と』や『が』。
「ぼくがいれたの」「おとうしゃんがいれてくれたの」の使い分け。
「たべた」と「たべちゃった」の、ビミョーなニュアンスの違い。

私たちが外国語を覚えるときは、すでに知っている日本語をもとに、覚えていきますよね。
その「もとになる言葉」がないのに、しかも、教えられたわけでもないのに、ちゃんと、正しい表現ができるようになっていくのです。
毎日そばで見ていても、ほんとうに不思議です。

こちらがなにげなく話していることを、どんどん吸収しているのでしょうね。
うかつなことは言えません。
まんま、ぶーぶーしか言えなかったころが懐かしいなあ。

カメタロウの担任、ふくいせんせいは、新婚旅行のため1週間ほどお休みでした。
「ふくいてんてー、どこいっちゃったのー?」と、さびしそうに毎日聞いていたカメタロウ。
せんせいが帰って来た日、「先生どこ行ってたって?」と聞いてみると、「けっこん!!!」と得意そうに答えてくれました。


更新:2002年12月24日
カメタロウ わが家の長男 2歳
日本語もだいぶ上手になりました。
私「かんくん、ほら雪だよー」
カ「あめのなかま?」

カメタロウは赤ちゃん時代、夜泣きというものをほとんどしませんでした。
早々に職場復帰していたので、夜、ちゃんと眠ってくれるのは本当に助かったものです。

ところが、最近になってときどき、真夜中にうえーんと泣いて起きることがあります。
どうしたの?と聞くと、
ある夜は、「まこちゃんがたたいたー」
(そうか、今朝同じクラスのまこちゃんとけんかしてたからなあ)
またある夜は、「こわいのがいたのー」
「こわいのってなあに?」「むし」
(そうか、今日は公園で落ち葉拾って遊んだって書いてあったなあ)
わずか2年の人生経験でも、りっぱに夢をみているらしいのです。

アナウンサー達に聞くと、
「原稿の難しい漢字が読めない」

「寝坊して番組に穴をあける」
「舞台袖に立っているのに、セリフを全然覚えていない」
などなど、「らしい」夢をみるそうです。
みなさんはどんな夢をみますか?
職業別に調べてみると、おもしろい結果がでそうですね。

クリスマスイブ、保育園にもサンタさんが来ます。
去年は怖くて号泣していたらしいカメタロウ。
今年はちゃんと「ありがとう」と言えるかな?
そしてどんな夢をみるのかな??




プロフィール

古川 圭子Photo
名前:古川 圭子
生年月日:1967年1月30日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:神戸女学院大学
趣味:テーマパークめぐり、宝塚歌劇観賞
何でもひとこと:遠い昔、今宮戎のミス福娘に選ばれました。伊丹空港でJALのグランドスタッフをしていました(飛行機にはまあまあ詳しい)。ジェットコースターに乗るのが大好きです(木製コースターが特に好き)。スケートは見るのも滑るのも好きです(渡部絵美さんのころからのフィギュア好き、好きな選手はカタリナ・ビットとミシェル・クワン)。でも今は、二人の子どもの面倒をみるのが大変。タカラヅカを観るのがなによりのストレス解消です。

担当番組