古川 圭子Photo

古川 圭子アナウンサーのブログ

カメタロウは今日もごきげん?

更新:2002年6月7日
カメタロウ わが家の長男 1歳6か月
「お子さんのお名前、ほんとにカメタロウなんですか?」
最近続けて聞かれましたので、念のため。
私の夫は、アナウンサーの亀井希生です。
ハイヒールのお二人の「子どもの名前はカメタロウや」のお言葉から、
通称カメタロウとなったのです。

さて、おむつ話その2。

カメタロウの入園が決まって、保育園に見学に行ったとき、
真っ先に聞いたのは「おむつは紙ですか、布ですか?」でした。
答えは布。あー洗濯が大変だー、と覚悟を決めました。
毎日10枚以上おむつを持ち帰り、洗って乾かしてアイロンかけて。
慣れてしまえば、それほど負担には感じませんでした。

しかも、そんな苦労も、夏まででした。
7月、暑くなると、保育園では、起きて動いているあいだはおむつを着けず、
ふつうのパンツだけで過ごすようになりました。
カメタロウ、生後8か月のころからです。
おむつをはずすと、動きやすいし、涼しいし、本人は快適そう。
もちろん、自分でトイレに行けるわけではないので、
先生はしょっちゅう床を拭かなければなりませんが、
食事の前後など、まめにおまるに座らせていると、
だんだん成功する回数も増えてきます。

1年近くたった今も、毎日7〜8枚のパンツとズボンを洗濯していますが、
保育園で身軽に走り回る姿をみていると、
着替えと床掃除に追われる先生方には本当に頭が下がります。
1歳になる前からおむつをはずしてしまおうなんて、
保育園に通っていなければ、思いつきもしなかったはず。
ほかにも、ごはんを自分で食べさせたり、絵の具で自由に絵を描かせたり。
家では、汚されるのがいやで、だめーって言ってしまうんですよね。
洗濯物の袋を開けて、どろんこや、真っ青や、ごはんつぶまみれになったシャツを見て、
今日もいっぱい遊んだんだねと確認するのも、いまや楽しみのひとつです。

カメタロウはただいま「いやいや」全盛期。
「おむつかえよう」「いやあ」「お顔ふこうね」「いやあいやあいやあ」
「おやつ食べよっか」「まんま、まんま」
こちらの言うことはちゃんとわかっているようです。



プロフィール

古川 圭子Photo
名前:古川 圭子
生年月日:1967年1月30日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:神戸女学院大学
趣味:テーマパークめぐり、宝塚歌劇観賞
何でもひとこと:遠い昔、今宮戎のミス福娘に選ばれました。伊丹空港でJALのグランドスタッフをしていました(飛行機にはまあまあ詳しい)。ジェットコースターに乗るのが大好きです(木製コースターが特に好き)。スケートは見るのも滑るのも好きです(渡部絵美さんのころからのフィギュア好き、好きな選手はカタリナ・ビットとミシェル・クワン)。でも今は、二人の子どもの面倒をみるのが大変。タカラヅカを観るのがなによりのストレス解消です。

担当番組