古川 圭子Photo

古川 圭子アナウンサーのブログ

カメタロウは今日もごきげん?

更新:2002年5月14日
カメタロウ わが家の長男 早いものでもう1歳6か月
歩けるようになってまだひと月もたたないのに、砂遊びをしすぎて、
靴のつま先がすり切れてしまいました。
大八木アナがプレゼントしてくれた、黒いかっこいい靴だったのに。

夕方のニュース"VOICE"で、「おむつ」問題がちょっぴり白熱しています。
そこで、私のおむつ体験を。

「布おむつを干しているとき、すごく幸せだった。」
堀ちえみさんの一言に、なるほどと納得して、布おむつをちゃんと用意しました。
カメタロウが生まれて、そりゃあもう、がんばりましたよ。
毎日、洗濯して、アイロンをかけて。
夜中も、2時間ごとに起きておむつかえ。
汚れたら手洗いして、さあ寝ようと思ったらまたうんちしていて
もういちどおむつかえ、なんてことが、毎晩のように続きました。

産休中に見ていたテレビで、
「最近の母親は、おむつを手で洗わないから、こどもがちゃんと育たない」
みたいなことを、男性が話しているのを聞きました。
そういうあなたは、真冬の朝4時に、
トイレに手をつっこんで、うんちおむつを洗ったことがあるの!!と、
テレビにむかって叫んだ私です。
母親は、痛い思いして子どもを産んで、自分を犠牲にして子育てしてナンボ、
苦労は美徳、みたいな考え方、まだまだあるんですよね。
だから、紙おむつとか、無痛分娩とか、「手抜き」扱いされるんです。
少しでも楽できるところは楽をして、そのぶん子どもにゆっくり接することができれば、
子どもはうれしいと思うんですけど。

結局、カメタロウが1か月になるころまで、布おむつを使いました。
なぜやめちゃったか、というと、一枚ではもれるようになったから。
肌着やふとんカバーまで一日に何度も洗うのはさすがに大変で、
紙おむつのお世話になることにしました。
1か月よくがんばった、と勝手に満足しながら。

それでも、今は、紙おむつは質の良いものが安く売られていて、
洗濯機は全自動だし、乾燥機もあるし、
いつでも蛇口からお湯は出るし、夜中だってすぐ暖房も入れられるし。
昔のおかあさんはほんとに大変だったでしょうね。

ところで、カメタロウはもう、昼間はおむつをしていません!
くわしくは次回。

おふろにはいろうとはだかにすると、カメタロウは、
うつむいてじーっとじぶんのおなかを見て、おへそを指さしています。
この、おなかのまん中の、しわしわの穴はいったいなんだろう?



プロフィール

古川 圭子Photo
名前:古川 圭子
生年月日:1967年1月30日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:神戸女学院大学
趣味:テーマパークめぐり、宝塚歌劇観賞
何でもひとこと:遠い昔、今宮戎のミス福娘に選ばれました。伊丹空港でJALのグランドスタッフをしていました(飛行機にはまあまあ詳しい)。ジェットコースターに乗るのが大好きです(木製コースターが特に好き)。スケートは見るのも滑るのも好きです(渡部絵美さんのころからのフィギュア好き、好きな選手はカタリナ・ビットとミシェル・クワン)。でも今は、二人の子どもの面倒をみるのが大変。タカラヅカを観るのがなによりのストレス解消です。

担当番組