馬野 雅行Photo

馬野 雅行アナウンサーのブログ

直球勝負!

更新:2003年7月8日
先日、タイガースのルーキー久保田投手がプロ2勝目を挙げました。
初勝利に続いて、リリーフでの白星でした。
彼の初勝利は、6月15日甲子園での巨人戦。
片岡選手のサヨナラヒットで延長10回を制した試合です。
試合後の久保田投手「ウイニングボールは先発で勝った時でいいです」
と語っています。
なぜこういう発言になったかというと、理由はこうです。
片岡選手の放った打球が外野でバウンドした瞬間、巨人のレフト清水選手はバックホームをあきらめ阪神はサヨナラ勝ち。
久保田投手初勝利のウイニングボールとなるはずのボールは、無人の左中間フェンスへと転がり、誰も追いかけませんでした。
この結果、久保田投手はウイニングボールを諦めたわけです。

試合後のロッカールーム、彼のウイニングボールがないことが話題になりました。
それを耳にした1人の裏方さんがロッカールームを飛び出し、左中間のフェンスへとダッシュしました。
彼の名はサブマネージャー兼用具担当の宮脇則昭さん。
1987年のドラフト4位で投手として指名され、1990年に引退した元選手です。

彼が左中間のフェンス際に到着したとき、そのボールは警備員によって外野のファンに向かって投げられる瞬間でした。
「ちょっと待ってくれ!!」
ファンの六甲おろしに負けないような彼の一声で、
久保田投手の初勝利のウイニングボールは無事彼の手許に届きました。

1軍で白星を挙げることはできなかった宮脇さん。
でも今年、可愛い後輩のために甲子園で大きなウイニングボールを手にしました。

優勝へ向けてひた走るタイガース。
その影には裏方さんの大きな、そして地道なサポートがあるのです。


バックナンバー

2017年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年


プロフィール

馬野 雅行Photo
名前:馬野 雅行
生年月日:1965年7月12日
入社年:1989年
出身都道府県:東京都
出身大学:日本大学
趣味:鉄道情報収集
何でもひとこと:鉄道知識に関しては、仕事とは比較にならないくらいの自信があります。

担当番組