馬野 雅行Photo

馬野 雅行アナウンサーのブログ

直球勝負!

更新:2002年6月18日
ワールドカップ一色の日本スポーツ界。
スポーツ報道に携わるものとしてはどうしてもと思い、たまたまチケットが手に入った、14日の日本対チュニジア戦を見てきました。

試合の素晴らしさはご存知のとおりなので、ここではサッカーと野球、サポーターと応援団の比較を感じたままに書きたいと思います。

いつもの記者席ではなく、今回は観客としてスタンドで観戦。
どんな騒ぎになるのかと若干の恐怖心を持ちながらの観戦でしたが、それは杞憂でした。
もちろん盛り上がりはものすごいものがありましたが、それは節度をわきまえた範囲内のもの。
スタンドからモノが投げ入れられたりということは皆無。
ですからそれで試合が中断されることもありません。

むしろ怖かったのは競技場の外。
帰宅途中の梅田駅では、巨大スクリーンで観戦し興奮したファンからの握手攻め。
それがいつのまにか押し合いへしあい状態。必死の思いで帰ってきました。

翌15日は甲子園で阪神対巨人の取材。
ここでサッカーとの大きな違いがありました。
ごく一部のファンですが、野球場にはマナーが悪いファンがいるということです。

ホームランボールと拾うためにファンがバックスクリーンに入り試合が中断、スタンドからメガホンが投げ入れられ試合が中断。
以前星野監督も話していましたが、一部の阪神ファンのマナーの悪さが目に付きます。

何年か前、放送を担当した試合でファンがグラウンドに乱入したことがありました。
この時「こういうファンは今後出入り禁止にすべきじゃないですか?」

と言ったところ、上司から言い過ぎではないかと言われた事があります。

今回のW杯では徹底したフーリガン排除策を取りました。
その結果、競技場の外は別にして節度ある応援が行われています。

応援マナー向上の為、野球でもマナーを守れない一部のファンの排除を検討してもいい時期ではないでしょうか?
今後タイガースが気持ちよく優勝争いをする為にも。

バックナンバー

2017年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年


プロフィール

馬野 雅行Photo
名前:馬野 雅行
生年月日:1965年7月12日
入社年:1989年
出身都道府県:東京都
出身大学:日本大学
趣味:鉄道情報収集
何でもひとこと:鉄道知識に関しては、仕事とは比較にならないくらいの自信があります。

担当番組