来栖 正之Photo

来栖 正之アナウンサーのブログ

ありゃ馬こりゃ馬

更新:2010年9月7日
先日、北海道の牧場などを見学に行ってきました。
いつ行っても牧場関係者の人の善さにはには心が洗われます。
動物と一緒に暮らすと心がピュアになっていくのか?
それとも、もともとピュアな人が牧場での生活を選ぶのか?
どちらにしてもいつもとはまったく違った気持ちで取材に望むことが多いんです。

その中のひとつ日高の幾千世牧場(いくちせと読みます)をご紹介します。
ここはエスポワールシチーの生まれ育った牧場で、繁殖牝馬や功労馬、そして生まれたばかりの仔馬をいれると
50頭近くになるという個人牧場としてはかなり規模が大きな牧場です。

その中の1頭、エスポワールシチーのお母さんエミネントシチーは今お腹が大きな状態で(ゴールドアリュールの仔)
体はとても重そうだったんですが、人間同様、母性を帯びた優しい雰囲気に包まれていました。
それでも母馬同士が並ぶとボス的な存在でかなり威張った様子だそうです。

このエミネントシチーはエスポワールシチーを出産するとき大変難産だったそうで、
エスポワールを出産した後、5年間種付けをせずに乗馬の練習をして繁殖をあきらめかけていたそうなんです。
乗馬の練習をしたらとても飛越が上手で、かなりものになりそうなところまできていました。
しかし、ご存知のとおりエスポワールシチーが大活躍するのを見て、
「もう一度繁殖に挑んでみよう」ということになって、今があるらしいんです。

「繁殖牝馬の中でも珍しい経歴を歩んでいるんですよ。だから仲間の中では偉そうにしているのかも知れませんね」
とは牧場を経営する鹿戸輝美さん。

エスポワールシチーが出走した国内全てのG1レースは観戦したという鹿戸さんだが、さすがにアメリカには行けないと言う。
ブリーダーズカップでの活躍を期待したい





バックナンバー

2012年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年


プロフィール

来栖 正之Photo
名前:来栖 正之
生年月日:1964年5月29日
入社年:1989年
出身都道府県:茨城県
出身大学:千葉大学
趣味:落語
何でもひとこと:今年50歳になります。そば打ち、山登り、ボルダリングなど、やりたいことばかり。今年はアクティブに!そして痩せます。

担当番組