来栖 正之Photo

来栖 正之アナウンサーのブログ

ありゃ馬こりゃ馬

更新:2007年7月20日
 今年前半の競馬で心に残ったあのシーン(1)

競馬はサマーシリーズに入りまして、我々競馬スタッフは毎週金曜日から小倉へと移動します。土曜の夜は競馬スタッフみんなで小倉の街に繰り出します。手羽先やモツ鍋、とんこつラーメンなど美味しいものがたくさんあるので、きっと夏が終わるまでに、よりメタボリックな体格になるのは間違いないでしょう。
 今年前半の主役といえばウォッカではないかと思います。牝馬としてダービーに挑戦し、そして勝ってしまうなんてことは驚き以外の何物でも無かったです。実況していてもウォッカが直線で伸びてきた時は『まさか!』という思いが強い実況になっていました。
 ただゴール前で、あれだけ差を広げていても、もう一度後方を確かめるかのように首を左右に振ったのは、やっぱりダービーだからでしょうね。それだけ騎手の皆さんにとってダービーは特別のものなんです。
 ゴールを過ぎて2コーナーのカーブあたりで馬を止め、馬の上で口を半開きにしながらしばし呆然としていた四位騎手の表情が忘れられません。なにを考えていたのか?あとで聞きました。

 ゴール後、しばらく動かなかったけど?
『動けなかったといってもいいかもしれない。すべてを出し切ったあとだったからね』
 ウォッカの首差しをなでたあとでも、なかなかみんなのいるところに戻ってこなかったのは?
『勝ったんだな!と思ったら急に昔のことを思い出してね!僕はおばあちゃん子だったから、小さいころ一緒に遊んでくれたり、馬に乗ることをほめてくれた思い出が浮かんできてね。おばあちゃんだけじゃなくてお世話になった人の顔が次々に浮かんできたんだよね』
 スタンドのほうを見てましたよね?
『もう二度とないかもしれないじゃない(笑)だから、ダービーの風景を目に焼き付けておきたいと思って。きっと忘れられないと思うしね』
 夜にはウォッカ飲みましたか?
『飲んだけど、酔えなかったね!まったく酔えないから(ダービーで勝ったのが)夢なんじゃないかと思ったくらいだよ(笑)』

 四位騎手は私が競馬中継に携わるようになった年に新人騎手としてデビューしたんです。いわば同期のような感覚があるんですね(おこがましいのですが!)ですので、ダービーを勝った時は、私も普段以上に興奮しましたし、うれしかったです。こんなシーンをたまに見るから中継って面白いんですよね。


更新:2007年7月13日
サッカージャーナリスト、後 藤 健 生さんとご一緒しました(2)

 後藤さん(サッカージャーナリスト、後藤健生さん)はオシム監督をかなり高く評価されています(これまでの経歴を考えると当然かもしれません)『これまでの代表監督の中ではベストなのは間違いないでしょう!』と言っていました。(ジーコについてはかなり手厳しい言葉が続いてました)
 ただ今回のアジアカップに関しては『ここが目標ではないので結果が出るかというとわかりません。でも一年目でのトルシエジャパンよりもずっと高い理想を持つチーム作りが出来ていると思います。それは間違いないでしょう!』(そんなこといわんと優勝します!といってほしかったんですけど)
 『でも今の各世代の代表で最も完成度の高いのはなでしこジャパンジャないでしょうか』とおっしゃっていました。(そんなに強いと思っていなかったので女子のワールドカップは楽しみですね。)
 あと個人的に期待している17歳以下の代表チームは『面白い世代だと思いますよ。個性的な選手が集まっていると思いますが、U-17ワールドカップでは予選の組み合わせが悪いんじゃないでしょうか?フランスとナイジェリアはかなり強いですよ』という評価でした。(この評価を覆してがんばってほしいものです)
 それにしてもサッカー談義はつきないのもので、結局12時過ぎまで途切れることなく話が続いた。しかもまだ話し足りないぐらいです。『次は一緒に南アフリカに行きましょうね!』次にお会いする機会があるならばこの言葉を忘れずに言いますよ。


更新:2007年7月3日
サッカージャーナリスト、後藤 健生さんとご一緒しました

 先日、関西大学の黒田教授のお誘いでサーカージャーナリストの後藤健生さんとサッカーの話題をかなり長い時間お伺いすることが出来ました。今の日本代表の話題から過去のワールドカップの出来事までかなり詳しく聞くことが出来たので私にとっては至福のときだったといえるでしょう。
 それより何よりびっくりしたのは後藤さんは以前クイズ番組あらしだったそうで、78年のワールドカップアルゼンチン大会にはクイズで稼いだ賞金で行ったそうです。毎日放送のアップダウンクイズでも優勝経験があり、(この番組は黒田教授も優勝したことがあるそうです)サッカー通になるにはクイズに強くなければならいのかと思ってしまいました。その抜群の記憶力があるせいか80年代、90年代に行われた日本の試合や世界のサッカー情勢など事細かに教えてくれました。途中からは場所を変えてお酒を飲みながらサッカーを魚にうだうだと話をしたのですが、後藤さんはクイズだけでなく酒も強く、私のほうが先に酔っ払いになっていました。でも世界中を旅して、それでも元気いっぱいでいるにはタフでなければ出来ないし、酒に負けているようでは、良い取材も出来ませんものね。(そういえばお会いした日は激しい雨が降っていて長袖でも肌寒いぐらいだったのに、後藤さんは最後まで半そででした)次回は後藤さんが今の日本代表をどう見ているか報告します

バックナンバー

2012年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年


プロフィール

来栖 正之Photo
名前:来栖 正之
生年月日:1964年5月29日
入社年:1989年
出身都道府県:茨城県
出身大学:千葉大学
趣味:落語
何でもひとこと:今年50歳になります。そば打ち、山登り、ボルダリングなど、やりたいことばかり。今年はアクティブに!そして痩せます。

担当番組