来栖 正之Photo

来栖 正之アナウンサーのブログ

ありゃ馬こりゃ馬

更新:2001年6月15日
子供の頃から思っていたことだが、実は私、運動神経に密かに自信を持っている。それも人よりちょっと優れたという程度ではなく、とびぬけた運動能力を持つものだと信じている。世間の人はなぜそれに気が付かないのか不思議でしょうがないのだが、ならば証明してみせれば納得もいくだろうと思って様々なスポーツに取り組んできた。
 まず小学生の時、極々一般的だがプロ野球の選手になることを夢見た。グローブを買ってもらい出来たばかりの少年野球のチームにも入った。メンバーは11人、当然レギュラーかと思ったら監督は「君は控えだよ」(あの時の声の響きはまだ忘れていない)来栖少年が野球に興味を持たなくなるのにそれほど時間はかからなかった。
 次に小学生の高学年になって剣道に興味を持つ。防具を買ってもらい週に二回の稽古にも休まず通ったものだ。しかし剣道には寒稽古というものがある。真冬の夜中に道場に行って朝方まで稽古をつけ心身ともに鍛えるというものだが、来栖少年には足りないものがあった。根性が無かったのだ。朝早いうえに寒いのである。10日間の寒稽古はわずか一日で卒業、防具は今でも我が家で眠っている。
 中学に入学後ハンドボールと出会う。これはものになった。出場する大会で次々と好成績を収め関東大会にも出場した。しかし大会翌日の新聞を見ると自分の名前どころか試合の結果すら載っていない。これでは全国のみんなに私の運動能力の高さを知ってもらえないと思いハンドボールを卒業。
 大学では当時スクールウォーズで人気のあったラグビーをたしなむ。しかし初めて出場した試合で相手チームの選手と激突し前歯3本を折る。(相手の頭に歯が刺さっていたのにはびびった)ここまでくると自分には特別優れた運動能力などないというのは充分承知なのだが、勘違いをしながらもいろんなスポーツに挑戦してきた事自体は大変楽しかった。

 最近スカッシュを始めた。イギリス生まれのおしゃれなスポーツである。週に一回定期的に練習している。かなりの運動量なので一度やると1,2キロ体重も減る。プレーもかなり上達してきたように思える。やっと自分にあったスポーツが見つかった気がする。いくつになっても人はそう変わらない。

バックナンバー

2012年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年


プロフィール

来栖 正之Photo
名前:来栖 正之
生年月日:1964年5月29日
入社年:1989年
出身都道府県:茨城県
出身大学:千葉大学
趣味:落語
何でもひとこと:今年50歳になります。そば打ち、山登り、ボルダリングなど、やりたいことばかり。今年はアクティブに!そして痩せます。

担当番組