田丸 一男Photo

田丸 一男アナウンサーのブログ

田丸一男のことばエッセイ

特定外来生物

更新:2015年9月30日
許可なくブラックバスやブルーギルなど「特定外来種」の魚を飼育したとして、京都市の釣りインストラクターが逮捕されました。「特定外来生物」について調べました。

★生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの

外来種はもともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のことを指します。日本の野外に生息する外国起源の生物の数はわかっているだけでも約2000種にもなるそう。明治以降、人間の移動や物流が活発になり、多くの動物や植物がペットや展示用、食用、研究などの目的で輸入されています。一方、荷物や乗り物などに紛れ込んだり、付着して持ち込まれたものも多くあります。

国は2005年に「外来生物法」を施行、本格的な対策を始め10年になります。外来生物のうち、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものを「特定外来生物」として指定しました。現在指定されている「特定外来生物」の指定は113種です。

哺乳類25種(アカゲザル・アライグマ・キョンなど)、鳥類5種(ソウシチョウなど)、爬虫類16種(カミツキガメなど)、両生類11種(ウシガエルなど)、魚類14種(オオクチバス・カダヤシ・ブルーギルなど)、クモ・サソリ類10種(セアカゴケグモなど)、甲殻類5種(ウチダザリガニなど)、昆虫類9種(ツマアカスズメバチなど)、軟体動物等5種(カワヒバリガイなど)、植物13種(オオキンケイギクなど)です。

「特定外来生物」は、研究目的など以外は飼育、栽培、保管及び運搬することが原則禁止。輸入も禁止、野外へ放つ、植える、まくことが禁止です。さらに譲り渡したり販売することも禁止です。

スーパームーン

更新:2015年9月29日
おとといは「中秋の名月」、そして昨夜は「満月」、しかもスーパームーンでした。なぜ「中秋の名月」の日が「満月」でないのでしょうか?

★3割も明るく見える「スーパームーン」

「中秋(ちゅうしゅう)の名月」は一年で一番美しい月が眺められる日といわれます。「中秋」は旧暦の秋(7月〜9月)の真ん中、8月15日。現代の暦に当てはめると9月中旬から10月初旬がその時期です。

旧暦では月の満ち欠けの周期の半分に当たる15日が満月になると考えられていて「名月=満月」として旧暦8月15日を「中秋の名月」といわれるようになったのです。今年は9月27日(日)でしたが、来年は9月15日(木)、再来年は10月4日(水)と毎年変わります。

月は地球の周りを楕円(だえん)軌道を描いて29.5日で1周するのですが、楕円で、また一定の速さで動いていないことから、新月から満月になるまでの間が14日のこともあれば16日のこともあり、中秋の名月は満月と限らず、1〜2日ずれることがあるといいます。

さらに、地球と月の距離は平均で約38万4000キロメートルですが、月が地球に最も近づく時と最も遠く離れた時では約5万キロメートルもの差が生じるのだそう。月が地球に最も近づいて大きく見える満月は、「スーパームーン」と呼ばれます。28日の満月は、今年最も小さかった満月(3月6日)に比べて、大きさは直径の比較で1.14倍となり、3割ほど明るく見えるといいます。今夜も月を眺めてみます。

「威力業務妨害」「偽計業務妨害」

更新:2015年9月28日
東京都内のJR東日本施設で不審火が相次いだ事件で、自称ミュージシャンの男が「威力(いりょく)業務妨害」の疑いで逮捕されました。ニュースでよく耳にする「偽計(ぎけい)業務妨害」とともに調べてみました。

★暴力を使う「威力業務妨害」 計略を使うのが「偽計業務妨害」

■威力業務妨害罪

威力を用いて他人の業務を妨害する罪。刑法第234条で規定されています。3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。

「威力」というのは言動による脅し、暴力を振るう、優越的地位を利用して圧力を加えることです。卒業式での『君が代』斉唱に反対し不起立を呼び掛けた高校教諭が威力業務妨害罪で有罪判決を受ける、などのケースもありました。

■偽計(ぎけい)業務妨害罪

風説の流布や偽計により、他人の業務を妨害する罪。刑法第233条が禁じ、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。

「風説(ふうせつ)の流布(るふ)」はうその情報を流して、証券取引などの相場を動かそうとしたり、人の信用を損ねたり業務を妨害したりすること。「偽計(ぎけい)」は計略のこと。

東京の私鉄に「うその電話」をかけて電車の運行を妨害した例や警察署に無言電話を繰り返して警察の業務を妨害した例などがあります。

アルコール分 〇度 〇%は違う?

更新:2015年9月25日
旅番組を見ていると、チェコの果実の蒸留酒のアルコール度数は「50%」だと紹介されていました。画面では「50度」と字幕表記されていましたが、アルコール分50度と50%は違うのでしょうか?

★酒類のアルコール度 %=度数

日本の酒税法では「アルコール分とは、摂氏15度の時において原容量百分中に含有するエチルアルコールの容量をいう」と規定されていて、「度」又は「%」と表示するとあります。同じ意味なんです。ただ、温度の「℃」は使いません。

40度あるいは40%と表示されたウイスキーは、100ミリリットル中に40ミリリットルのアルコール分があるということになります。酒税法では日本酒のアルコール度数は22度未満と定められているほか、赤ワインが11度〜15度、白ワインが7度〜14度、梅酒が10度〜15度1、ビールが4.5度〜5.5度、焼酎が20度〜25度です。

日本では「度」も使われますが、世界では「%」が統一規格として使われています。またアメリカやイギリスでは、伝統的、習慣的に蒸溜酒のアルコール度数を表す単位として「プルーフ」が使われることがあります。ただ基準が違います。アメリカンプルーフの半分、たとえば80アメリカンプルーフがアルコール度数40度を意味します。イギリスでは、ブリティッシュプルーフの0.571倍、つまり70ブリティッシュプルーフが約40度になります。

ちなみに世界で一番アルコール度数の高い酒は、ポーランドのウォッカ「スピリタス」で96度もあります。70回以上蒸留を繰り返すことで高アルコールに仕上がっています。

バトントワリング バトントワーリング

更新:2015年9月24日
バトンさばきの技術や演技力を競うバトントワーリングのイベントが大阪市中央体育館で開かれ、2002人が一斉に踊り、ギネス世界記録に認定されました。デスクから「バトントワリング」ではないかと尋ねられ、私も迷ったのですが、主催者は「バトントワーリンング」だと言います。どういうことでしょうか?

★2年前に国際的な発音に統一

このイベント、バトントワーリングの大阪府大会が今年で25回目になるのを記念し、大阪バトン協会が企画。呼び掛けに応じて、近畿地方を中心に6府県の60団体から参加者が集まりました。4歳から73歳の愛好家らが、音楽に合わせて一斉にバトンを回して約5分間踊ったそう。これまでの記録はオランダで2004年に達成された1012人。今回、ギネス世界記録に認定されました。

一般的には「バトントワリング」と伸ばさない言い方が主流かと思っていましたが、どうして伸ばすのでしょうか?

主催した大阪バトン協会の土屋素明理事長にお尋ねしたら、2年前に日本マーチングバンド・バトントワーリング協会と日本スポーツバトン協会が統合されて日本バトン協会ができたときに「バトントワーリング」という呼び方に統一されたそうです。国際的な大会では「バトントワーリング」という伸ばす発音が主流だそう。

「やばい」「うざい」

更新:2015年9月18日
きのう公表された文化庁の2014年度「国語に関する世論調査」で、おいしい料理や良い音楽などを「素晴らしい」という意味を込めて「やばい」と表現する人の割合が4分の1を超えたことがわかりました。また不快感なときは2割の人が「うざい」と表現するんだそう。柄が悪い言葉だと思いますがね。

★「やばい」を褒め言葉で使う若者たち

「国語に関する世論調査」は文化庁が10年前から、日本人の国語意識について毎年、面接で実施しています。今回の調査対象は全国の16歳以上の3493人の男女です。

語源辞典で「やばい」を調べると、「具合の悪いさま」「不都合」を意味する形容動詞「やば」を形容詞化したことばで『盗人の使う隠語』だったといいます。今回の調査では、10代の9割が「素晴らしい」「美味しい」「かっこいい」といった良い意味で使うことがわかりました。10年前のこの調査では肯定的に使うのは20歳代以下だけでしたが、今回は30歳代でも53.9%の人が使うと答え、拡大しています。なぜ褒め言葉になったのでしょうか?

ある同僚のアナウンサーは「(感動して)自分がやばくなるほど=自制がきかなくなってしまうほど」という意味で「やばい」が使われたのではないかと推測しています。文化庁の担当者は「本来は盗っ人仲間が隠語として使っていた言葉。肯定的に使うことで、より印象づける表現として広がっているのではないか」とコメントしています。わが家の子ども達も平気で「やばい」を褒め言葉に使うので指摘をしますが、なぜダメなのかが判らないようです。

同じように今の16歳から19歳の若者は、不快感や嫌悪感を表す時には78%が「うざい」を使うことも明らかになりました。この言葉は「うざったい」の略で、1980年代のツッパリブームから関東地方を中心に使われ出した柄の良くない言葉です。若い世代が年を重ねるにつれて、放送用語にも当たり前に使われる時代になるのでしょうか?

インボイス方式とは

更新:2015年9月17日
来年4月に消費税が8%から10%に引き上げられます。と同時に、生活必需品の一部の税率を低く抑える「軽減税率」が導入されるのですが、イギリスやフランスなどヨーロッパで取られている「インボイス方式」が注目されています。どんな方式でしょうか?

★ヨーロッパで採用の税率を明記した請求書

消費増税した場合、収入が少ない低所得者の負担を軽くするため、食料品などの生活必需品の税率を低くする「軽減税率」が導入されます。

イギリスやフランスを始め、アジアでもタイでは「軽減税率」を採用していて、モノやサービスの代金を請求する「インボイス」に税抜き価格と消費税を記すことが義務付けられています。これをインボイス方式と呼びます。インボイスとは「明細書」のことで、「税抜き価格」と「税率」などが記してあるため、業者は売り上げと消費税がはっきりわかります。インボイスを見れば納めるべき消費税が一目瞭然なんです。

一方、日本は業者が請求書を保存し、そこから消費税を計算して納めています。しかし日本の請求書には消費税額を記す義務はなく、消費税がいくらになるかは業者の自己申告です。そこで発行主の事業者番号や請求者番号を記すことで脱税などの不正も防げるといいます。

ただ、インボイス方式を導入するのには、請求書の書式変更や経理システムの修正が必要でその費用負担は少なくありません。

「大雪山」は「だいせつ」か「たいせつ」か

更新:2015年9月16日
「ちちんぷいぷい」の担当者から、北海道の「大雪山」の読み方について「だいせつざん」か「たいせつざん」かを問われました。濁るのか濁らないかです。そもそも「大雪山」という単体の山はありません。いくつかの山の総称で「大雪山系」という言い方をされることが多いそうです。

★国立公園名は濁音、地図表記清音

「大雪山」という単体の山はありません。旭岳や黒岳などの山々を総称して「大雪山」と呼んでいます。このため「大雪山系」と呼ばれることもあります。北海道の中央部、石狩山地の北西部にある火山群です。東西15キロ、南北10キロに及び、最高峰は2290メートルの旭岳で北海道の最高点です。2000メートルを超える火山が10余りあります。

ただ読み方は「だいせつざん」か「たいせつざん」かは定まっていません。ふたつの役所、環境省と国土交通省で、別々の読み方を採っているのです。

もともと環境省(自然保護局国立公園課)は1934年に国立公園に指定した際に「大雪山(だいせつざん)国立公園」と名付けました。

一方、国土交通省(国土地理院)は地図などで「大雪山系」と表記し、読み方は「たいせつさんけい」と「大」も「山」も清音を採っています。

放送では国立公園として扱われることが多いので「だいせつざん」と濁る読み方が主流です。しかし地元では小学校の校歌でも濁らない読み方を採っていて清音が主流。どちらも間違いではありません。

国勢調査とは

更新:2015年9月15日
5年に一度行われる国勢調査。今回初めてインターネットやスマートフォンでの回答が可能となり、9月10日から20日までが回答期間です。ネット回答、意外に簡単でしたよ。そして9月26日から10月7日までは従来の「調査票」での回答となっています。国勢調査について調べました。

★実際に居住している人や通勤・通学する人たちの数を正確に把握

国勢調査は国(総務大臣)が10月1日午前0時の時点で、日本(竹島・北方領土は除く)に住んでいる人と世帯すべてが対象に調査します。国籍は問いません。居住の定まらないホームレスなどは、実際にいる場所で国勢調査員が調査をします。

1920年(大正9年)から5年ごとに行われていて今回が20回目。西暦の末尾が「0」の年には「大規模調査」(22項目)、「5」の年には「簡易調査」(17項目)が行われます。

国勢調査にもイメージキャラクターがあって「センサスくん」といいます。センサスの名前は、国勢調査を英語にした「Population Census」に由来します。「センサク」は古代ローマ時代、市民の登録や財産及び所得の評価、税金の査定などを担当した職員のことだそう。

今回、初めてパソコンやスマホでも回答できます。調査票を配る際にIDとパスワードも配布し、手渡しと郵送に加え、ネットでの回答も選べる「オンライン並行方式」になっています。回収率を上げるためです。1000万世帯を超える回答が予想され、世界最大の規模のネット回答になります。未回収率4.4%(2005年)は改善されるでしょうか?

住民基本台帳があるのに、なぜ調査が必要なのでしょうか?。例えば、災害時の対策などを想定する際には、その区域に実際に居住している人や通勤・通学する人たちの数を正確に把握することが必要だからだそう。 生活実態に即した行政運営の基準となる統計なんですね。

ちなみに前回(2010年)の国勢調査の経費は640億円。大半は全国70万人の調査員の人件費380億円でした。

「浸水」と「冠水」

更新:2015年9月14日
台風18号から変わった低気圧の影響で、関東地方と東北地方では記録的な豪雨となり、鬼怒川(きぬがわ)と渋井川(しぶいかわ)の堤防がそれぞれ決壊しました。ラジオのニュースを担当していて「浸水」と「冠水」「水没」は、どのように使い分けるべきなのかニュースデスクと議論しました。

★住宅などが水に浸かる「浸水」、田畑や道路は「冠水」

国土交通省の地方整備局のホームページで、用語の解説がありました。それによりますと「浸水」「冠水」は被害の状態を説明する言葉で、何が浸かるかによって使い分けが必要になります。

●「浸水」は「水に浸ったり、水が入りこむこと」で「床下・床上浸水」「低地の浸水」のように使います。

●「冠水」は「冠」という字は「かぶるもの」を意味し「田畑や作物などが水をかぶること」。「田畑の冠水」「道路が冠水」のように使います。冠水には「覆われる」というニュアンスがあり、家屋には使いません。家屋がすっかり水に覆われたら「水没」です。

同じように「洪水」と「氾濫」についても調べました。「洪水」は「大雨や雪どけなどによって河川流量が普段より増大したり、氾濫すること。」です。河川などの水があふれることによって被害が生じることを表現する広い意味の言葉として使われています。「氾濫」は河川などの水があふれ広がることです。

「委託販売」から「買い切り」へ

更新:2015年9月11日
インターネット通販の広がりで、街の書店の苦境が続いている中、紀伊国屋書店が村上春樹さんの新刊書、初版10万部のうち9万部を「買い切り」、きのうから販売を開始しました。ほぼ独占販売するような形を取ることが話題になっています。

★出版業界の従来の商慣習を覆す試み「買い切り」

日本の出版業界の制度では「委託販売」が主流です。出版社が取次会社に委託し、取次会社から書店に配本され、書店は仕入れた本が売れ残れば、出版社に返品できるようになっています。しかし、およそ4割が返品されていて、出版社にとっては、売り上げの見込みがたてにくいのが現状です。

そんな中、大手の「紀伊國屋書店」は来店客を増やすため、人気作家・村上春樹さんの新作の初版のうち9割を出版社から直接、買い取る「買い切り」に踏み切ったのです。

「買い切り」には売れ残りのリスクがあります。しかし、高い人気を誇る村上さんの新作を優先的に販売できるようにすることで来店客を増やすきっかけを作るねらいがあります。出版社側にも確実な売り上げにつながるというメリットもあります。

国内の書店数はこの10年で26%も減少、本自体の売り上げが減り、ネット通販で本を買う人が増えています。書店で本を買って欲しい…紀伊国屋書店のチャレンジ精神を感じます。

数十年に一度の降雨量

更新:2015年9月10日
台風18号から変わった低気圧の影響で激しい雨が降り、栃木県や茨城県に「大雨の特別警報」が発表されました。大雨特別警報とは「数十年に一度の降雨量になる大雨」が予想される時に発表されます。「降雨量」は「降水量」とどう違うんでしょうか?

★降雨量は降水量の一部 雨だけが降った量

おととし8月から運用が始まった気象庁の特別警報。今回が6回目の発表です。「数十年に一度の大雨」というのは1991年以降の観測データを用いて「50年に一回程度の頻度で発生すると推定される降水量、および土壌雨量指数の値」を求めて、全国を5キロメートル四方に区切った格子ごとに算出してあるそうです。

●降雨量…雨だけが降った量

●降水量…雨・雪・霰(あられ)・雹(ひょう)・霜などを全て水に換算した際の量。

降水量は、全国各地に設置されているアメダスの設備である雨量計によって測られています。雨量計では雨・雪・ひょう・あられ(雪・ひょう・あられは溶かししたもの)を測ることができます。地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのことで、普通、ミリメートルで示されます。降雨量と同じく、雪の降った量だけを表す場合は「降雪量」と呼びます。

「機能性表示食品」と「トクホ」はどう違う?

更新:2015年9月9日
JAみっかび(浜松市)の温州ミカンと、発芽野菜を生産・販売するサラダコスモ(岐阜県中津川市)の大豆もやしが「機能性表示食品」として認められました。「特定保健用食品」(トクホ)とはどう違うんでしょうか?

★国の審査を経た「トクホ」 企業の責任で効果をうたう「機能性表示食品」

今年4月に「保健機能食品制度」が始まりました。「機能性表示食品」は、これまでの「特定保健用食品」「栄養機能食品」に続く第3の保健機能食品です。

●「特定保健用食品」(トクホ)は、安全性や有効性について国の審査があり、審査に通れば「コレステロールへの吸収を抑える」といった、健康効果の表示ができ、商品には許可マークが付きます。ただ、有効性や安全性を人を使って試験しなければならず、企業の臨床試験に多額の資金が必要で、国への申請から審査、販売許可が下りるまでに2年程度かかり、商品化が限られていました。

●「栄養機能食品」は、ビタミンやミネラルなどが対象で、含有量など国の規格基準を満たせばよく、審査や届け出は必要ありません。表示は「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です」など、あらかじめ決められた表現だけが使えます。

●「機能性表示食品」は論文などの科学的な根拠を示せば、国の審査なしに、健康への効用を表示できる食品です。商品パッケージに「おなかの調子を整える」「内臓脂肪を減らす」など具体的な体の部位を挙げて健康効果を表示できます。これまで60ほどの商品が認められています。

「機能性表示食品」が4月に始まって、生鮮食品が受理されたのは初めてです。JAみっかびは11月に「三ケ日みかん」を出荷、サラダコスモは10月に「大豆イソフラボン子大豆もやし」を発売しますが、いずれも「骨の健康に役立つ」などとパッケージに表示するといいます。

科学的根拠を示すだけで機能を表示できますから、国の審査が必要なトクホよりも企業としては参入しやすいわけです。ただ消費者から言うと「トクホ」との違い、どうも分かりにくいです。

「あり得る」は「ありえる」?「ありうる」?

更新:2015年9月8日
大学生の就職採用選考の解禁日を8月1日としている経団連が、指針の見直しを検討しています。解禁を従来の4月1日に戻す可能性が「あり得る」といいます。この「あり得る」の読み方は「ありえる」でしょうか?「ありうる」でしょうか?

★辞書には「ありうる」のみ掲載 若い世代で広がる「ありえる」の読み

国語辞典で調べると「ありうる」はありますが「ありえる」は掲載がありません。さらに辞書によって解釈が違うのが判明しました。

<広辞苑(岩波書店)>

あり・うる【有り得る】〔自下二〕(文語の「ありう」の連体形を終止に使ったもの)あって差し支えない。そうなる可能性がある。「そういうことも・うる」

<新明解国語辞典(三省堂)>

「あり・うる」文語形「ありう」とその口語形「有りえる」との混合。

<日本国語大辞典(小学館)>

文語「ありう」の連体形「ありうる」が終止形にも用いられるようになり、文章語としてそのまま固定したために、「ありえる」という形にならず、現在の口語でも「そんなこともありうる」「ありうる話だ」のように変則的な下二段活用の形を保っているものと思われる。

このように伝統的には「ありうる」しかないようです。しかし、一般的には「ありえる」もよく使われています。NHKの放送文化研究所のことばの調査によると、世代によって違いがあり、若い世代で「ありえる」がよく使われているといいます。NHKのアクセント辞典では「得る」の読みとしては「ウル」「エル」両方を認めていますが、「あり得る」は「ありうる」しか認めていません。「得る」と「あり得る」とでは扱いが違っているのです。

福岡空港「混雑空港」に指定

更新:2015年9月7日
国土交通省は、福岡空港の発着回数が急増しているとして、航空法に基づく「混雑空港」に指定する方針を固めました。来年夏のダイヤ以降、発着回数が制限されます。「混雑空港」について調べました。

★発着回数を制限することが可能に

初めて耳にした「混雑空港」という言葉。福岡空港が来年3月27日に指定されます。航空法では1999年に羽田空港、伊丹空港、関西空港、成田空港の4つの空港が指定され、福岡空港は16年ぶりの指定となります。混雑空港に指定される福岡空港では来年の夏のダイヤ(2016年3月27日〜)から国内線は国土交通大臣の許可のもとで運航を行います。

福岡空港は2800メートルの滑走路が1本しかなく格安航空会社(LCC)の運航が増えて航空機の発着回数が急激に増加しています。年間旅客数でみると羽田、成田に次いで第3位。発着便の「遅れ」が当たり前になっています。離陸の順番待ちは深刻で定刻に出発できた場合でも誘導路に離陸待ちの飛行機が溢れ、ドアが閉まってから離陸するまで30分程度待つこともあり、夕方以降、運営時間である午後10時を越えての発着便が増えて問題になっています。

いま運航している航空会社の発着回数は減らさない見込みですが、混雑が激しい時間帯への新たな乗り入れが許可されなくなりそうで格安航空会社(LCC)の新たな路線の開設に影響が出そうです。もう1本、滑走路を増やせば解決しそうな気がしますが難しいのでしょうか。

「難民」と「移民」の違い

更新:2015年9月4日
内戦が続くシリアなどを逃れて、西欧諸国で難民申請を目指す「移民」「難民」がハンガリーに殺到しています。「難民」と「移民」はどう違うんでしょうか?

★生命や安全に恐怖を持ち仕方なく出国する「難民」 自発的に移る「移民」、

中東などからの「難民」「移民」がヨーロッパに殺到しています。ハンガリーなどが経由地となっていて、中・東欧諸国が、難民申請希望者への強硬姿勢を強めています。

国連の難民条約(1951年採択)では「難民」について「…人種、宗教、…または政治的意見を理由に迫害を受けるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために、国籍国の外にいる者であって、その国籍国の保護を受けられない者…」とあります。つまり生命や安全に恐怖をもつため、他に選択肢がなく「恐怖からの自由」を求めて仕方なく出国する人々です。

一方、移民は別の国に「より良い生活」を求めて自発的に出国する人々です。多くの場合は仕事のためです。

難民の受け入れ人数は、日本は極端に少ないのが特徴です。2013年のデータですが、各国の難民認定数は、アメリカ2万1171人、ドイツ1万915人、フランス9099人ですが日本はわずか11人しか認定していません。

軽油引取税とは

更新:2015年9月3日
石油製品販売会社が「軽油引取税」およそ1800万円を脱税したとされる裁判のニュースがありました。A重油と灯油を混ぜた不正な液体燃料を販売していたといいます。軽油引取税とはどういう税金でしょうか?

★軽油といっても軽自動車用の燃料ではない

原油を精製してガソリンや軽油、灯油、重油ができます。

軽油といっても軽自動車用の燃料ではありません。日本では「ディーゼルエンジンの燃料」と呼ばれて、大型の自動車や鉄道、船舶に95%使用されるほか、建設機械や農業機械の燃料などにも使われます。燃費が良く、ガソリンよりも税金が安いのが特徴です。

重油は原油からガソリンや灯油、軽油を取り出した後に残るもの。タールやアスファルトを含み黒くてドロドロと粘っこい見た目です。税法上、A重油、B重油、C重油の3種類があります。農業機械や船舶、ボイラーなどに使われます。

石油にかけられている税金を総称して「石油諸税」といい、現在7種類の税金がかけられています。まず原油、石油製品を輸入した段階で「関税」「石油税」の2種類の税金が、製品の段階で、ガソリンは「ガソリン税(揮発原油+地方道路税)」、軽油には「軽油引取税」が課せられています。これらはほとんどが道路の整備に使われています。

今回のニュースのように、軽油引取税の脱税目当てに軽油に灯油を混ぜて密造する「不正軽油」が後を絶たないといいます。というのも灯油にかかる税金は極端に安いのです。ガソリンは一リットルあたり55円ほどガソリン税と石油税が、軽油は34円の軽油引取税と石油税が掛かりますが、灯油は石油税の2円だけなんです。

温水洗浄便座 8割の家庭に普及

更新:2015年9月2日
温水洗浄便座「ウォシュレット」の出荷台数が1980年の発売開始から35年で4000万台を超えたというニュースがありました。今や温水洗浄便座は、国内の家庭の8割近くまで普及しています。ただ、出荷の9割が国内向け。これからは海外での販売拡大が課題だといいます。

★「レッツウォッシュ(洗おう)」がネーミングの由来

国内のシェアで過半数を占める「ウォシュレット」はTOTOの登録商標。放送では温水洗浄便座と言い換えます。INAX(LIXIL)は「シャワートイレ」、パナソニックは「ビューティトワレ」と商品名は様々ですが、業界のパイオニア、TOTOの「ウォシュレット」の知名度は抜群です。

2012年には後世に残したい機械を表彰する「機械遺産」にも選ばれ、話題となりました。ちなみにウォシュレットの名前の由来は「レッツウォッシュ(洗おう)」という言葉を逆さまにしたものって知っていました?

内閣府の調査(2014年)では一般家庭での温水洗浄便座の普及率は77.5%。スマートフォンの60.6%を大きく上まります。家庭での導入が進んで商業施設や公共交通機関にも広がってきました。

ただ、海外のホテルなどではないところがほとんど。私も洗浄便座がないと不満です。TOTOでは、まずは訪日観光客に空港で体験してもらう取り組みを進め、外国人からの認知度を高めようとしています。

防災・減災

更新:2015年9月1日
きょう9月1日は防災の日。『台風・高潮、津波、地震などの災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するため』として、政府が制定しました。最近では「防災」だけでなく「減災」の理念が大切だとされています。どう違うんでしょうか?

★被害を出さない「防災」 日頃から備える「減災」

1960年6月に政府で閣議決定された「防災の日」。1982年からはこの日を含む1週間(8月30日〜9月5日)までを「防災週間」と定められました。

今から92年前、1923年9月1日、午前11時58分。震度7の大地震が関東地方を襲い、14万2807人の人命が失われました。さらにこの時期が台風シーズンであり、1959年の伊勢湾台風で戦後最大の被害を出したこともあり、防災の日が設けられました。

阪神・淡路大震災以降「減災」の取り組みが進められています。防災と減災はなにが違うかわかりますか?

減災は、予め被害の発生を想定した上で、災害時の被害を最小限にするための取り組みだという事。一方、防災は被害そのものを出さないようにするため取り組みです。しかし、災害が発生すると、この防災力を上回る被害が起きてしまい、被害を完全に防ぐという事は不可能であることがわかったのです。人間の力では災害の発生を防ぐことはできません。 しかし、日ごろの備えで被害を減らすことは可能です。



プロフィール

田丸 一男Photo
名前:田丸 一男
生年月日:1960年9月11日
入社年:1991年
出身都道府県:大阪府
出身大学:関西学院大学
趣味:ワインとイタリアン、クラシック音楽鑑賞、日本美術と印象派絵画
何でもひとこと:寝起きの良さが強み、朝一番からしっかり声が出せます。ナレーションにはこだわりがあって、硬派から軟派までOK。
もう9年、チェロ演奏が趣味。クラシック音楽が頭に常に流れていますし、庭の草むしりをしながらモーツァルトを口ずさみます。アイロン掛けや料理など家事が好きで、妻からは重宝がられていると思います。

担当番組


田丸 一男アナが千葉 猛アナを30秒で紹介します!