田丸 一男Photo

田丸 一男アナウンサーのブログ

田丸一男のことばエッセイ

「ハイレゾ音源」って?

更新:2014年10月31日
スマートフォンを買い替えることにしました。去年あたりから話題の「ハイレゾ」音源が楽しめる機種を考えています。大好きなクラシック音楽をハイレゾ音源で聴きたいのです。耳に聞こえない高音域まで再生できるのが売り。「聞こえない音」でも意味あるのです。

★耳に聞こえない高音域まで再生する高音質の音源

ハイレゾは「ハイレゾリューション(高解像度)」音源のこと。CDと同じデジタルの音楽データですが、情報量がCDの3倍から6.5倍あって、より生の音(原音)に近いのです。人間の耳では聞こえない高い音まで再生できます。

CDはヒトが聞き取れる範囲の高い音の上限、22KHzまで再生しますが、アナログレコードは40〜50KHzまで再生できるので、いまもアナログレコードを愛聴するファンがたくさんいます。そしてハイレゾ音源は、なんと48〜96KHzまで再生します。

聞こえないのにどんな意味があるのでしょうか?。音は空気の振動で伝わります。聞こえなくても振動を体で受け止めて強さや心地よさを感じられるのです。生演奏でこそ味わえる迫力や繊細さにつながるのではないでしょうか。

ハイレゾ音源はレコードやCDと違ってネット配信で買い、パソコンなどにダウンロードして聴きます。1曲400円から500円。パソコンや携帯型プレーヤー、そしてスマートフォンで対応しています。音楽マニアでは数年前から人気でしたが、一般に広まったのは昨年から。

ネット音楽配信はCDよりも音質が劣る圧縮方式が中心でした。最近は高速大容量化が進み高音質のハイレゾ送れるのです。私も実際に聴いていますが、クラシックやジャズではピアノや管楽器の音の伸びは素晴らしいと思います。

ハロウィーンはコスプレイベント?

更新:2014年10月30日
あすはハロウィーン。街はオレンジと黒のハロウィーンカラーで彩られています。日本では、以前はこれほどお祭りムードはなかったですが、食品やグッズ、イベントなど関連の売り上げはバレンタインデーに迫る勢いだとか。20代の若者と幼い子どもを持つ親が牽引しているそうです。

★もともと欧州由来のハロウィーン

キリスト教の万聖節の前夜祭・ハロウィーンですが、古くはケルト人の暦の終わりに火をたき、仮面をかぶって悪霊を逃れる習慣にさかのぼります。

宗教色のない年中行事として広まったのは20世紀の初め。かぼちゃの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾り、子どもたちが魔女やお化けに仮想して近くの家々を訪れて、お菓子をもらったりします。

★百貨店などに特設売り場

日本では完全にコスプレイベント化しています。しかも急速に広まっているような印象です。百貨店ではハロウィーングッズの特設売り場を設けています。目に付くのは子どもや赤ちゃん用の仮装衣装です。部屋を飾るカボチャの人形などもありました。どれも結構、高値ですが売れ行きはよさそう。

我が家も、娘と妻が、毎年「パンプキンパイ」を手作りし、パンプキンスープが食卓に上ります。すっかり季節のイベントですね。

★Halloweenは「ハロウィン」か「ハロウィーン」か

テーマパークの東京ディズニーランド、USJは、イベント名は「ハロウィーン」と表記しています。国語辞典では広辞苑(岩波書店)に「ハロウィーン」として掲載されています。またNHKの「ことばのハンドブック」の外国語・外来語のカナ表記では「○ハロウィーン ×ハロウィン」とあるほか、アクセント辞典も「ハロウィーン」。日本新聞協会の新聞用語集の外来語の書き方にも「ハロウィーン」とあります。

Halloweenの英語綴りでいうと「ハロウィーン」と表記しアクセントも「ウ」にありますが、会話では「ハロウィン」と発音し、アクセントも「ハ」に置くケースが多いのではないでしょうか。

「ジャジャ麺」と「ジャージャー麺」

更新:2014年10月29日
先日、神戸・南京町の老舗の餃子専門店で「ジャジャ麺」を食べました。「ジャージャー」麺とはどう違うのでしょうか?

★ジャジャ麺は「平うどん」 ジャージャー麺は「中華麺」

神戸中華街で食べた「ジャジャ麺」は、うどんのような平手打ちうどんに肉味噌を掛けたものでした。初代店主が中国・満州の家庭料理を神戸でも売りだしましたものでした。

岩手県盛岡市には、ご当地グルメとして「ジャジャ麺」が人気です。平うどんに「じゃじゃみそ」という特製の肉みそやキュウリ、おろしショウガ、それに酢やラー油などをからめて食べる麺です。

一方の「ジャージャー麺」はゆでた「中華麺」に肉味噌を掛けたものです。

ちなみに「ジャジャ麺」「ジャージャ麺」ともに漢字で書くと「炒醤麺」。炒醤(チャージャー)は豚ひき肉を甜麺醤(テンメンジャン)という中国の甘い味噌で炒めたもの。この炒醤(チャージャー)が「ジャジャ」「ジャージャー」となまったそうで、語源は同じなんだそうです。

木枯らし1号が吹いた日

更新:2014年10月28日
きのう、近畿地方で「木枯らし1号」が吹いたと発表がありました。気象庁では関東地方と近畿地方だけで「木枯らし1号が吹いた日」を発表しています。去年(11月4日)よりも8日早いそうです。これから気温も下がり、一気に秋が深まります。木枯らし1号発表の基準について調べました。

★関東と近畿だけで発表「木枯らし1号が吹いた日」

秋も深まってくると移動性高気圧と低気圧が定期的に交互にやって来て、晴れたり崩れたりしながら気温が低くなって行きます。この「木枯らし1号」は例年、立冬(11月7日)ごろに吹くことが多いそうです。

大阪管区気象台の「木枯らし1号」の基準によりますと

[1]期間 二十四節気では、霜降(10月23日頃)から立冬(11月7日頃)までの間

[2]気圧配置 「西高東低」の冬型

[3]風向き 北よりの風

[4]最大風速 秒速8メートル以上(発表は最大瞬間風速)

きのうは大阪で10.1メートル(北北西)、神戸で15.7メートル(北)、京都で16.2メートル(北北西)の最大瞬間風速が記録され、午後3時に「木枯らし1号」が吹いたと発表されました。きのうの時点では、全国で初雪を観測していませんでした。初雪を前に木枯らし1号が吹くのはめずらしいことで1990年以来24年ぶりでした。昨夜、梅田の繁華街では、厚着をして少し前かがみに歩きながら家路につく人の姿が多く見られました。あす水曜日は、朝にはさらに気温が下がります。そろそろコートの出番かな?

彫琢(ちょうたく)

更新:2014年10月27日
今朝の毎日新聞の記事で知らない言葉に出逢いました。クラシック音楽の日本最高峰のコンクール、第83回の日本音楽コンクール・ピアノ部門の本選会の結果を伝える記事です。「彫琢(ちょうたく)」どんな意味でしょうか?

★中国・荘子のことば「彫琢復朴(ちょうたくふくぼく)」

ピアノ部門で1位に選ばれたのは東京の桐朋学園大学のソリストディプロマコース(ソリストを養成する高度な実技コース:3年制)の2年生、石田啓明さんでしたが、記事には「多彩な表現でチャイコフスキーを彫琢(ちょうたく)した」と評価ポイントが書かれていました。

「彫琢(ちょうたく)」を国語辞典で調べると「刻んだり飾ったりすること」です。

[1] 宝石などをきざみみがくこと。
[2] 詩や文章を推敲し、立派なものにすること。
[3] 美しく磨きあげる。

中国、古代の思想家「荘子」は『彫琢復朴(ちょうたくふくぼく)』という言葉を説きました。これは「余計なモノを削ぎ落とすことで、本来の状態に戻す。善きモノは磨き、改善すべきは改善して更に輝きを増す」という意味です。いろいろ職人が細工をする場合は、ノミで彫ったり、小刀で削ったりして手入れをしますが、最後は何も飾らないときのような純朴さにかえる。それが本物だというのです。私たちアナウンサーの仕事にも通じることです。

「ドボジョ」改め「けんせつ小町」

更新:2014年10月24日
土木系の女性の呼び方「ドボジョ」が「けんせつ小町」に変わるって話、ご存知ですか?建設現場には土木だけでなく、建築、設備工事などほかにも女性が働くため、新しい総称を業界団体が募集し統一しました。新しい愛称でイメージを上げようという作戦です。

★美しく聡明そうな女性のイメージ「けんせつ小町」

歴史好きの女性を指す「歴女(れきじょ)」や育児に積極的に参加する「イクメン」、スイーツ好きの男子「スイーツ男子」、家事に積極的な男性「カジメン」。最近はいろいろな愛称が増えています。

これまで土木系の仕事や研究に携わる女性の愛称は、「ドボジョ」(土木系女子)が広まっていましたが、土木のほか建築・設備工事の分野も含め、より広く親しみやすい愛称でPRしようと日本建設業連合会(日建連)が募集しました。美しく聡明そうな女性のイメージに加え、「建設」をひらがなで表記して親しみやすさ、しなやかさも表現したということです。

建設現場で働く女性は少なく、全体の3%ほど約10万人。国は5年間で倍増させる計画です。新しい愛称は、人手不足が続く建設現場に、女性の働き手を呼び込む呼び水になるでしょうか?

次々と生まれは消えていく「オノマトペ」

更新:2014年10月23日
火事や交通事故のニュースでは、時に近所で目撃した住民の声を伝えます。「バリバリバリいうて燃えてたで」「ドカーン、すごい音やったわ」。全国的に見ても、特に大阪の方は擬音語を効果的に使って話すので、迫力があります。こうした「擬音語」「擬態語」を総称して「オノマトペ」と呼びます。生活の中にはなくてはならない言葉ですね。

★「擬音語」「擬態語」を包括的に指す言葉

「オノマトペ」はもともとギリシャ語の「名前」と「つくる」の合成語です。物が発する音や声を真似て字句で描写した「擬音語」(例えば「ドカーン」「サラサラ」「ワンワン」など)。状態や心情など、音のしないものを音によって表す言葉「擬態語」(例えば「ツンツン」「デレデレ」「ニヤニヤ」など)。これらを包括的に指す言葉です。

物事の声や音・様子・動作・感情などを簡略化し、情景をより感情的に表現でき、私たちの生活はオノマトペなしでは成り立たないかもしれません。

特に多いのは食べ物・食感に関するものではないでしょうか?もちもち・とろとろ・しっとり・さくさく・ひやひや・あつあつ・ねばねば・ねとねと・しゃきしゃき…

雨に関するオノマトペも多いです。ザーザー、しとしと、ぽつぽつ、ぽつりぽつり、ゴーゴー、ぱらぱら、ポタポタ…

★英語は350語 日本語は4500語

大阪弁で最近お気に入りの言葉があります。「今風の」「あか抜けた」という意味の「しゅっとした」です。「研ぎ澄まされている」「スマートな」という意味もある、最高のほめ言葉です。感情を表す「イライラ」や「ムカムカ」は、別の言葉で表現しようとしてもなかなか難しい。

日本語には多く、小学館の「日本語オノマトペ辞典」には4500語もが収録されています。英語のオノマトペは350語程度という調査がありますので、日本語のオノマトペは本当に豊かです。

これだけ多い日本語の「オノマトペ」ですが、辞書に載っている単語はごくわずかです。おそらく新しいオノマトペがどんどん作られ、古いオノマトペもどんどん淘汰されているのではないでしょうか?

あすは「化学の日」

更新:2014年10月22日
日本(にほん)化学会など関係する4つの団体が、今年からあす10月23日を「化学の日」に制定しました。この日を含む1週間を「化学週間」とし、化学に関する啓発活動に取り組んでいます。

★6.02×10の23乗

なぜ10月23日なのでしょうか?物質の量を表す単位1モルに存在する粒子の数が「6.02×10の23乗」という「アボガドロ定数」にちなみ10月23日になりました。

モルというのは化学特有の単位で、例えば1ダースというと12個でひとつですが、1モルは「6.02×10の23乗」でひとつです。

★「化学」は「科学」のひとつの部門

まずは「化学」と「科学」の違いから調べないと…

新明解国語辞典(三省堂)によりますと

「化学」自然科学の一部門で、物質の構造・性質や物質間の変化を研究する学問

「科学」一定の対象を独自の目的・方法で体系的に研究する学問。雑然たる知識の集成ではなく、同じ条件を満足する幾つかの例から帰納した普遍妥当な知識の積み重ねからなる。[広義では社会科学・人文科学を含み、狭義では自然科学を指す]

簡単に言うと「科学」は理科の学問の総称。「化学」は物の変化や化学反応について学ぶものです。

●自然科学は物理学、化学、生物学、地球科学、天文学

●社会科学は政治学、政策科学、経営学、法学、経済学、社会学

●人文科学は哲学、論理学、倫理学、美学、宗教学、歴史学、考古学、地理学、文化人類学、民俗学、言語学、文学、芸術学、教育学、心理学、社会学、人間科学

「阪神地域」の定義

更新:2014年10月21日
兵庫県尼崎市のコンビニエンスストアで刃物を持った男が現金16万円を奪って逃げました。このニュースでは「阪神地域」で同じ手口の強盗事件が6件相次いでいると報じていましたが、どこまでが「阪神地域」なんでしょうか?

★神戸市、西宮市など8市1町

報道局のデスクから神戸の北にある「三田市」も「阪神地域」と言っていいのか尋ねられました。阪神地域とはどの市町村を指すのでしょうか。

兵庫県のホームページによりますと「阪神地域」は大阪と神戸に挟まれた地域で、尼崎市、西宮市、芦屋市の3市が阪神南地域、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、川辺郡猪名川町の4市1町が阪神北地域と定義されています。

阪神広域行政圏協議会の構成は尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町の7市1町で神戸市は含みません。

気象庁の予報区分によりますと、「阪神」は神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町の8市1町です。

豚汁の読み方

更新:2014年10月20日
豚汁は「とんじる」「ぶたじる」どちらで読みますか?食堂を舞台にしたドラマ「深夜食堂」ではいろいろな料理が出てきますが、このドラマでは「豚汁」は「とん汁」と読みました。

★関東では「とん汁」 関西では「ぶた汁」

安倍夜郎さん原作のテレビドラマ「深夜食堂」の新シリーズ(第三弾)が毎週日曜日の深夜に(深夜0時50分〜1時20分放送)にMBS・TBS系列で始まりました。私は目の不自由な人向けの解説放送(副音声)を担当しているのですが、食堂を題材にしてるため色んな料理が出てきます。

きのうの放送で「豚汁」は「とん汁」と読みました。関西では「ぶた汁」と言う人が多いのではないでしょうか?

私は「関東=とん汁、関西=ぶた汁」ではないかな、と思います。関西で「肉」といえば「牛肉」のこと。豚肉は「ブタ」といいますが、関東では「肉」といえば「豚肉」、牛肉のことは「ギュウ」(あるいはギューニク)というのではないでしょうか。豚肉を使ったまんじゅうを関西では「ブタまん」といいますが、関東では「肉まん」といいますし。

「カジノ」の語源

更新:2014年10月17日
日本にも「カジノ」はやってくるのでしょうか?国内でのカジノ開設を可能にする構想が現実味を帯びてきました。2020年の東京オリンピック開催に向けて一気に加速する勢いです。

★日本人は「ギャンブル依存率」が高い

ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を掛けるカジノ。日本でいう「賭博場」。語源はイタリア語。英語では「カシノ」と発音します。

カジノの語源は、イタリア語で「小さな家」を意味する「カーサ(Casa)」。元々は王侯貴族が所有する別荘を指していました。貴族たちは、保養地にある別荘に客人を招いては社交パーティを開き、パーティの余興としてカードゲームなどを楽しんでいたといわれています。これがカジノの起源です。

それがいつしか、賭け事を行うゲームを提供することをビジネスとした「カジノ」へと発展して、人々の集まる「社交場」「娯楽場」へと変化をとげて、現在のようなギャンブルゲームを提供する施設を指すようになりました。カジノの経営側のことを「ハウス」と呼ぶのは、今もその名残りなんですね。

日本では刑法で賭博行為が禁止されているため国内でカジノ設置は認められていません。しかし、観光客が大挙して訪れる東京五輪までにカジノ施設が完成すれば経済効果がさらに見込めるとの計算があります。

ただ、解禁には慎重な意見もあります、厚生労働省の調査ではギャンブル依存症の疑いのある日本人は536万人。成人人口の4.8%にあたります。諸外国では2%程度。日本人は、依存症の利用者の割合が高いのです。超党派議連は日本人には入場料を徴収したり入場制限を課すことを提案しています。果たしてどうでしょうか?

「懐石料理」と「会席料理」

更新:2014年10月16日
日本料理には「懐石(かいせき)料理」と「会席料理」があって、その違いはわかりにくいもの。発音がいっしょなので区別も付きにくい言葉です。宴席などで出される正当な料理のイメージですが、違いは何なんでしょうか?

★混同されがちですが、まったく別のもの

会席料理とは「酒を楽しむためのもの」です。会席の意味はもともと歌や俳諧の席の事を言います。江戸時代にこういった会席が料理茶屋で行われるようになり、酒席向きの料理が工夫されるようになりました。

会席料理の献立は、一汁三菜(吸い物、刺身、焼き物、煮物)が基本でこれにお通し、揚げ物、蒸し物、和え物、酢の物などの肴が加えられます。最後にご飯と味噌汁、香の物が出されます。

懐石料理は「茶を楽しむためのもの」です。お茶会で用いた料理が懐石料理でした。もとは禅宗から出た言葉です。禅僧が修行中断食して座禅を行うとき、空腹をたえしのぶために、懐(ふところ)の中に火であたためた石を入れていて、そこで、茶道で用いる簡単な料理を空腹しのぎに、そして質素にという意味から懐石と名づけられたようです。料理のマナーは、茶道の各流派によって厳しく決められています。

懐石料理の献立は、折敷膳(脚のないお膳に刺身、ご飯、みそ汁をのせたもの)、煮物、焼物、強肴(コースのメイン料理)、箸休め、八寸、湯桶(そば湯または塩味のお湯)、香の物(漬物)、菓子・抹茶

五十日(ごとび・ごとうび)

更新:2014年10月15日
きょう15日は月のうちで、5と10のつく日「五・十日」です。朝から交通量が多く道路渋滞がひどくなっています。取り引きの支払い日にあたり、交通量が多くなるのです。東京からのニュースで「ごとうび」と伸ばして読んでいましたが、関西人は「ごとび」と発音します。どちらも間違いではないようです。

★決済を行う集中日 関西では「ごとび」 

日本国語大辞典には「ごとび」も「ごとうび」も両方、同じ意味で掲載されています。しかしインターネットの検索サイト(Google)では「ごとび」2,130万件、「ごとうび」89,900件と圧倒的に「ごとび」が多くなっています。

漢字では「五十日」と書きます。「ごじゅうにち」ではありません。毎月5日・10日・15日・20日・25日と、30日または月末日のことです。日本ではこれらの日に決済を行う企業が多く、これを「五十払い(ごとばらい)」といいます。金融機関の窓口が混みあったり企業の営業車で道路が渋滞するのです。

★事故を見て通る車による渋滞

道路の渋滞といえば、ラジオの交通情報を聴いていると「事故を見て通る車による渋滞」という表現がよく出てきます。道路で事故が起こると渋滞が発生します。それだけでなく反対車線でも、その事故を見て徐行することで起こる渋滞が起こります。この渋滞のことを1970年代までは関西で「脇見運転」、関東で「見物渋滞」と呼んでいましたが、他人の不幸をみるときの言葉として不適切だと考えられるようになってきたためです。

「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」

更新:2014年10月14日
台風、豪雨などの自然災害が発生したとき、住民を守るため、市町村長(都道府県知事)が判断して「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」を発表します。それを受けてテレビ、ラジオでも速報します。これらの違い、わかりますか?

★「避難指示」が一番、拘束力が強い

近頃、大規模な自然災害により「避難勧告」や「避難指示」が相次いで出されています。内閣府の『避難勧告等の判断・伝達についてまとめたガイドライン』によりますと、市町村が風水害防止のために避難を促す方法は3つ。原則、市町村長の判断で出される「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」です。

◆避難準備情報 「避難に時間がかかる人は避難を」

まず、一番拘束力の弱いのが「避難準備情報」です。「要援護者 避難情報」とも言われます。法律には「避難準備情報」に関する規定はなく、市長村の地域防災計画で定められています。避難準備情報は、『人的被害発生のおそれが高く、事態の推移によっては、避難勧告や避難指示発令の可能性があるというとき』に、避難に向けた準備を呼びかけるものです。

避難準備情報が出されると、避難にあたり誰かの援護が必要であるなど、特に避難行動に時間のかかる人は、避難支援者とともに避難開始すべきと考えられています。これらの人々以外は、家族等と連絡をとって非常用持出品の用意をするなど、避難の準備をするのが望ましいとされています。

◆避難勧告 「立ち退きを勧める」

「避難準備情報」よりも拘束力が強いものが「避難勧告」です。災害対策基本法60条に定めがあります。避難勧告は、人的被害発生の可能性が明らかに高まった際に、その地域に住んでいる人たちに立ち退きを勧めるもので、通常の避難行動ができる人が計画された避難場所等への避難を開始すべき段階と捉えられています(避難を強制するものではありません)。

◆避難指示 「迅速かつ確実に避難完了を」

さらに、拘束力が強まったものが「避難指示」です。災害対策基本法60条のほか、原子力災害対策特別措置法26条、水防法29条などに規定されています。こちらは、より切迫した状況で用いられるもので、実際に人的被害が生じたときに発令されるほか、前兆現象(災害の前触れとなる現象)の発生や、土地の特性等(堤防の近くであるなど)により人的被害の危険性が非常に高まった場合に出されます。

避難指示が出された場合は、避難勧告等に従い避難中の住民は、迅速かつ確実に避難を完了する必要がありますし、まだ避難していない住民はすぐに避難しなければいけません。しかし、その暇さえない場合は生命を守る最低限の行動をするよう求められています。ちなみに、指示に従わないからといって、無理やり避難させるなどの直接強制は行われません。

災害時の避難は1分1秒を争います。強制されないといっても早めの避難を心掛けてください。

「スーパー台風」とは? 

更新:2014年10月10日
大型で非常に強い台風19号が日本列島に近づいています。今年最強、「スーパー台風」並みの勢力と言われ、最大限の警戒が必要です。この呼び方、アメリカの階級ですが、日本でもよく耳にするようになってきました。

★アメリカの分類 最大風速が67メートル以上の台風

最大風速が67メートル以上の台風は、アメリカ軍合同台風警報センターが用いる階級では「スーパー台風」と呼んでいます。日本の気象庁の分類では「スーパー台風」はなく最大風速54メートル以上が「猛烈な」台風という表現になります。ですからそれ以上の勢力です。

「猛烈な勢力」の台風は、年間2個程度発生しますが、今年は、台風11号、台風13号、そして今回の19号で3個目で、その中でも19号は最強で、「スーパー台風」にまで発達しています。

台風19号は7日の午前0時からの24時間に、中心の気圧が970ヘクトパスカルから905ヘクトパスカルと、65ヘクトパスカルも下がり、猛烈な勢力に発達しました。中心の気圧が24時間で40ヘクトパスカル前後も下がる現象「急速強化」が起きていた可能性があります。

台風の勢力の強さは、中心付近のはっきりとした「台風の目」にもあらわれています。台風は勢力が強まると、中心付近に吹き込む風によって回転する力が増し、強い遠心力が働きます。このため中心付近では湿った空気が外に押し出され、雲がない「台風の目」ができます。この台風の目がはっきりとした偏りのない円形になるほど、台風の勢力が強いことを示すとされています。

旧ソビエトの国「グルジア」が「ジョージア」に

更新:2014年10月9日
旧ソビエト諸国のひとつ「グルジア」の国名表記が「ジョージア」に変更されることになりました。過去にはアフリカの「象牙海岸」が「コートジボワール」に改められたのが印象に残っています。来年の国会で法改正が行われる見込みです。

★ロシア語読みから英語読みへ

グルジアというと元はソビエト諸国のひとつですが、独立後も2008年にロシア軍の侵略があって衝突。いまもグルジア国民にはロシアへの反感があって、ロシア語表記を基にした「グルジア」から、英語表記に基づく「ジョージア」に変えるよう、政府が世界各国に要請しています。敵国ロシア語の読みで呼ばれたくないようです。今月末にはマルグベラシビリ大統領が来日して変更の要請がある見込みです。

国連に加盟する193ヵ国のうち、約170ヵ国が「ジョージア」と呼んでいて、「グルジア」と呼んでいるのはロシアや中国、日本だけだそう。

ホットドッグの語源は?

更新:2014年10月8日
アユの塩焼きを一匹丸ごとパンにはさむ「アユの塩焼きドッグ」が京都水族館(京都市下京区)で今月末まで限定販売されていて、大人気だというニュースを見ました。香ばしさと塩味がパンにマッチすると評判です。本来はソーセージをはさむ「ホットドッグ」ですが、そもそもなぜ DOG=犬 なんでしょうか?

★犬と関係ないのになぜ「HOT DOG」なのか?

細いパンに切れ目を入れ、ソーセージをはさんでオーブンであたためて食べる「ホットドッグ」。たまに濁らずに「ホットドック」と誤って発音する人が多いですが、英語表記で「Hot Dog」です。Googleで検索すると「ホットドッグ」164万件、「ホットドック」82万8000件。結構、ホットドック派も多いのに驚きです。

「暮らしのことば 語源辞典」(講談社)によりますと、「犬の肉を使っているといううわさから、アメリカの漫画家T・A・ドルガンが作った語といわれる。ホットは辛さを表現したもの。またドッグは、細長い形がダックスフントという犬に似ているからとも。米語の発音ではハットドッグとなるはずだが、綴りやイギリス式発音にひかれてホットとなったものか」とあります。ちょっと意外でした。

「遺体」「死体」の違い

更新:2014年10月7日
親が養育できない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)に男児の「遺体」が置かれていたニュース。ほとんどのメディアでは「遺体」でしたがJNNでは「死体」と表現していました。「遺体」と「死体」どう違うのでしょうか。

★「死体」は即物的な語感 「遺体」は死体よりも丁寧な言い方

国語辞典で調べました。小学館・日本国語大辞典によりますと、ほとんど違いはなく、どちらを使っても問題ないように思われます。
<遺体>
死んだ人のからだ。なきがら。死体。遺骸。
<死体>
死んだ人や動物のからだ。なきがら。しかばね。死骸。

NHKの「ことばのハンドブック」によりますと、「死体」の対語は「生体」で、どちらも即物的な語感が強いことば。これに対して、「遺体」は人格を主体にした言い方で、辞書の中には「死体よりていねいな言い方」「死体に比べて、死者への敬意がこめられた表現」などと説明しているものもあります。このため、一般的には「遺体」を使うほうがよく、放送でもできるだけ「遺体」を使うようにしているということです。

ただし、「生死」がそのニュースの主要な内容である場合では、生死を端的に伝えるために「死体」を使うこともあります。今回ニュースで「死体」と使ったのは、これに当たると思われます。

ロコモティブシンドローム

更新:2014年10月6日
高齢化が進む中、いつまでも自分の足で歩き続けられるように、と予防や啓発をする動きが盛んになっています。「メタボ」と同じように最近は「ロコモ」という言葉をよく聞くようになりました。ロコモティブシンドロームの略称です。

★ロコモ予備軍は国内に4700万人

ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ)は骨や関節、筋肉といった「運動器」がうまく動かず、最後には動けなくなること。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)にならって定義されました。整形外科の医師で作る日本整形外科学会が2007年に提唱を始めました。

介護が必要になる原因は「骨折や転倒、関節の病気、せき髄損傷」など運動器の障害が25%で一番多くなっていて、脳卒中や認知症を上回っています。

どうすれば防げるのでしょうか。ロコトレと名付けられたバランス能力を付ける「片足立ち」や、足の筋肉を付ける「スクワット」を続けるのがいいそうです。ただ、働き世代では運動をする時間の確保が難しいため「1日に付き10分多く動くこと」を薦めています。

1.エレベーターやエスカレーターでなく階段を使う、
2.休憩時間に散歩をする、
3.いつもより遠くのスーパーまで歩く、
4.歩幅を広く速く歩く。

若い世代にもロコモを意識してもらい対策を始めてほしいです。

「きつね」「たぬき」の概念

更新:2014年10月3日
動物の話ではありません。麺類の呼び方です。大阪市内生まれの私、「油揚げ」が入ったうどんは「きつね」、そばは「たぬき」と呼びます。これが当たり前と思っていましたが、この呼び方、ところ変わるとぜんぜん違うようなんです。アナウンサー同士「きつね」と「たぬき」の麺談義で盛り上がりました。

★「たぬき」は地域によっていろいろ化ける?

同じ関西でも、京都では「油揚げ」がのったうどん・そばが「きつね」、餡かけ(あんかけ)のうどん・そばを「たぬき」と呼びます。さらに関東や北海道、東北では「きつね」には「油揚げ」が、「たぬき」には「天かす」がのっていて、それぞれにうどんとそばがあります。「きつねとたぬき」の概念が関東と関西で違うのです。

関西はうどん文化。古くから油揚げが入ったうどんを『きつね』と呼んでいて、後からそばが伝わり、『きつね』に対して『たぬき』と呼んだのではないかということです。「油揚げ」はきつねの好物だったことが由来ですが、「たぬき」は同じく人をだます動物ということで「きつね」に対して付けられたと考えられています。

またNHKの調査では全国的には「天かす」と呼ぶ人が多いのですが、西日本で主に「天かす」、東日本では「揚げ玉」と呼ぶ傾向があるそうです。「たぬき」は地域でいろいろ化けるんですね。

クラシック演奏会の名称

更新:2014年10月2日
私が大好きなクラシックコンサートには「ガラコンサート」「ジルベスターコンサート」など耳慣れない名称の演奏会があります。いずれもクラシック音楽のご当地、ヨーロッパの名前をそのまま日本でも取り入れています。

★ガラコンサート=特別演奏会

「ガラコンサート」(Gala concert)の「ガラ」はフランス語で「祝祭」「公的なパーティー」を意味します。日本語では「特別講演」「記念演奏会」「祝賀音楽会」という意味で使われます。ソリストの演奏を中心に組み立てられることが多いほか、「オペラガラコンサート」とか、「ニューイヤーガラコンサート」など色々なオペラの有名なアリアを何人かの歌手で交代で歌ったり、小品を集めたコンサートなどもあります。

★新年へのカウントダウンを行う「ジルベスターコンサート」 

「ジルベスターコンサート」(Silvester concert)の「ジルベスター」はドイツ語で大晦日(おおみそか)のこと。12月31日に亡くなったSilvester教皇一世に由来しています。カトリックの教皇ということはイタリア語なので正確には「シルベストロ」と呼ぶのが本来の発音ですが「ジルベスター」と呼ばれるようになっています。

大晦日の夜から、新年の朝にかけて催され、クラシック演奏で年越しをします。カウントダウン曲が終わった瞬間に新年を迎えられるかは指揮者の腕次第といいます。世界的なオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ジルベスターコンサートが有名で、かつては日本にも中継されていました。現在では日本各地で行われるようになっています。

「活火山」「死火山」「休火山」

更新:2014年10月1日
御嶽山(おんたけさん)は全国に110ある活火山のひとつです。日本は世界の活火山の約7%が集まり「火山列島」とも呼ばれます。ところで、この「活火山」は過去約1万年以内に噴火したことがある山を指します。私が学生のころまでは「死火山」「休火山」という言葉もよく耳にしたんですが、いまはこの分類はありません。

★「休火山」「死火山」の分類は1979年になくなった!

以前、気象庁は、現在、噴火を続けている火山を『活火山』、現在は活動していなくても文献で記録が残っている火山を『休火山』、活動の記録がない火山を『死火山』と分類していました。

しかし、火山の活動の寿命は長く、数百年程度の休止期間はほんのつかの間の眠りでしかないということから、噴火記録のある火山や今後噴火する可能性がある火山を全て「活火山」と分類する考え方が1950年代から世界的に広まり、1960年代からは気象庁も「噴火の記録のある火山」をすべて活火山と呼ぶことにしました。

御嶽山は「死火山」と考えられていた時代もありましたが、1979年に噴火しました。この噴火などをきっかけに分類の仕方が見直され、「休火山」「死火山」は使わなくなりました。

★活火山の定義 現在は「過去1万年以内に噴火した山」

火山噴火予知連絡会が「活火山」とする山は過去、どんどん変化してきました。まず、1975年(昭和50年)に「(文献上の)噴火の記録のある火山及び現在、活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義して77の火山を選びました。

その後、たとえ文献上の記録がなくても、調査の結果、火山噴出物が見つかるなどした火山も含めるべきとして、1991年には「過去2000年以内の噴火」と定義を変え、活火山83を指定。さらに2003年からは「過去1万年以内の噴火した山」と定義し直し活火山は110まで増えたのです。



プロフィール

田丸 一男Photo
名前:田丸 一男
生年月日:1960年9月11日
入社年:1991年
出身都道府県:大阪府
出身大学:関西学院大学
趣味:ワインとイタリアン、クラシック音楽鑑賞、日本美術と印象派絵画
何でもひとこと:寝起きの良さが強み、朝一番からしっかり声が出せます。ナレーションにはこだわりがあって、硬派から軟派までOK。
もう9年、チェロ演奏が趣味。クラシック音楽が頭に常に流れていますし、庭の草むしりをしながらモーツァルトを口ずさみます。アイロン掛けや料理など家事が好きで、妻からは重宝がられていると思います。

担当番組