田丸 一男Photo

田丸 一男アナウンサーのブログ

田丸一男のことばエッセイ

「DVDに焼く」「CDに焼く」ってなぜ?

更新:2013年9月25日
DVDやCD−Rに書き込む(記録する)とき、「DVDに焼く」「CD−Rに焼く」と言っていたら、家族に笑われました。「書き込む」が正しいようですが、「焼く」と使う人も結構、多いようです。私も無意識に使っていました。なぜ「焼く」というのでしょうか?

★物理的に焼いていたのが由来

光学メディアはCD(コンパクトディスク)やDVD(デジタル・ヴァーサタイル・ディスク)、BD(ブルーレイディスク)など、光(半導体レーザー)の反射で情報を読み書きするものです。

実はもともとCD-Rなどでは、データをディスクに書き込む際に、レーザーを照射して色素を加熱して変色させたことからこのように言われたそうです。転じて、現在ではCD−Rと同じような記録法を取るDVDへの記録も同じ様に「焼く」と呼ばれるようになったそうです。

「渓谷(けいこく)」と「峡谷(きょうこく)」の違いって?

更新:2013年9月19日
京都・嵐山のトロッコ列車のニュースに「峡谷沿いを走るトロッコ列車」という表現がありました。「渓谷(けいこく)」と「峡谷(きょうこく)」はどう違うのでしょうか?

★峡谷・・・谷底に平野がないV字型の険しい崖

広辞苑第四版で調べると「渓谷」は「谷、谷間」、「峡谷」は、「幅の割りに深く細長い谷(例)黒部峡谷」とあります。峡谷は渓谷よりも更に深い谷のことのようです。もう少し詳しく調べてみると「峡谷」の断面は、V字形で両岸が険しい崖になっていて谷底に平野がない状態で 具体的に黒部川の黒部峡谷、天竜川の天竜峡、熊野川の瀞八丁などが有名だそうです。ちなみに日本の主な「渓谷」と「峡谷」は493箇所あるそうですが、「渓」が297箇所、「峡」が196箇所で渓谷のほうが多いようです。



プロフィール

田丸 一男Photo
名前:田丸 一男
生年月日:1960年9月11日
入社年:1991年
出身都道府県:大阪府
出身大学:関西学院大学
趣味:ワインとイタリアン、クラシック音楽鑑賞、日本美術と印象派絵画
何でもひとこと:寝起きの良さが強み、朝一番からしっかり声が出せます。ナレーションにはこだわりがあって、硬派から軟派までOK。
もう9年、チェロ演奏が趣味。クラシック音楽が頭に常に流れていますし、庭の草むしりをしながらモーツァルトを口ずさみます。アイロン掛けや料理など家事が好きで、妻からは重宝がられていると思います。

担当番組


田丸 一男アナが千葉 猛アナを30秒で紹介します!