田丸 一男Photo

田丸 一男アナウンサーのブログ

田丸一男のことばエッセイ

道路の呼び方 国道○号? ○号線?

更新:2013年1月16日
交通事故のニュースで、国道の呼び方にについて「国道○○号線」か「国道○○号」かで放送前に報道デスクと議論になりました。MBSでは「国道○○号」と「線」を付けない事に決めています。一般的には「○○号線」と呼ばれることが多いですよね。関係各所に尋ねてみました。

★国道は法律上「○○号」と「線」は付けない!

まずは、国土交通省道路局の国土防災課に尋ねました。国道については、『一般国道の路線を指定する政令』(昭和40年3月29日政令第58号)で路線名は「国道1号」「国道2号」と「線」を付けないと定められているそうです。正式名称は「線」は付かないのです。「ただ○○号線でも間違いではありませんし、一般的にはみなさん、そうおっしゃっていますよね。法律上では入れないということですよ」と教えて下さいました。確かにラジオ、テレビで交通情報を伝える、日本道路交通情報センター(JARTIC)で尋ねても、国道、県道とも「○○号線」と読むことに統一しているそうで、一般的には「〜号線」に馴染みがあるのかもしれません。

一方、都道府県道ではどうでしょうか。大阪府の道路環境課によりますと都道府県の場合は各議会の議決を経て決められ、多くの場合『府(県)道○号 △△□□線』というように呼ばれます。「△△□□」は道路の起点と終点の地名が使われますので、路線名となるとちょっと長くなりますが、これが正式名称だそうです。ちなみに、日本新聞協会に尋ねると国道や県道とも「○○号線」「○○号」特にどちらかへの統一はしていないとの回答でした。個人的には「線」が付いた方が「道路」ということが分かりやすくていいかなぁと思います。

「上を向いて歩こう」の歌詞 「ひとりぽっち」?

更新:2013年1月4日
大晦日恒例の歌謡番組を観ていて、徳永英明さんがピアノソロに合わせてしっとりと歌う「上を向いて歩こう」が心に染み入りました。坂本 九さんが歌って大ヒットした名曲です。歌詞の中に「ひとりぼっちの夜」というフレーズが何回かあるんですが、一緒に観ていた家族から「おや?」っと声が上がりました。歌詞の字幕と実際の歌が違っていたんです。

★「一人法師」が変化して「ひとりぼっち」に

このフレーズ、5回出てきました。テレビの字幕では「ひとりぽっちの夜」と出ましたが、徳永英明さんはすべて「ひとりぼっちの夜」と歌いました。「どっちが正しいの?」と家族に尋ねられたのですが即答できず、調べてみることに。広辞苑をみると、そもそも「ひとりぽっち」という言葉はありません。「ひとりぼっち」は「たったひとりでいること」(ヒトリボウシの訛)とあります。「ひとりぼっち」は語源は「一人法師」(ひとりぼうし)という言葉にあって、そもそもの意味は「特定の宗派に属さず、またそれらを抜けて一人で生きる僧侶」のことを指していました。この「一人法師」が変化して「ひとりぼっち」になったようです。

★「ひとり」+接尾語「ぽっち」?

一方、「ぼっち」は「10円ぽっち」などと接尾語で使うことがあります。指示代名詞や数量を表わす名詞に付けて「わずか・・・だけ」の意味です。ひょっとして「一人法師」の「ぼうし」と接尾語の「ぽっち」を混同しているのではないでしょうか。作詞をした永 六輔さんの歌詞には「ひとりぽっち」とありますが、徳永英明さんは、正しい日本語としての「ひとりぼっち」をこだわって使ったということかもしれません。でも「ひとりぽっち」も「一人」に接尾語の「ぽっち」を付けて、より強調される感じもしますよね。いずれにしても、字幕と歌が違っていると視聴者も迷ってしまいます。作詞者の意図、こだわりがあるでしょうし、字幕どおり「ひとりぽっち」で歌って欲しかったです。



プロフィール

田丸 一男Photo
名前:田丸 一男
生年月日:1960年9月11日
入社年:1991年
出身都道府県:大阪府
出身大学:関西学院大学
趣味:ワインとイタリアン、クラシック音楽鑑賞、日本美術と印象派絵画
何でもひとこと:寝起きの良さが強み、朝一番からしっかり声が出せます。ナレーションにはこだわりがあって、硬派から軟派までOK。
もう9年、チェロ演奏が趣味。クラシック音楽が頭に常に流れていますし、庭の草むしりをしながらモーツァルトを口ずさみます。アイロン掛けや料理など家事が好きで、妻からは重宝がられていると思います。

担当番組


田丸 一男アナが千葉 猛アナを30秒で紹介します!