赤木 誠Photo

赤木 誠アナウンサーのブログ

赤木誠のベースボールワールド

更新:2003年12月16日
 12月2日、大阪市内のホテルで「上田利治氏の野球殿堂入りを祝う会」が盛大に行われました。出席者約600人。おそらく平均年齢は60歳を超えていたのではないでしょうか。当然、私などはヒヨッコみたいなもので、野球界、マスコミの重鎮の方々の中小さくなっていました。

♪晴れたる青空、我らのブレーブス♪の懐かしい阪急の球団歌が流れる中、千勝監督が入場。広島、巨人、巨人を下しての日本シリーズ3連覇の映像、福本、大熊、加藤、長池、島谷、蓑田、中沢、河村、大橋、佐藤義の面々もステージに上がり、あの強かった(まさに無敵の)ブレーブスを知る人間にはこたえられないパーテイでした。

日本プロ野球史上、最強チームとしては、西鉄、V9巨人、森西武そして上田阪急といったところが挙がると思いますが、私としては、自分の年齢(S33年生まれ)もあり、昭和50年代前半の阪急の強さは格別な思いがあります。

当時阪急の選手達が実際に歌ったレコード(タイトルは忘れてしまいましたが)の歌詞にこういうものがありました。

(野手の声)♪1点やってもいいんだよ。2点取るからさ〜。
相手も欲しいと言っている。今はあげときな♪
(投手の声)♪1点やってはいけないよ。今はしめる時。♪

まさにこの通りの、本当に「負けないチーム」でした。

その指揮官だった上田さんは、入社まだ2、3年目の私にたいしても(2回目の監督時代です)とても丁寧に、前日のゲームの解説や野球の見方、とらえかたを教えて下さいました。当時、あの上田さんに名前を呼んで貰ったというだけで感激したものでした。

現在は、評論家、解説者としてご活躍中の、上田さん、いや上田監督ですが岐路にたつ日本プロ野球界の中、現場出身の有識者として力を発揮して頂きたいと願っている人は少なくないと思います。今後も熱いお話を伺うのを楽しみにしています。


バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2009年
2008年
2007年
2003年
2002年
2001年


プロフィール

赤木 誠Photo
名前:赤木 誠
生年月日:1958年10月24日
入社年:1981年
出身都道府県:鹿児島県
出身大学:九州大学
趣味:ウォーキング、観光
何でもひとこと:無芸大食。プロ野球、ラグビーには少々詳しいです。福岡・札幌は、住んでいたことがあるので、土地勘はあります。

担当番組