ないものねだり

2019年7月16日


基本、人間ってないものねだりの生き物なのだなと思ってしまう。

台湾にお熱になってから1年半以上がたち、その後ラジオでは香港のいまのデモのニュースを
お伝えするなどしてみました。
きっかけは台湾で知り合った香港の学生さん。2年前から彼女は今の香港を予見するような話を
していて、一気に引き込まれ、当時、PCなど翻訳機やら、PCに漢字をタイプしてそれを見せ合ったりて
(特に会話の中で人名などが出てきたとき、ニュースで中国系の人達の名前を漢字の日本語読みで
 扱っている私達からすると、サウンドだけからそれが何を(誰を)意味するのか理解するのは
 なかなかに難しかったりします)。

日本のある大学の学生の方みなさんと先日話す機会があったので香港取材の話を少しさせていただいたら
どうやら熱心にお聴きいただけたようです。
同世代。日本で平和に暮らしている学生さん、でも多分、彼らなりに就職活動とか、これからの
人生とか悩みをかかえたりもしている、もしくは、これからするだろう世代に
僕から言うことなど何もなくて、でも、同じ世代の人たちがいまどういう思いで、
何を感じてあの場所であんなにも大きな動きになっているのか、無関心でいてほしいとは思いませんでしたので
彼らが考える何かのきっかけになればと、お伝えした次第です。

他方、また別で学生さんと話たりする機会。熱心な学生さんにはどうぞ
心を大きく揺らすいろんな感情を、伝える、シェアする機会を持っていただきたいと
感じました。若い人はみんないい目をされてますね。

年齢とともに体力、気力、能力の衰えを感じだしはじめて、それでいてまたまた
やりたいことが山のようにある。喋り足りない、聴き足りない。取材したりない。
たどり着きたいなにかが先にありそうな感覚がする、とか。

ないものねだりは見えないものばかり。
ま、ぼちぼちぎりぎり合格点くらいが、いいのかもしれませんね。

カフェで

2019年3月 2日

カフェで流れている音楽を
携帯電話のアプリで検索をかけ
それが何かを知り
ネットで聴いている。

そんな時代、想像していなかったです。
音楽の聴き方に変化が出てきすぎていて。

脳みそは年齢のせいか飽和して
新しいものを受け入れなくなりつつあるような気がするんだけど
そんなことをいったら
知り合いから

うえださん、自分で限界を作らなくていいですよ。
楽しい学びは続けてください。

とのことで自分の今の能力を評価しないで
いろいろごちゃごちゃ、続けていこうと思った次第です。

音楽は面白い。
ギターほどおもしろい楽器はない。奥深いけど
10代の時にもっと勉強しておけばよかった。でも、
いま、ほんとにわかりやすい解説や説明がネット上に溢れてる。

このままあと数年もしたらすごい変化が起こりそう。
人が幸せになる変化であることに期待したいですね。

文章センス

2019年2月24日

小沢健二さんの文章に目をやる機会があって、
知性や文章力に心奪われ、難しいことの分かる人なのに平易な文章で
物事説明するって大事だとか、そこに他人に対する敵意がないというか
そういう感じってとても大事だなぁと思ったりして。

一方でこんな時代で誰もがすごい量の文章を書くようになり
正しいか正しくないかだけでもホントに確認作業が大変で
果たしてなにが時代の変化で、進化で、良くなったのことなのか
成長したことなのか全くむしろわからないくらいで。

抜群にうまいとあるカフェのアップルパイは注文してから
完成するまでに15分から20分ほど待つ。
お客さんを待たせるお店は、その時間お客さんがスペースをずっと
塞いでしまうと思うのではとか考える。
来てすぐに食べられるものを食べて出ていくお客さんよりは
時間単価が安い。でもそれでもこういうメニューがあるのは
と考えると本気で美味しいものが出てくると理解できるし
待ち時間をもらえてる気もする。

待つ待たせる。ぶつかる、ぶつかられる。
落ち着いて対応できずに憤る人もいるなかで
ややネガティブかもしれないものを双方ポジティブに共有できているって
ほんとにいいなって感じる。

文章のセンスはあまりないし、放送の仕事をしているわりに
大勢に受けるような好みとかお喋りができるタイプではない。
でも、数ではなくだれか少数、いや1人のひととほんのその時だけでも
こういった感覚を共有できたら楽しい。

本とか文章もそういうもんですよねなどと
感じる今日でありましたとさ。

動く2019

2019年1月 8日


今年は、あちこちに「動」いていくことになりそうですし、
いろんなものが、「動」きそうです。

今年の一字を先に決めてから、過ごそうと思った次第です。

動きます。動いていく物事を見届けます。
おもしろおかしく関心深く、愛おしいものを伝えていければと
思っております。

いつもの

2018年12月15日

毎年のように通っていた福島空港へ仕事で久々に寄りました。
レンタカー会社の受付の人が「いつもご利用ありがとうございます」って
言ってくれる様になってしまってます。少しインターバルがあいたのに。
利用履歴だけを見て言ってるのか、顔を覚えているのか。

ずっと通っていたから、
地方空港独特のコンパクトさとか、ウルトラマンのオブジェとか
ドメスティックなのになぜかインタナショナルな空気感があったりとか
少しだけ駐車場がリニューアルしてたりとか、
色々、考えることがあった。

そして、独特の寒さ。
ちらちら雪が舞うと、奈良の五條市や小樽、新潟と暮らして
雪と縁のあった父親のことを少し考えたりもします。

ひょっとしたら来年は、またここからなにか始めるのかもしれません。