動く2019

2019年1月 8日


今年は、あちこちに「動」いていくことになりそうですし、
いろんなものが、「動」きそうです。

今年の一字を先に決めてから、過ごそうと思った次第です。

動きます。動いていく物事を見届けます。
おもしろおかしく関心深く、愛おしいものを伝えていければと
思っております。

いつもの

2018年12月15日

毎年のように通っていた福島空港へ仕事で久々に寄りました。
レンタカー会社の受付の人が「いつもご利用ありがとうございます」って
言ってくれる様になってしまってます。少しインターバルがあいたのに。
利用履歴だけを見て言ってるのか、顔を覚えているのか。

ずっと通っていたから、
地方空港独特のコンパクトさとか、ウルトラマンのオブジェとか
ドメスティックなのになぜかインタナショナルな空気感があったりとか
少しだけ駐車場がリニューアルしてたりとか、
色々、考えることがあった。

そして、独特の寒さ。
ちらちら雪が舞うと、奈良の五條市や小樽、新潟と暮らして
雪と縁のあった父親のことを少し考えたりもします。

ひょっとしたら来年は、またここからなにか始めるのかもしれません。

海外ドラマ

2018年12月 8日

無事に前にポストした右膝も良くなりまして、代わりに風邪を引いたら実家から
さだまさしさんの企画のど飴が送られてきたりと、まあ、ようやく本調子になってきた次第。

This is us というドラマにはまっておりまして。
あっという間にポロポロ泣きながらファーストシリーズを見終わったのが随分前で、
2回目を見終わってしまったのですが、
夫婦と双子とアダプテッドの3人のストーリーで...

みんないい人たちなのにどこか不器用でやりきれない感じと
抱えている問題がそれぞれにあるところが、自然ですごくいいのです。
世の普通とは違ってるかもしれなくても、それぞれのストーリーがよくて
一人がメインキャラクターというより、全員がそうであるところが良いのですね。

過去と現在を行ったり来たりしながら観せていくところも
とても斬新で。

セカンドシーズンが待ちきれませんで...そろそろ配信されませんかねぇ...(スタンバイ状態)。

英語の勉強だと思って見始めた洋画やドラマですが、
それ以外のもののほうが学びや気付きが多いのです。
いつも求めているものと違うものがぽろっとやってきたりする。
おまけのほうが大きいことって結構あるんですね。

久しぶりに文章書いたら、とりとめもない感じになりましたが
まあ、今日のところはこんな感じで。

簡単な処置

2018年10月17日

もう先月の話なのですが、なにやらスネにできたおできが大きくなってきたのと
痛みがあったので切除することにいたしまして、
病院で切開手術(簡単なの)してもらってきました。
まあ、麻酔したりちょっと切ったりでしたがすぐに終わって、縫合して、
しばらくして抜糸して...その後です。お医者さんから

「しばらくずっとテーピングをしてもらえますか?」

すぐにぐるぐる巻きでガチガチに固めるようなのをイメージしていたのですが
なんと絆創膏のように薄いテープをはりつけるだけで
私のイメージしているテーピングとはかけ離れているもの。4cmほどの
切り口をすっかり覆えればそれで問題ないサイズです。

こんなので大丈夫なのかなぁと思っていたらこれが
濡れようが貼ったままにしようが、全く剥がれない。
若いときのように汗を多くかかなくなったからか、今の技術が進んでいるからなのか
普段の生活でははっていることを全く意識していない感じ。

今のテーピングにすっかり驚いたのでした...。
間もなく完治の予定です。

最近

2018年5月29日

全くここに記事をアップしてなかったですね。
無事に今日も生きて仕事しています。

春からニュースなラヂオが始まりました。
週替りでニュースキャスター担当週と、「10分で現代(いま)を解説」というコーナーを
担当しています。
これがなかなか感覚的に慣れなくて、あーだこーだ考えながら
自分なりにやらせていただいております。
お聴きいただければありがたいです。

さて、グレイテストショーマンを見てきました。
ミュージカルは舞台のほうが良いとは思いましたが
噂通りでしたね。
ワークショップ映像も含めて素晴らしかったです。
コーラスのパワーたるやなんでしょう。
芝居好き関係の仲間内ではすでに「ヒュー様」ブームが。。。まだ続いています。
それにしても息をつく間もなくエンディングまで引っ張る構成は
どうでしょう、今どきネット文化と関係があるのでしょうか?
ちょっと好きがあると次の情報、次の情報と取りに行くユーザーにも
飽きられないように作ってるのかなと勘ぐってしまいました。

ぼちぼちまた気が向いたらここも更新していこうと思います。