ブラックペアン

2018年4月23日

人気グループ「嵐」の二宮和也さん主演の連続ドラマ「ブラックペアン」(TBS系、日曜午後9時)の初回が昨夜放送され、関西での平均視聴率19.8%でした。ブラックペアンって初めて聞きましたが、どういうものなんでしょうか?

★血管をつかんだり止血のための手術道具

ドラマは「チーム・バチスタの栄光」などで知られる人気作家・海堂 尊(かいどう たける)さんの「新装版 ブラックペアン1988」(講談社)が原作で、初主演の二宮和也さん演じる天才外科医・渡海征司郎(とかい・せいしろう)が、病院、研究室と製薬会社、医療機器メーカー、厚生労働省との癒着問題など、さまざまな闇が渦巻く大学病院に立ち向かう姿を描きます。

ペアンは、聞きなれない言葉ですが、手術で使われる道具に「ペアン鉗子(かんし)」のことです。形は普通のはさみとほとんど同じですが、先端は刃先ではなく平らになっていて、この道具を開発した、フランスの外科医、ジュール・エミール・ペアンから名が付けられています。血管をつかんだり止血したりするための道具です。この道具がドラマを楽しむ上で、かなり「重要な」キーワードです。

スワジランド

2018年4月21日

アフリカ南部スワジランドの国王ムスワティ3世は、イギリス領からの独立50年を記念した式典で国名を「エスワティニ」に変更すると発表しました。スワジランドについて調べました。

★エイズ感染率が30%越え 国王は妻が15人 

スワジランドは南アフリカとモザンビークに囲まれた小さな内陸国で、世界でも数少ない絶対王政国家です。独立時に国名を変更する国もありますが、60年以上のイギリス保護領時代を経て1968年に独立しましたが国の名は変更されませんでした。

エスワティニはスワジ人の言語、シスワティ語で「スワジ人の場所」を意味します。スワジランドという名は、現地語と英語を掛け合わせた言葉であるため、一部の国民からは怒りの声が上がっていました。国名の変更は数年前から検討され、2015年には議会でも審議されました。ムスワティ3世はこれまでの公式演説で新しい国名を使ってきました。

スワジランドは失業率が25%、成人のエイズウイルス感染率が30%近いなど、多くの問題を抱えています。一方、ムスワティ3世には妻が15人ほどおり、生活苦が続く国民からは民主化を求める声があがっています。

強制性交

2018年4月20日

大阪府内のマンションで20代の女性に乱暴したとして、大阪府警は、強制性交の疑いで串カツチェーン店の社長を逮捕しました。「強制性交」について調べました。

★強姦罪の名称を「強制性交等罪」に変更

去年7月「強姦(ごうかん)罪」が「強制性交等罪」となり、内容も大幅に改正されました。刑法の改正は実に110年ぶりのことでした。

これまでの「強姦罪」は、被害者は女性だけでした。これが男性も被害対象となったのです。「強姦」には、もともと「女子を姦淫(かんいん)する」という意味があり、男性の被害をカバーしない言葉でした。また、これまで「懲役3年以上」だった法定刑が「懲役5年以上」に引き上げられました。執行猶予は懲役3年以下の場合につくため、この引き上げにより執行猶予がつきにくくなったのです。「性犯罪刑法の厳罰化」と言われています。

犯罪には親告(しんこく)罪と非親告罪があります。親告罪というのは被害者が告訴しなければ立件できない犯罪のこと。プライバシーを守るために被害者が嫌だと言えば告訴しないというメリットがあると言われています。しかし、同時に容疑者からの報復が怖かったり、何度も被害にあった状況を聞かれるようなセカンドレイプに苦しんでしまい、告訴しないという事実がありました。法律で罰したくても罰せなかったのです。強姦罪は親告罪だったのですが、新しい強制性交等罪は非親告罪で、被害者が告訴しなくても立件できるようになったということです。このおかげで被害者につけこむような加害者が減ると考えられています。

イスラエル

2018年4月20日

イスラエルは1948年に建国宣言してから70周年を記念する式典を行いました。4度の中東戦争を経験、パレスチナ武装勢力と交戦を重ねながらも国家を守り抜いてきたが、いまだパレスチナ和平実現への道筋は立っていません。イスラエルの70年を調べました。

★イスラエルとパレスチナとの衝突は今も絶えない!

今から3000年ほど前、パレスチナの土地に住んでいたと言われるユダヤ人は国が滅び、世界中に散らばりました。しかし、ドイツなどヨーロッパで迫害を受け、かつて住んでいたパレスチナの地に自分たちが安心して暮らせる国・イスラエルを作ろうとします。しかし、そのときパレスチナの地にはアラブ人たちが住んでいました。ここでの争いが中東戦争で長く続いたのです。それを見かねた国連が間に入り、「ユダヤ人とアラブ人で仲良く土地を分け合う」ことを提案。しかしフタを開けてみれば、ユダヤ人に有利な配分になっていました。そして1948年にイスラエルが建国されました。アラブ人たちは狭いパレスチナ自治区(「ガザ地区」と「ヨルダン川の西岸」)に追いやられます。これに怒った一部のアラブ人がテロを起こし、それにイスラエルが反発するという負の連鎖が現在も続いています。

イスラエルは1948年の第1次中東戦争で西エルサレムを獲得、1967年の第3次中東戦争で占領した東エルサレムと併せ、エルサレム全域を「永久不可分の首都」として実効支配しています。一方、パレスチナは東エルサレムを首都とする国家樹立を目指しています。「中東唯一の民主主義国家」をうたい飛躍的な経済成長を遂げ、今や「中東のシリコンバレー」と呼ばれます。建国当時に80万人だった人口は10倍超の880万人にまで膨らみました。ユダヤ系住民は75%、アラブ系住民は21%を占めます。

イスラエルとパレスチナとの和平には、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地である「エルサレム」をどうするか?という問題が存在しています。イスラエル国民はイスラエルの首都をエルサレムと主張しており、パレスチナもエルサレムを譲れないと主張しています。そんな中、昨年12月、アメリカのトランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と認定、テルアビブにあるイスラエルのアメリカ大使館を移転する方針です。アメリカはイスラエル寄りの姿勢を鮮明にしたのです。

行幸 行啓

2018年4月19日

VOICEのニュースの中で、字幕では「明治天皇が大阪造幣局に行幸された際に撮影」とありましたが、ナレーションでは「行啓」とアナウンスしていました。「行幸」と「行啓」はどう違うんでしょうか?

★「行幸(ぎょうこう)」と「行啓(ぎょうけい)」の違いは?

宮内庁のホームページにある皇室用語集を調べると、

行幸(ぎょうこう)・・・天皇が外出されること。
行啓(ぎょうけい)・・・皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃が外出されること。

明治天皇が主語ですから「字幕」の「行幸」が正しく、「行啓」はまちがいです。