「家に帰ろう。一緒に帰ろう。」バラバラに暮らしていた4人の家族が海辺の「わが家」で繰り広げる、珠玉のヒューマンドラマ!

家族ですごす何気ない日常こそがとても幸せな時間・・・
「家族とは何か」「本当の親孝行とは何か」
向井理・長塚京三・田中裕子・村川絵梨が演じる家族の絆の物語

 MBSでは、2015年1月4日(日)よる9時からTBS系全国ネットで『新春ドラマ特別企画 わが家』を放送する。
このドラマは、現代社会でバラバラに暮らす4人の家族、「桜木家」の物語。大人になって故郷と距離を置くようになった兄と妹。20年前に突然家を出て行った父、そして海辺の「わが家」をひとりで守り続ける母。そんな4人があるきっかけで「わが家」に集い、家族の絆を取り戻してゆく姿を、ユーモアいっぱい、愛情たっぷりに描く。

 主演は向井理。東京で、心寂しい客の元に友達・恋人・家族などを派遣する“人材レンタル会社”に勤める主人公・桜木一歩を演じる。子どもの頃、大好きだった父親に捨てられた記憶をもつ一歩はある日、妹の結婚話をきっかけに、母が待つ海辺の故郷に久々に里帰りをする。そこに20年間音信不通だった父親がひょっこりと現れて…。

 向井がTBS系の新春SPドラマに出演するのは、2012年に放送した『花嫁の父』以来3年ぶり。今作では離れ離れだった“父と子の葛藤”を軸に「家族とは何か」「本当の親孝行とは何か」を考える長男として、家族の絆を描く珠玉のヒューマンドラマに挑戦する。

 共演者にも、新春ドラマにふさわしい豪華キャストが顔を揃える。
家族を捨てて家を出て行きながら、20年ぶりに舞い戻ってきた父・桜木武士には、日本映画界、ドラマ界には欠かせない名優のひとり・長塚京三。ある想いを秘めながら「わが家」を守り続ける母・桜木鯛子役は、存在感ある演技で人々を魅了する国民的女優・田中裕子。向井は長塚、田中とは初共演となる。そして、明るい性格で、家族再会のきっかけとなる結婚話をもたらした妹・桜木ほの香役は、若手実力派女優・村川絵梨が演じる。魅力的な組み合わせの豪華俳優陣が、優しく、恋しく、時には激しくぶつかり合いながら、日本の家族の心の機微を演じる。

 脚本は『花嫁の父』(2012年/日本民間放送連盟賞優秀賞受賞)、『母。わが子へ』(2013年/ATP賞観光庁長官賞受賞)など、心に残るヒューマンドラマを手がけてきた井沢満。単身世帯が増加する現代日本をテーマに、一歩の生き様や桜木家の日常を、心に染み入るセリフで描き出す。さらに主題歌は、中島みゆきの1977年発表の名曲「ホームにて」を、女優・歌手として注目される高畑充希がKOBUDO-古武道-の演奏でカバーし、作品に花を添える。

 子どもたちが大人になって自立したあとも、一年の節目節目には自然と皆が集まり帰ってくる場所、それが「わが家」。「わが家」は、家族の日々の思い出がつまった原点であり、2015年新春、家族みんなですごす何気ない日常こそが、とても幸せな時間であることに気づかされる人も多いのではないだろうか?親が子を想う気持ち、そして子が親を想う気持ち、それはなかなか言葉には表せないもの。バラバラだった桜木家の人々が、「家族」に対してそれぞれ向き合い、人生で大切なものを取り戻してゆく物語『新春ドラマ特別企画 わが家』に、ぜひご期待ください。

 人材レンタル会社「友情物語」のスタッフ・桜木一歩(向井理)は、都会の片隅で他人の孤独や心の傷を埋める稼業をなんとなくこなす日々を送っていた。器量がよく客からの人気も高い一歩だが、30歳を過ぎても、自らは家庭を持つ気は全くない。その理由は、子どもの頃に父・武士(長塚京三)が突然家を出て行ったという過去があるからだ。そんな一歩の実家は三浦半島の海辺にあり、今は母・鯛子(田中裕子)が一人で暮らしている。一歩にはバスガイドをする妹・ほの香(村川絵梨)がいるが、同じ東京にいながら互いに連絡先さえ知らない。

 鯛子は正月さえ戻ってこない子供たちに不満を募らせつつも、音信不通の夫や子供たちがいつ帰ってきてもいい様に気丈に家を守っている。そんな鯛子のもとへほの香から「結婚するので先方の家族と会って欲しい」と電話が入る。同じ頃、常連客の一人暮らしのお年寄り・琴子(草村礼子)のもとで疑似家族を演じていた一歩にも“ある仕事”が舞い込んでいた。

 「家族」とは?「本当の親孝行」とは? バラバラだった家族の失われた絆が取り戻される日は来るのだろうか----。

  • 東京でバスガイドをする妹。家族再会のきっかけとなる結婚話をもたらす。

    コメント
  • 東京で一人暮らしをしながら、人材レンタル会社「友情物語」の契約スタッフとして働く長男。子供のころ、父・武士が家を出て行った記憶をもつ。

    コメント
  • 20年前に家族を捨てて家を出て行った父。

    コメント
  • 三浦半島の海辺の「わが家」をひとりで守り続ける母。家族の行事を大切にする。

    コメント
  • 失恋した寂しさから、彼氏役として一歩をレンタルする。キャリアウーマンで、一歩と急接近!?

  • 「友情物語」のスタッフ。結構、ひっぱりだこだとか…。

  • 一人暮らしのお年寄りで、一歩の常連客。

  • 「友情物語」の社長。客のニーズにあったスタッフを派遣する。

2014年女優として歌手として大活躍した、高畑充希がデビュー10周年イヤー年初のスペシャルドラマの主題歌に抜擢!
尺八・ピアノ・チェロのトリオ、KOBUDO-古武道-と自身初のコラボレーションで中島みゆきの名曲「ホームにて」をカヴァー!
1/4(日)ワーナーミュージック・ジャパンで配信スタート

≫詳しくはこちら!
(ワーナーミュージック・ジャパンのサイトにジャンプします)


  • ※別サイトにジャンプします