特集

VOICE特 集201802

特集記事

2018/02/08 放送
広がる聴覚障がい者への支援「手話を言語に」条例制定する自治体増加

聴覚障がい者にとっては重要なコミュニケーション手段といえる手話ですが、1990年代まではろう学校などの教育現場でも手話は教えられることがなかったといいます。いま、この手話を言語として認め、どこでも手話が使える環境を整えようという動きが広がっています。その現場を取材しました。

テキストと写真で読む