シリーズ「憤懣本舗」(毎週 月曜日)

2017/12/04 放送
日本の現場支える外国人労働者の過酷な実態 雇う企業も制度に困惑

中小企業は今、「恒常的な人手不足」に頭を悩ませていますが、そんな人手不足を補っているのが「外国人労働者」の存在です。5年間で外国人労働者の数は約1.5倍の約108万人となり、今も増え続けています。ところが、雇われる外国人と雇う側の企業双方が疑問を抱くある制度があります。どんな制度なのでしょうか?

テキストと写真で読む