特集

VOICE特 集201504

特集記事

2015/04/27 放送
自治体を信頼して買ったマイホームが土砂災害警戒区域内だった…

全国の過疎に悩む自治体は、移住希望者に家を紹介する「空き家バンク」と呼ばれる制度を導入しています。今回登場する男性も兵庫県豊岡市の空き家バンクで家を購入しましたが、その家が「土砂災害警戒区域」に含まれていたことがわかりました。豊岡市は「市に説明責任はない」と主張していますが、男性は行政を信頼して家を買ったのにと憤っています。