次回12月16日放送

築75年の日本家屋をリノベーション
曽祖父から5代つなぐ家

-
-

千葉県船橋市にある、築75年の日本家屋をリノベーションした家を紹介する。
住人(アルジ)は 夫の松本遼太さんと妻の梨沙さん、お子さん2人の4人家族。
曾祖父が建てた家を祖父、お父さん、そして長男である遼太さんが受け継ぎ、昨年リノベーションして暮らしている。外観は当時のまま。玄関扉をあけると、新たにつくった6畳もある土間スペースが広がる。ベビーカーごと出入りも楽々できるのだそう。台所など3つに分かれていた部屋はひとつながりにし、モダンな家具に和の障子がマッチした開放的なダイニングキッチンにした。広々としたリビングには3か月かけて遼太さんがつくったという小屋があり、子供たちから大人気なのだとか。あえてそのまま縁側は残してある。二重サッシの役割を果たし寒さ対策になるためだ。良いものは残しつつリノベーションした家での暮らしを紹介する。