今日の放送
ラジオ放送予定
  • 17:59放送開始
  • 阪神vsヤクルト
  • 神宮
  • 解説:西山秀二
  • 実況:近藤亨

  • 1予備:DeNAvs巨人
  • (横浜)17:30

  • 2予備:西武vs日ハム
  • (メットライフD)18:00

※放送カードは雨天等により変更になる場合があります。

データ放送




プロ野球解説者

安藤統男
1985年の日本一の礎を築いたタイガース第22代監督、MBS解説者のドン的存在。 その長年の経験と、これまで培ってきた人脈から得た情報を駆使した解説には、 バツグンの説得力がある。球界を代表する“ご意見番”としてタイガースの熱い戦いにメスを入れる!

生年月日:1939年4月8日
出身:茨城県
経歴:
土浦一高→慶應義塾大→阪神(1962〜73)
引退後:
<阪神>コーチ/1974〜76、1978〜80 二軍監督/1977、1981 一軍監督/1982〜84
<ヤクルト> コーチ/1987〜89
一枝修平
歴代の名将・吉田義男や星野仙一をカゲで支えた「名参謀」として知られる男。 タイガースの「鬼軍曹」として、その存在感は解説者の中でも際立っている。 参謀時代に鍛え抜かれた鋭い目線で、選手の特徴やプレーを絶えず見張る。 時折、飛び出す“一枝節”にも注目!

生年月日:1940年7月24日
出身:大阪府
経歴:
上宮高→明治大→河合楽器→中日(1964〜71)→近鉄(1972〜73)→阪神(1974)
引退後:
<阪神>コーチ/1975〜77、1985〜87、1997〜98
<中日>コーチ/1978〜80、1990〜91

太田幸司
あの「ハンカチ王子」ブームからさかのぼること37年、世間を一世風靡した “コーちゃん”こと元祖・甲子園のアイドル。 解説者イチの“お調子もの?”ではあるが、ダンディで優しい風貌には想像もつかない、厳しい視点でタイガースの戦いぶりに切り込む。 お茶目な部分も織り交ぜたユーモアあふれる軽快なトークにファンが多い。

生年月日:1952年1月23日
出身:青森県
経歴:
三沢高→近鉄(1970〜82)→巨人(1983)→阪神(1984)
八木裕
1992年9月11日、プロ野球歴代最長(6時間26分)試合のきっかけとなった“幻のホームラン”を放った張本人。 1997年、シーズンの代打率.400を記録するなど“代打の神様”として長らくチームに貢献。引退後はファーム打撃コーチとして数多くの選手を1軍に輩出、若手選手への愛情たっぷりの解説に乞うご期待。

生年月日:1965年6月8日
出身:岡山県
経歴:
岡山東商高→三菱自動車水島→阪神(1987〜2004)
引退後:<阪神>コーチ(2009〜2015)
遠山 奬志
野村タイガース時代に、ワンポイントリリーフとして活躍、「遠山→葛西→遠山→葛西」のリレーは今でも記憶に新しい。現役時代にはトレード、打者転向など紆余曲折を経た苦労人でもある。引退後はタイガースの二軍投手コーチや育成コーチを歴任し、選手からの信頼も大。チーム・選手のマル秘情報はこの男が握る!!

生年月日:1967年7月21日
出身:熊本県
経歴:
八代第一高→阪神(1986〜90)→ロッテ(1991〜97)→阪神(1998〜2002)
引退後:
<阪神> コーチ/2005〜11
亀山つとむ
新庄剛志との「亀・新フィーバー」を巻き起こし、 今でもタイガースファンの記憶に残る名選手。 選手の“兄貴分”として独自取材で得たチームや選手の情報を より近い視点でわかりやすく解説。 ユーモアも交えた軽快なトークはファンの心を釘づけにする!

生年月日:1969年7月2日
出身:鹿児島県
経歴:
鹿屋中央高→阪神(1988〜97)
金村義明
高校時代は“エース&4番“で全国制覇。近鉄入団後は「いてまえ打線」の中軸を担い、その豪快なキャラクターは「最後のザ・パリーグ戦士」と評された。 引退後は「現場主義」を掲げる解説として活躍、そのコテコテな「野球漫談」は多くのファンを抱える。

生年月日:1963年8月27日
出身:兵庫県
経歴:
報徳学園高→近鉄(1982〜1994)→中日(1995〜1997)→西武(1997〜1999)
藪恵壹
阪神時代は3年連続2ケタ勝利を挙げるなどエースとしてチームを引っ張った。
2003年はリーグ優勝にも貢献、その後アメリカに渡り本場の“ベースボール”を経験。
日米で培った多くの知識を余すことなく、その“低音ボイス”でお届けする。

生年月日:1968年9月28日
出身:三重県
経歴:
新宮高→東京経済大→朝日生命→阪神(1994〜2004)→
アスレチックス (2005)→ジャイアンツ(2008)→楽天(2010)
引退後:<阪神> コーチ/2011〜13

各ページに掲載の記事・写真の無断転用を禁じます。すべての著作権は毎日放送に帰属します。 Copyright (c) 1995-2017, Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.