『知っとこ!』 毎週土曜日朝7時30分〜9時25分 生放送


▼12月20日の知っとこ!

今週コレ知っとこ!

プロも認める匠の技!冬にうれしいあったかキッチン雑貨

さむーい日には、あったかいお鍋。そんな熱々メニューにぴったりのキッチン雑貨、
しかも、そのどれもが“食のプロのお墨付き”の逸品ならその味も引き立つというもの!
今週は、冷蔵庫で冷えるあったかキッチン雑貨や調理器具の目利きのプロいちおし!
大根が甘くなる道具、お菓子教室の先生絶賛!自分専用のカトラリーなど、
プロが認める匠の技!冬にうれしいキッチン雑貨のこと、知っとこ!!

【冬にうれしい あったかキッチン雑貨(1)
              職人が手作業で仕上げる あったか琺瑯】

やってきたのは、栃木県。
ここであるあったかキッチン雑貨を作っているそうなんですが…
ここで作っているもの、それが…日本で唯一といわれる琺瑯製品なんです!!
清潔感があり、見た目がシンプルということから、近頃、注目を集めている琺瑯製品。
多数の料理本を出版し、若い女性からの支持も熱い料理研究家、渡辺有子さんも愛用しているそうです。
でも…冷蔵庫で冷えひえのはずの琺瑯容器。これが、どうしてあったかキッチン雑貨なんでしょうか???
実は、こちらの琺瑯は、冷蔵庫が取り出してすぐ直火で中の食材をあたためることができるから。
熱の伝導率がよく、とってもすばやく温めることができるんです。
さらに、カレーなどの色も付かず、お酢を入れても化学変化しないためプロも好んで使うんですよ。
丈夫だけれど錆び易い鉄と、つるりと美しいけれどもろいガラスの両方のいいところを引き出したのが琺瑯のよさ。どこかやさしい雰囲気なのは、職人の手仕事を感じさせるでこぼこから、伝わってくるのかもしれません。真っ白の保存容器のもう1つの人気の秘密が…積み重ねてもOKなこと!
どこの家庭の冷蔵庫でもうまく収まるように、高さが12センチ以内。
容器全体が冷たくなるので、中の食材が長持ちし、野菜をその場でカットしていつでも使えるように保存するのが、オススメの使い方なんですって。

VTRでご紹介した保存容器のお問い合わせ先
野田琺瑯株式会社
住所:東京都江東区北砂3-22-22
電話:03-3640-5511
商品の詳細は、公式ホームページまで
または、「野田琺瑯の本」1,600円(発行 マーブルトロン/発売 中央公論新社)

ホワイトシリーズ 997円〜
(320cc〜2.4Lまで、様々なサイズ展開がある保存容器)

【冬にうれしいあったかキッチン雑貨(2) 
               江戸の職人技が光る 手打ち銅製おろし金】

東京は葛飾区。ここで、今も一丁一丁手打ちでおろし金を作る職人が、目立てを続けて、50年。勅使河原さん。そんな勅使河原さんの「目立て」は、目を立てる音が一寸の狂いもなく一定という職人技。
使う道具「たがね」も、自分で作ったものしか使わないんです。
さらに、勅使河原さんの使う銅版は通常使われるものより、固いものを使うそうで機械の歯は立たないそう。
大変な分、手打ちでしか立てられない目は、丈夫でどんなに使っても20年はもつと言われています。そんな「江戸幸」のおろし金は、板前さんからの意見を聞き、少しずつ今の形になったそう。
職人は、使う人のことを一番に考えて仕事をするものだという考えが、多くの人に愛されるおろし金の形を作ったんです。

VTRでご紹介した手打ち銅製おろし金のお問い合わせ先
江戸幸
住所:東京都葛飾区小菅1-28-8
電話&FAX:03-3602-1418(注文は、電話かFAXで)

手打ち銅製おろし金(5番)5,985円

【冬にうれしいあったかキッチン雑貨(3)
                使う人のことを考え抜いた木のカトラリー】

長野県中条村にある「MWC.WORKSHOP」という工房にあるのが…そう、木のカトラリー。温かみがあって、熱々メニューもやさしい口当たりで食べることができる あったかキッチン雑貨なんです。
そんなカトラリーを作っているのは…木工作家の小林ゆうじさん。木の世界へ足を踏み入れて11年。
現在は、オーダーメイドで家具を作るのが主な仕事なんです。そんな家具作りのさなか、どうしても出てしまう木の切れ端や、余り木を何かに使えないかと考え、作り始めたのが、このカトラリーなんです。そんな小林さんのカトラリーの特徴は、ツルツルな感触!
手触りや、使いやすさを追求したらこうなったそうなんです。
現在、2ヶ月待ちの状態で、日々、制作に追われる小林さん。
大きく削る部分は、機械で削りますが、仕上げはやはり手で削ります。
天然の木のよさを最大限に生かすため、着色はしません。すべて、その木が持つ色です。仕上げに、植物性オイルで磨くだけ。持ち手の端が広がっているのは、器に引っ掛かるようにするため。無駄のない、使う人のことを考えぬいた形なんです。

VTRでご紹介した木のカトラリーのお問い合わせ先
MWC.WORKSHOP
お問い合わせ&注文は、公式ホームページから、メールのみで

VTRの中で紹介した商品
レンゲ 2,625円 小べら 2,520円
木べら 2,940円 ファーストセット 6,300円
※名前入れは、無料。
※修理は、無料。ただし、送料のみご負担ください。

VTRでご紹介した木べらを使うお菓子教室のお問い合わせ先
お菓子教室 l’erable
※入会した記念に木べらをプレゼント
詳細は、公式ホームページまで

12/20の告知情報

山田まりやさん出演舞台告知
『すいとんメモリーズ 〜香葉子と三平、もぉタイヘンなんスから〜』
2009年1月6日(火)〜18日(日)
東京・銀座博品館劇場
問:アイエス 03-3355-3553

2009年1月23日(金)〜25日(日)
大阪厚生年金会館芸術ホール
問:グリークス 06-6966-6555

CHEMISTRY 出演番組告知
『1万人の第九with CHEMISTRY』
12月23日(火・祝)午後4時〜4時54分
MBS・TBS・CBC・HBC・RKBにて放送