知っとこ!
今週コレ知っとこ!

春だ!キレイになろうSP 各局女子アナプレゼン祭り! 2010/03/27

日本全国、その土地土地に美人がいて、美の秘訣がある!
ご当地コスメに美容法、その街ならではのキレイの秘訣を探求するシリーズ企画のスペシャル版!
今週は青森・静岡・和歌山・鹿児島・沖縄と全国津々浦々の美人の秘密を、JNN系列の各局女子アナがプレゼンします!
コレさえ見れば、日本全国みんな、キレイになれる!
題して「春だ!キレイになろうSP! 各局女子アナプレゼン祭り!」

沖縄編

南国の太陽、そして、青い海に囲まれた、沖縄!
沖縄では“美人”ことを“ちゅらかーぎ”と呼ぶんですよ。
しかも、言わずと知れた“長寿の島”でもある沖縄には、美容と健康にいい食材がいっぱいです!

キレイの素 沖縄編(1)沖縄の神の伝説 浜比嘉島

本島の東に浮かぶ“浜比嘉島”。周囲7キロの小さな島です。
島の中に入ると、古い良き、沖縄の風景が今も残っています。
この島が“神の島”と言われる所以は、“沖縄の初めの神”と言われている「シルミチュー」「アマミチュー」という男女の神様が住んでいた、という伝説が今でも残っているからなんです。
島の森の中には小さな洞窟があり、ここに男女の神が子をもうけて、暮らしていたという言い伝えがあります。
無病息災、子孫繁栄、さらには、恋愛の願い事もかなえてくれると言われているんです。
はじめに、生年月日と名前を伝え、心の中でお礼をしてお願いごとを願います。

さらに、この島には知る人ぞ知る、絶景スポットがあるんです!
森を抜け、草原を抜けると・・・見渡す限り、青い海。
ここには、浜比嘉島の海を守ってくれている女の神様が祭られています。
聞こえるのは波の音と風の音、
都会では感じる事のできないとっても心が落ち着くスピリチュアルなスポットです。

キレイの素 沖縄編(2)大人のためのリゾートホテル 喜瀬別邸

沖縄の名護市にある、海と森に囲まれた「喜瀬別邸」。
首里城をモチーフにしたという建物の中に一歩はいると、琉球の時代にタイムスリップしたような贅沢な雰囲気が味わえます。
さらには、宿泊者は16歳以上、まさに大人のためのリゾートホテルです。
こちらで体験できる極上の癒しが “月桃のオイル”を使ったエステ。
月桃とはかわいらしい花を咲かせる沖縄ではよく見かける植物なんですが、ただの植物ではありません。
ハリと弾力も与えてくれる成分が含まれており、美肌効果は言う事なしです。
月桃は、昔から沖縄人の生活には欠かせない月桃は
食材の保存やうがい薬、さらには虫除けにまで使われていたそうです。

VTRでご紹介したエステ

「喜瀬別邸 HOTEL&SPA」

住所 沖縄県名護市喜瀬1343-1
電話 0980-53-7000
・スパ「やうら」 アロマボディートリートメントコース
 (コース90分、所要時間120分)23000円〜

VTR内でご紹介した「月桃茶」、「月桃石けん」

「有限会社 サルピス21」

住所 沖縄県宜野湾市真志喜1丁目11-11
電話 098-880-3550
FAX 098-880-3772
・手作り月桃のせっけん 1個1890円
・沖縄産の月桃100%の月桃茶 1260円(1、5g×15パック)
※詳細についてはHP「サルピス21」をご覧下さい。

VTR内でご紹介した「月桃香」

「株式会社オキネシア/OKINESIA Inc.」

住所 沖縄県那覇市首里金城町4-71-12
電話 098-882-2577
FAX 098-882-2578
・うる月桃香/ハーブ 1575円(20巻×1箱)
※詳細についてはHP「オキネシアの店 島涼みonline」をご覧下さい。

キレイの素 沖縄編(3)踊り手の美しさを引き立てる 紅型

美人琉球舞踊家 西村綾乃さんは母が琉球舞踊の先生という家庭で育ち、物心ついた時にはすでに踊っていたそうです。
国内だけでなく、海外でも大好きな沖縄の踊りの魅力を伝えてきました。
そんな踊り手の美しさを引き立たせるのが沖縄伝統の染物“紅型”。
紅型は、インド、中国、そして、日本の友禅などの影響を受けて生まれた縄独自の染物。
今では数少ない伝統的な手法を守っているのは、山田さん親子。
まずは布地に型紙を置き、上から糊をのせていきます。
山田さんが使う材料はすべて昔ながらのもの。
のりは、ぬか・餅米を石臼でひくところから手作りしているんです。
紅型の特徴は顔料を使う事。染料とは違い表面だけに色を刷り込んでいきます。
この時になくてはならないのが、女性の髪の毛でつくった刷毛。
なぜ、女性の髪なんでしょうか。
女性の強さ・やさしさも色に現れているんです。
まとう人の気持ちも豊かにしくれる沖縄の伝統美です。

VTR内でご紹介した「紅型」

「普天満紅型工房」

住所 沖縄県宜野湾市普天間1-10-12
電話&FAX 098-893-2133

青森編

本州最北端の青森県。肌がきれいな美人の産地です。その美しさの秘密はいったい何?
りんご?ほたて?きれいな水?
一回聞いただけでは、何のことかはわからない。でも、青森の伝統が今も生きる数々の美人の素をご紹介。
さらに、ATV池田麻美アナがずっと行ってみたかった、オモシロ美術館を直撃!

キレイの素 青森編(1)寒冷地でも強く育ったそば はしかみあわせ

階上早生(はしかみわせ)、とは香り豊かな、青森南部独特のそばの種類のことなんです。
そばはご存じのとおり、ルチン、ビタミンB群、ミネラルが豊富な健康食材。
ここ南部ではその階上早生を使った、郷土料理もたくさんあるんです。
そのひとつが、打ったそばを三角に切った、そばかっけ。
寒くても育つそばは、冷害の時の備えとしてこの一帯では重宝されてきました。
そもそもかっけとは…?
そばを打った切れ端のこと。かけら、も残さず食べるための工夫なんです!
ネギやニンニクなどを和えた味噌をつけて頂きます。
そんなキレイの素、そばを使った串餅、も南部の名物。
練ったそばにえごまを和えた味噌を塗り、炭火であぶります。
日ごろから階上早生を食べているお母さんたちは、さすが皆きれいなお肌をされてます。

VTRでご紹介した階上早生(そば)

「そば処 けやぐ」

住所 南部町大字平字姥懐8-3
電話 0178-76-1060

キレイの素 青森編(2)年をとらないと本当のおいしさはわからない!? トコロ

健康美人になれる青森の食べ物をもうひとつご紹介。
それがトコロです。
同じく南部町で食べられているトコロ、とは?
青森の春の味覚は、南部地方の野に育つヤマイモの仲間。
洗ってヒゲを取り、木の灰汁(あく)と一緒に2時間以上煮ていきます。
その後、更に水洗いし皮をむきます。
と、実に手間のかかる食物。食べられるようになるまでになんと半日もかかるんです。
独特の苦みを持つトコロですが、好きな人にはそれが堪らないそう。
コレステロールの除去や、動脈硬化を抑える働きを持つといわれているサポニンと、食物繊維がとっても豊富で、美容効果ももちろんバツグン!
年をとらないと本当のおいしさがわからないと言われる不思議な食べ物なんです。

VTRでご紹介したトコロ

「名川チェリーセンター」

住所 南部町大字虎とあざ西山27-1
電話 0178-75-0194

キレイの素 青森編(3)心がキレイになるおススメスポット! TAC

青森を代表する八甲田山。その南に位置する十和田市に一昨年オープンしたのが、十和田市現代美術館。
開放的な建物の敷地。いきなり巨大な作品が出迎えます。
フラワーホースという名の通り、花を全身にまとった馬。
コスタリカのハキリアリ、をモチーフにしたシャープな作品も。
そして、建物の中に入れば…身長4メートルの巨大な女性が出迎えます。
この大きさなのに髪の毛や血管、皺にいたるまで、すべてを克明に再現しています。
見る人はみな、その大きさと繊細さとのギャップに、時を忘れて思わず見とれてしまうはず。
そう、ここはお客が作品に出会い、色んな体験をすることを目的とした美術館。
オノ・ヨーコさんが作った念願の木は、訪れた人が短冊に願いを書くことで作品として完成します。
巨大なシャンデリアのようなオブジェは、よく見てみると…人の形をしています。
肩車の果てしない連なりで作り上げたものは、赤から白へ変わるグラデーションが、奥行きを与えています。
この十和田市現代美術館の仕掛け人の一人、小林央子(ようこ)さんはとってもきれいな青森美人。
特任館長を務めています。
美術館のコンセプトは、美術館が面する街の大通りそのものをアート空間にしようというもの。
水玉模様で有名な草間彌生(くさまやよい)さんの作品などで彩られる世界は来月末にお披露目される予定です。
もちろん美術館の建物も、ひとつの作品になっています。
街とアートの関わりはほかにもあるんです。
国内外のアーティストと市民が触れ合うイベントを定期的に開催しており、十和田の活気をアートの力で生み出そうとしています。
美術館には予想をはるかに上回る人が、全国から訪れています。

VTRでご紹介した十和田市現代美術館(TAC)

「十和田市現代美術館」

住所 十和田市西二番町10-9
電話 0176-20-1127
※4月24日(土)から
アーツ・トワダ グランドオープン記念「草間彌生 十和田でうたう」展が開催されます

キレイの素 青森編(3)母から子に受け継がれてきた伝統工芸 こぎん

津軽地方に伝わる青森の伝統美・それが、こぎん。
こぎんとは刺し子のこと。目が詰まった幾何学的な模様が特徴です。
模様を刺す工程をすべて手仕事で行うこの伝統工芸品、様々な品を美しく彩ります。
一針一針、丹念に目を拾っていく根気のいるこぎん刺しを60年続けているのが、佐藤美奈子さん。
青森こぎん製作所を束ねる職人です。
今ではその技法を知る人も少なくなりましたが、
かつては、農家に生まれた女性なら皆刺せたというこぎん刺し。
そもそもは江戸時代、綿は贅沢品として禁止されていた農民が、目が粗い麻の着物に細かく糸を施し、防寒性、耐久性を向上させたのが始まり。
糸で覆う面積を出来るだけ大きくすることが防寒になるためこのような模様になったそうです。
とはいえ、これをすべて手で刺すのは大変な作業、大きいものは完成まで半年以上かかります。
そんな模様には、すべて意味があります。
蝶々やひょうたん。実用一辺倒ではない楽しい模様は、昔の女性の遊び心の表れです。
長年に及ぶ手仕事、布をしっかりと握り締め続けた歳月がいつしか指の形を変えていきました。
その誇りが生みだすこだわり。
洗濯したときの縮みを考慮して、糸を引っ張らないよう優しく布の上に乗せるのもそのひとつ。
裏から見てもきれいになるよう仕上げます。
その心配りで一つ一つ作られた商品は青森だけにとどまらず全国にファンを持ちます。
津軽ならではの歴史と風土が生んだこぎん刺し。
そのため、各地のデパートの催事にも積極的に参加。
そこで出会う人たちとのふれあいが、何よりも大切なんだそうです。

これを現代風にアレンジする作家がいます。
それがリーテさん。
3年前にこぎんの魅力に魅かれ、以来自宅の一角を改造した工房で作業に没頭しています。
伝統を踏まえながら、新しい模様を作りだすのがリーテさんのやり方です。
リーテ、とはスウェーデン語で小さいという意味。
ささやかな取り組みですが、少しずつ誰かの手元に届けることが出来たら嬉しいと思ってつけた名前です。
商品も少しずつしか作れないため、お店を開くのは毎月3日間のみ。
そんなリーテさんに、最近頼もしい味方が出来ました。8歳になる娘の凛(りん)ちゃんです。
デザインも自分で考える立派なスタッフの一人なんだそう。
かつて津軽の農家では、6歳から覚えたというこぎん刺し。
母から子へ受け継がれてきた伝統は、青森の小さな部屋の中で息づいています。

VTRでご紹介したこぎん

「青森こぎん製作所」

住所 青森市桜川7丁目11-23
電話 017-741-9026

「こさじ舎」

住所 青森市新田2丁目3‐19‐1
※4月の営業は22日〜24日

静岡編

日本が世界に誇る霊峰・富士山がシンボルの静岡県は、
「美人多し!スポーツ落とせ」の標識や「美人ヶ谷」という名前の停留所があるくらい美人が多いんです!
静岡県といえば、ウナギにお茶など美容にいいものはたくさんありますが、今回はSBS重長智子アナおススメのキレイの素をご紹介!

キレイの素 静岡編(1)天然のサプリメント 桜海老

静岡の駿河湾でしか取れない食材といえば桜海老!
桜海老を乾燥させるときに見られる、“桜色の絨毯”は静岡に住む人なら誰もが一度は見る風景です。
そんな静岡特産の桜海老は栄養満点!
牛乳の7倍のカルシウムに、鉄分・亜鉛・コレステロールを下げるタウリンまで。
そして食物繊維もとっても豊富な、まさに「天然のサプリメント」なんです!
この桜海老漁が昔から盛んな清水区由比にある「井筒屋」は、創業およそ100年の老舗。
イチオシの料理は桜海老尽くしの「由比定食」
なかでもメインはやはり定番のかき揚げ。サクサクの食感と、凝縮されたうまみを堪能できます。
でも、なかには油が苦手な人もいますよね?
そんな方にはこちらのヘルシー料理を。その名も「沖あがり」。
煮たったところでサクラエビを入れるだけと、とってもシンプル。
油を一切使わないので、とってもヘルシーなんですね。
「沖あがり」という名前は、漁に出た夫の帰りを待つ妻が、
沖から帰ってきた夫にすぐ出せるように作ったことから名づけられたんだとか。
桜海老漁の解禁日は今月31日!これからが旬ですよ!

VTRでご紹介したサクラエビ料理

「井筒屋」

住所 静岡市清水区由比314
電話 054−375−2039
・由比定食 1650円
・沖あがり鍋(漁期限定) 1050円

キレイの素 静岡編(2)脇役が主役に!?絶品わさび鍋

伊豆の小京都とも呼ばれる修善寺。
山と川が織りなす落ち着いた雰囲気のこの町にキレイの素があります。
伊豆の清流「狩野川」の上流で、栽培されている“天城わさび”。
ほどよい辛さと旨みをもち、国内最高級とも言われています。
わさびにはお肌をきれいに保つビタミンC、
これが多く含まれているんです。さらに解毒作用があるため、血液もサラサラに!
でも、わさびといえばやっぱり薬味ですよね?
ところが!そんな脇役だったわさびを主役にしたお料理があるんです!
なんとそれは、わさび鍋!
具材の主役はこの大きな天城わさび、丸ごと1本!
これをぜ〜んぶすりおろして…大根おろしと一緒にお鍋に入れちゃうんです!
意外に思うかもしれませんが、わさびの風味はあっても「甘さ」のほうが強いんです!
他にもわさび寿司やわさびパスタなど、さまざまなわさびをメインにした料理があります。

VTRでご紹介したわさび鍋

旅館「白壁荘」

住所 伊豆市湯ヶ島1594
電話 0558−85−0100
・わさび鍋プラン(1泊2食付・一人) 1万5000円〜

キレイの素 静岡編(3)樹齢二千年のパワースポット

来福・縁起の神としておよそ1300年という歴史を誇る来宮神社。
その中でも若い女性がこぞって訪れるのが・・・樹齢2000年のご神木、「大楠」。
高さ、太さ共におよそ20メートルという全国2位の大きさを誇ります。
この大楠を1周回ると寿命が1年伸び、さらに願い事がかなうという伝説があるんです。
休日ともなるとたくさんの人が大楠の周りを回っています!
生まれも育ちも熱海のミス熱海のお二人も、昔からよく大楠の周りを回っているんだそうです。

VTRでご紹介したパワースポット

「来宮神社」

住所 熱海市西山町43−1
電話 0557−82−2241

キレイの素 静岡編(4)手織りの伝統を残したい 葛布タオル

続いてやってきたのは懐かしのSLがそばを走る、大井川。
初夏になると、大井川沿いに青々とした葉をつける葛。
実は葛にはアラントインという皮膚を強くする成分が入っているんです。
今、この葛を使ったタオルがお肌にいいと女性に大評判!
作られている工房で実際に触ってみると、意外と手触りは硬め。
しかし、一回水で濡らしてみると・・・硬すぎずやわらかすぎずの最高の手触りに!
今や斜陽産業となってしまった葛布産業。
ご主人は手織り葛布の伝統をなんとか残したいと言います。
是非ためしてみてほしい、逸品です。

VTRでご紹介した葛布タオル

「大井川工房」

住所 島田市金谷河原1747
電話 0547−45−4151

・葛布タオル 3150円

和歌山編

近畿二府四県の中でも真っ先に春を感じられる和歌山からは、和歌山ならではの食をこよなく愛する美人や日本三美人の湯にも数えられる名湯をご紹介。さらに、MBS高井美希アナが、和歌山ならではの天然のコラーゲンを豊富にとれる美肌料理に舌鼓!

キレイの素 和歌山編(1)朝ごはんの定番もキレイの素 梅酢

和歌山はみなべ町にあるぷらむ工房は、およそ80種類の梅製品をそろえる、梅パラダイス。
梅をこよなく愛する【ぷらむけいこ】こと、岩本恵子さん(53歳)は梅農家に生まれ、創業100年を超える梅干し屋に嫁いで30余年。
今まで食べた梅干しの数は3万8690個で、海外旅行にも必ず梅を持っていくという筋金入りの梅干好きです。
そんなぷらむけいこさんイチオシのキレイの素である梅酢は、梅を塩漬けにしたときに出る汁である「梅酢」。
万能調味料の梅酢は、クエン酸が多く含まれ、血糖値の上昇を防ぐ効果があるそうです。
数々のオリジナル梅料理レシピを考案してきたぷらむけいこさんに梅づくしヘルシー朝ごはんを聞いてきました。
梅干しの年間生産量は400トンと日本屈指の梅大国和歌山らしい、キレイの素です。

VTRでご紹介した梅料理の店

「ぷらむ工房」

住所 和歌山県日高郡みなべ町晩稲1187
電話 0120−39−2406
営業時間 8:30〜17:15
定休日 年中無休

VTRでご紹介した朝ごはんレシピ

ぷらむけいこ特製 超簡単!梅づくしヘルシー朝ごはん レシピ

●アジの梅酢焼き
【材料】梅酢(アジが浸る程度)、アジ1匹(お好きな魚でOK)
(1) 梅酢にアジを1分弱浸す
(2) グリルで焼く

●梅おかかミックス
【材料】梅干し3個、かつお節3g、すりごま大さじ1、しょうが1かけ、塩こんぶ大さじ1、しょう油大さじ1
(1) 梅の種を取り除き、たたいて梅肉にする
(2) (1)にかつお節、すりごま、みじん切りにしたしょうが、細かく刻んだ塩こんぶを合わせて混ぜる
(3) 香り付けにしょう油を加える

●梅と春雨のスープ
【材料】梅干し1個、こぶ茶 小さじ2/3、春雨12g、あおさ適量
(1) カップにこぶ茶、春雨を入れ、梅をのせる
(2) お湯を180cc〜200cc注ぐ
(3) あおさをのせる

●旬野菜の梅酢サラダ
【材料】梅酢大さじ3杯、キャベツ100g、にんじん50g、きゅうり1本、なす1本、りんご1/4個、ミョウガ2個
(1) 野菜を細かく刻む
(2) 梅酢をかけ、1〜2分手揉みする
(3) 野菜から水が出てきたら手で絞って盛り付ける

キレイの素 和歌山編(2)日本三美人の湯 龍神温泉

「群馬県の川中温泉」「島根県の湯の川温泉」と合わせて日本三美人の湯に数えられる龍神温泉は、
1999年に国の登録有形文化財にも指定されるほどの由緒正しい温泉。
今回訪れたのは龍神村にある『龍神温泉 上御殿』。
そのなかでも「御成り間」は江戸時代初期に当時の紀州藩主である徳川頼宣(よりのぶ)が、龍神温泉へ湯治(とうじ)に訪れるため作られた部屋なんです!
肝心の温泉の特徴は、体についた余分な皮脂を落としお肌がすべすべになるということ。
29代目女将の龍神千恵子さんは1日2回(朝・夜)入浴しする上、温泉を飲んだり、料理にも使うそうです。

VTRでご紹介した美人の湯

「龍神温泉 上御殿」

住所 和歌山県田辺市龍神村龍神42
電話 0739−79−0005
・宿泊料金 御成の間 1泊2食 19050円(1部屋2人まで・税サ込み)

キレイの素 和歌山編(3)

見た目はグロテスクでも、美容にいいものはやっぱりある!
それが和歌山特産!「うつぼ料理」
うつぼの皮と身の間にはぷるぷるコラーゲンがたっぷり!
和歌山県田辺市では、昔から美容健康食材として食べられていたそうです。

VTRでご紹介したうつぼ料理の店

「紀州の味処 銀ちろ 塔の内店」

住所 和歌山県田辺市宝来町7−29
電話 0739−24−8666
営業時間 11:00〜21:00
定休日 水曜日・不定休
・うつぼ薄造り 1260円(要予約)
・うつぼタタキ 945円
・うつぼチゲ鍋 4200円(VTRは2人前)

キレイの素 和歌山編(生中継)世界遺産のまち 和歌山県新宮市から

世界遺産のまち和歌山県は新宮市から、MBS八木早希アナウンサーが、熊野川を舟でくだりながら、とっておきの春の景色をお届け!さらに、新宮市の木にも認定されている「天台烏薬」という木を使った、キレイの素もご紹介!

生中継内で紹介した熊野川川舟下り

(問)川舟センター

住所 和歌山県新宮市熊野川町田長57−1
電話&FAX 0735−44−0987(予約制)
大人3900円
子ども2000円

生中継内で紹介した川舟下りと花まつり

(問)川舟センター

住所 和歌山県新宮市熊野川町田長57−1
電話&FAX 0735−44−0987(予約制)
平成22年4月4日まで
各日8名(最小催行人員4人)
集合時刻10:00am
参加費用1万円
(衣装代・乗船料・速玉大社正式参拝料・弁当代・保険料込み)
※雨天中止

生中継内で紹介した天台烏薬 徐福 ナチュラルソープ

(問)財団法人新宮徐福協会

住所 和歌山県新宮市徐福1−4−24
電話 0735−21−7672
1個 1500円(税込み)

鹿児島編

本州最南端 美しい自然と南国ムードが漂う「鹿児島県」では、頑固で豪快な薩摩男を支える、
おおらかで気立てのいい薩摩女性を“よかおごじょ”と言います。
そんな薩摩っ子に欠かせない美人の素を、鹿児島ならではの色「黒」をキーワードにMBC美坂理恵アナがご紹介します!

キレイの素 鹿児島編(1)鹿児島ならではのドリンクバー 黒酢バー

言わずと知れた美容食材「黒酢」。アマン壷の中で長期にわたり熟成・発酵された黒酢には
アミノ酸を始めとする美容の素がぎゅっとつまっています!
そして、全国にドリンクバーはあると思いますが、鹿児島ではやっぱり黒酢入りのドリンクが人気。
100%鹿児島産の玄米を発酵させて使った自社製黒酢、海洋深層水を使用しているので口当たりが
さらにまろやか。生のフルーツと一緒に黒酢を混ぜると、より飲みやすくってオススメです。

VTRでご紹介した黒酢のお店

「Su+(スープラス)」

住所 鹿児島市東開町7 イオン鹿児島ショッピングセンター 1階
電話 099-262-1731
10時〜22時、定休日 なし(年中無休)
ドリンク価格 いちご黒酢 350円 バナナミルク黒酢 280円
ブルーベリー黒酢 400円

キレイの素 鹿児島編(2)黒酢を飲んで育った 黒酢ブリ

そんな「黒酢」をゴクゴク飲んで育った「黒酢ブリ」もやはりキレイの素。
ピチピチ活きのイイ黒酢ブリ、とっても大物!約8.5kgもあるんです!
鹿児島県はブリの養殖が盛んに行われている地域なんですが、なかでもこの黒酢を与えた「ブリ」は、大きく立派に育つと大評判!
健康のために普段から黒酢を飲んでいたご主人が、ブリに与えてみたのがそもそもの始まりで、黒酢を与えることで、無投薬で済むのも大きなメリット。体にも安心なんです。
血液をサラサラにしたり、中性脂肪に効果的なDHAやEPAが養殖はもちろん天然ものより、多く含まれていることも調べてわかったんです。
おいしくてさらに健康にもイイ、言うことなしのキレイになれる逸品です。

VTRでご紹介した黒酢ブリ

「福山養殖」

住所 鹿児島県霧島市福山町福山4050
電話 0995−55−2358
値段
・6kgサイズ丸魚 9200円
・1尾加工セット 10800円(刺身柵×8個、頭半分×2個、カマ×2個、アラ×2個)
・半身加工セット 6200円(刺身柵×4個、頭半分、カマ、アラ)
全部、税込、送料込、代引き代込みの価格です。
水揚げした翌日にはご家庭にお届けできます。

キレイの素 鹿児島編(3) 鹿児島の「黒」がたっぷり! 黒カレー

鹿児島の黒がたっぷり詰まった「黒カレー」。

13種類以上のスパイスをしっかり炒めた玉ねぎ、トマトペーストと混ぜ合わせます。
ここで登場するのが鹿児島の黒の食材、黒酢に黒ゴマ油、さらに表面を軽くソテーした黒豚を投入。そしてあの黒〜い色をだすのに使うのが…なんと竹炭!
鹿児島は全国でも有数の竹林県。その竹炭をパウダー状にし、カレーに加えていきます。
色付けとしてはもちろん、抗酸化作用もある竹炭。
刺激的なスパイスをまろやかにしてくれる役割もあるんだとか。
黒豚の甘みとコク、黒ごま油の香ばしさと深い味わい、そして黒酢がさっぱりとまとめてくれるのでほんとに食べやすくてクセになる!
二口三口と進むうちに出てくるのは大量の汗!
まるでスポーツをした後のような爽快感!ぜひ体験してください!

VTRでご紹介した黒カレー

「カレーテリア 沙羅」

住所 鹿児島市東千石町5-26
電話 099−223−8240
11:30−14:00 (土・日曜日:15:00)
毎週月曜日定休
黒カレー 1350円(ルーのみ)
       1500円(ランチサービス) サラダ・ナン・ライス付き

キレイの素 鹿児島編(4)鹿児島究極のおしゃれ着 大島紬

とびきりのよかおごじょ 黒美人をご紹介!
今年36歳という笑顔の可愛い着物美人。
本場大島紬を販売するアンテナショップ店長の蓮尾(はすお)さんは、
「黒」の美しさが特徴の「大島紬」のミスクイーン。
1300年前から受け継がれてきた「大島紬」は、奄美独特の鉄分の多い泥を反応させ、黒の濃淡、つや、光沢を出す伝統的な織物。
おばあちゃんの代から受け継がれていく鹿児島女性にとっての究極のオシャレ着なんです。
そもそも 島の人たちが普段着として着ていたものなので、非常に軽くてしかもあったかい。
「黒」と聞くとシックなイメージですが、帯や小物で雰囲気ががらりとかわるのでかわいくも粋にも着られると、若い女性にも人気。
最近では大島紬を着るとお土産をくれたり、ドリンクのサービスがあったりするイベントも行われています!

VTRでご紹介した大島紬

「本場大島紬アンテナショップ 織姫館」

住所 鹿児島市東千石町8−26(天文館ぴらもーる)
電話 099−213−9188
10:00〜20:00
定休日:年末年始のみ(12月31日〜1月2日まで)

キレイの素 鹿児島編(5)よかおごじょご推薦! 黒温泉

桜島や霧島連山などの活火山を抱えている鹿児島は、2000以上の源泉を持つまさに温泉天国!
なかでも、JR鶴丸駅に併設しているこちらの公衆浴場、地元では有名な「美人湯」なんです。
お話通り、ほんとに真っ黒!!黒温泉です!
地元では「コーヒー風呂」として親しまれている真っ黒のこのお湯の正体は、世界でも珍しいモール泉だったんです。
国内では北海道・十勝川温泉が有名ですが、近年鹿児島でも見つかりました。
ちょっとワラのような甘い香りがするこの黒温泉。天然の保湿成分がたっぷりなんです。
泉質が植物性でまろやかなため、刺激も少なく肌に優しい温泉です。
お湯は決して熱くないんですが、2〜3分でこの吹き出てくる汗!発汗作用がすごいんです!
温泉で心もほっこり。
ぜひ鹿児島の「黒」みなさん試してみてください!

VTRでご紹介した黒温泉

「鶴丸温泉」

住所 鹿児島県姶良郡湧水町鶴丸622−5
電話 0995−75−2858
6:00〜21:00 年中無休
入湯料
大人 200円 小学生 100円