知っとこ!
今週コレ知っとこ!

自分で作ればもっとおいしい!自家製にチャレンジ 2010/02/13

オレンジ色で、半透明の紙。何に使うモノかといいますと…
例えば、これにサーモンを包み、ラップをして冷蔵庫で2日間寝かせると、なんと不思議!スモークサーモンが作れちゃう、優れもの。
シートに薫製の香りがしみ込んでいるので、火を使わずに、包むだけで、薫製が作れるんです。
この他にも、今、ちまたでは本格的な食材を自分で作る!という方が、増えているんだとか。
ソーセージや、こんにゃく、納豆だって、自分で作れるんです!
そうそう、今年は、バレンタインチョコも、本命の彼には、手づくりなんだとか。
日本最大と言われるレシピ検索サイト「クックパッド」でも、「自家製」レシピがずらり!
自分で作れば安心、しかも安くて美味しい〜!
自家製生活を満喫している方々に注目!食べておいしいだけでなく、ものづくりの面白さや、完成を待つ楽しみ。なんでも自分で作っちゃいましょ〜!!
知っとこ!自分で作ればもっとおいしい!自家製にチャレンジ!!!!

VTRでご紹介した 自家製グッズ のお問い合わせ先

マロニエゲート 東急ハンズ銀座店

住所 東京都中央区銀座2-2-14マロニエゲート5〜9階
電話 03-3538-0109(代)
燻製シート 1680円

自分で作ればもっとおいしい!自家製にチャレンジ(1)クックパッド

レシピ検索サイト「クックパッド」。一般の方々が投稿した自家製レシピなので、家にあるもので作れます!
自家製初心者におすすめのレシピを、教えて頂きました。
これだけの材料で、本格的な自家製食材が作れるそうなんです。
豚のバラ肉に・・・岩塩とコショウ。そして、なぜか紅茶のティーパック。何ができあがるんでしょうか?
なんと!買うのが当たり前と思っていたベーコンが簡単に作れちゃうんです。
まずは、豚バラ肉に、岩塩とコショウを丁寧に刷り込みます。これを袋に入れ、冷蔵庫で2日間寝かせます。そして、香りづけに、紅茶の葉っぱを使うんです。寝かしたお肉の脂身を下にして、紅茶の葉にのせます。
あとは、余熱した120℃のオーブンで、90分焼けば…本格的なベーコンの完成です。
少し冷ませば、紅茶の葉っぱは、パラパラと取れます。
そのまま食べるもよし、色々な料理に使うもよし、ぜひ作ってみたい!自家製ベーコン!
ベーコンに合わせて、もう一品。自家製ニョッキなんていかがですか?こちらも簡単!
ゆでて皮を剥いたじゃがいもをつぶし、強力粉と塩ひとつまみを加えるだけ。
添加物一切なしのじゃがいものニョッキ。一口大に丸め、フォークでおめかし。あとは、ゆでて、浮かんで来たらできあがり。
自家製ベーコンと、お好みのソースをからめれば、ぜ〜んぶ自家製!のベーコン&じゃがいものニョッキ。
自分でつくれば、塩分や甘みの調節も完璧です!

VTRでご紹介した クックパッド のお問い合わせ先

クックパッド公式ホームページにて、レシピ名と作者さんのお名前で検索してください。

自分で作ればもっとおいしい!自家製にチャレンジ(2)料理研究家・濱田美里さん

ぬか漬けや梅干し、寒い時期には、干物。昔は、どの家庭でもあたりまえに作っていた、季節の保存食。干すとうま味が増す干物は、今おすすめです。
濱田さんは、そんな手仕事に光をあて、作る楽しさを今に伝えようとしています。
日本全国のお年寄りの家をたずね歩き、梅干しをはじめ、保存食づくりを学びました。
その感動を味わいたいという、若い世代も、濱田さんの元に、たくさんやってきます。
大根、レンコン、カリフラワーは今、おいしい時期。そんな白い野菜のピクルス。
ピクルス液は、火をつける前の鍋に、はちみつ、塩、お酢を入れ、さらに、チキンスープを入れるのが、濱田流!
うま味が増して、塩分をおさえることができるんです。あとは野菜をひとくち大に切るだけ。
ダイコンの代わりに、カブを使ってもおいしいそうです。レンコンは、切ったあと、水につけて少しアク抜きをします。
先ほどの鍋を火にかけ、沸騰したら、火が通りにくいカリフラワーを入れ、20秒後に、レンコンを。
煮立つのを待って、ダイコンを加えます。
最後に、ローリエ、にんにく、粒こしょうを入れ、熱いうちに保存瓶へ写します。
こうすることで、冷めながら野菜にダシが染みていきます。さっと火を通しただけなので、野菜はシャキシャキのまま。
冷蔵庫に入れて1週間ほど食べられます。
ゆずや、橙で絶品ポン酢の作り方も!橙をしぼった果汁を、保存瓶に入れます。
ゆずは酸味が強いので、少なめに。そこへしょうゆ、米酢、そして、一度煮立てたみりんを加えます。
最後に、だし昆布と、かつおぶしを加えたら、終わり。10日ほど待って、自家製ポン酢の完成です。

VTRでご紹介した 料理研究家・濱田美里さん のお問い合わせ先

・ピクルス&ポン酢のレシピが掲載されている本
 「濱田美里の季節の手仕事帖」(河出書房新社)
・濱田さんの詳細は、公式ホームページ「濱田美里の天才食堂」まで
 季節の料理を学べる教室も開講されています。

自分で作ればもっとおいしい!自家製にチャレンジ(3)おおぞらおやじの会・味噌組

富士山を望む、おおぞら幼稚園。ここでも、季節を感じる、ある自家製食材づくりが行なわれていました。
幼稚園の子供たちに、お父さんお母さんも参加して楽しそ〜です。
こちらの幼稚園では、毎年2月、園児と父兄が一緒になって自家製味噌を作ります。
やわらかく煮た大豆をつぶし、塩と糀をよ〜く混ぜ合わせたら完成。失敗がなく、子供たちにも簡単に作れます。
この味噌づくりには、縁の下の力持ちたちが居るんです!
みんなが使う大豆を水でもどしたり、やわらかくなるまで炭火で煮たり、味噌づくりの手間がかかる部分は、
園児や卒園生のお父さんたちが自ら進んで準備します。
そんな彼らは「おやじの会」と呼ばれ、園長先生を中心に、ちょっと一杯飲みながらですが…自家製味噌が大好きな方々。
さらにすごいのは、味噌だけにとどまらず、自家製ソーセージを作ったり、蕎麦打ちに挑戦したりと、かなり積極的なところ。
おやじの会を目当てに、入園するご家族もいるそうです。
味噌づくりの合間には、昨年のお味噌の出来栄え比べ。同じ条件で作った味噌ですが、表情は様々。
おやじの会は、この春結成から10年。中には10年前からずっと味噌を作り続ける、ベテランも。
育てて楽しむ自家製味噌。園長さんは、幼稚園の庭で育った三浦大根を炊いて、ふろふき大根を、みなさんに振る舞います。
自家製味噌だと、特別おいしいそうです。
こちらは、焼いたトーストに、うすく味噌をぬって味噌トーストに。
味噌、鰹節、ざらめ、うずらの卵が入った器に、アツアツのお茶を入れて、香りも一緒に頂きます。
みなさん味噌の食べ方にも、こだわりがあるようです。春巻きにしたり、甘めに味付けした味噌を、焼き餅にのせて食べてもおいしいそうです。
極めつけは、卵の黄身を味噌漬け。
今年もたっぷり仕込んで、完成は半年後。来年の味噌づくりの会が、すでに楽しみなお父さんたちでした。

VTRでご紹介した おおぞらおやじの会・味噌組 のお問い合わせ先

詳細は、おおぞら幼稚園の公式ホームページまで

自分で作ればもっとおいしい!自家製にチャレンジ(4)タミさんのパン焼器

自分が作ればもっとおいしい!自家製のおやつはいかがでしょうか?
岩手県は水沢にある、南部鉄器の鋳造工場。溶けた鉄を鋳型に流しこんで、一つ一つ、丁寧に作られているのが、こちらのお鍋。
その名も「タミさんのパン焼器」。これを使えば、20分ほどでふわふわアツアツ、ドーナツ型のおやつが焼けます。
この「タミさん」は、実在の人物。近江タミ子さん、御年95歳。
戦後、タミさんが使っていた鍋をヒントに作ったので、名前をもらいました。
タミさんの手づくりおやつ。その味は、今も娘、洋子さんの想い出に残っています。
今のお母さんたちにも、子供たちに手づくりのおやつを作ってあげてほしい。
そんな願いをこめて、タミさんのパン焼器は生まれました。作ったのは、タミさんのお孫さん。
今では、タミパンという愛称で呼ばれ、顔を知らない人から、「タミさん元気?」なんて、連絡があるそうです。
南部鉄器と言えば、鉄瓶だったイメージを覆したタミパン。今では、こちらの一番人気の商品に。砂を固めて作られた鋳型。
流し込んだ鉄が冷えたら砂を崩して鍋を取り出します。少しでも使いやすいよう、角は丁寧に磨いて丸くします。
本体もフタも熱くなるので、全体が均一にあたたまります。
深い鍋ですが、真ん中に煙突状の突起があるので、とても早く焼けるんです。
タミさんに、おすすめのおやつ焼いてもらいました。卵2個を泡立つくらい、しっかりかき混ぜます。
小麦粉と、砂糖、ベーキングパウダーを入れ、牛乳、サラダ油を加えて、さっくり混ぜます。
ここで混ぜすぎると硬くなるので、ご注意を。
あらかじめ温めておいたタミパンにバターをぬり、さきほどの生地を流し込み、あとは、フタをして焼くだけ。一番小さい火で、およそ20分焼きます。
そろそろかなという頃にフタをあけて、ふっくらとして、生地が手につかないようなら完成です。
火から下ろし、お鍋を逆さまにして、軽くふれば綺麗に離れます。手づくりの素朴なおやつが、焼き上がりました。
戦後まもない頃、タミさんが子供たちのために焼いたおやつ。その素朴さを今に伝える、やさしい味。
お好みで、クルミやレーズンを入れてもおいしいそうです。
また、生地にココアパウダーを入れて、アーモンドスライスをのせれば、「ココアナッツ」のできあがり。
抹茶パウダーを入れたら、和風の焼き菓子に早変わり。
お菓子だけでなく、タミパンでは焼き芋や蒸し野菜を作れます。
ひ孫の美穂子ちゃんは、タミパンで焼くおやつが大好き。4世代に渡って愛される、やさしい母の味。
今では家族が30人。みんな手づくりおやつの美味しさを知っています。
そこには、みんなの想い出が加わって、この先もずっと受け継がれていくことでしょう。

VTRでご紹介した タミさんのパン焼器 のお問い合わせ先

及源鋳造株式会社

住所 023-0132 岩手県奥州市水沢区羽田町字堀ノ内45
電話 0197-24-2411
タミさんのパン焼器 通常サイズ6300円 /ミニサイズ4200円
公式ホームページにて(ネット通販可能)
お鍋にパンの焼き方レシピがついています。