知っとこ!
今週コレ知っとこ!

シリーズ第10弾!これぞ絶品お取り寄せアツアツごはんの友  2010/01/23

今回もごはんにピッタリ、朝食にも超オススメな、こだわりの逸品を集めました!
未知の味わいトロトロ煮豚、中尾さんもお気に入り老舗料理店の粕漬け、まったく新しいふりかけって?
鮮度と風味にこだわりぬいた超定番ごはんの友!
さらに!そんな絶品ごはんの友を使ったアイディアレシピも満載!
さらに!さらに!料理大好き人気女優の柴咲さんがごはんの友を作っちゃいます。
知っとこ!シリーズ第10弾!絶品おとり寄せアツアツごはんの友!

これぞ絶品お取り寄せアツアツごはんの友(1)煮豚

まずやってきたのは、瀬戸内海に浮かぶ香川県の小豆島。小説「二十四の瞳」の舞台であり、醤油やオリーブの生産で有名な島です。
そんな小豆島で愛され続けるお肉屋さん「お肉の山下屋」。
こちらが作っている絶品ごはんの友が豚バラ肉をくるくる巻いて甘い醤油ダレで煮込んだ「くるくる煮豚」。こちらのオリジナル商品です。
巻くことで中まで火が通りやすく脂身がとろーり。使用する豚肉は、大山高原のもち豚。
地元小豆島産の醤油に一番合う豚肉をと、20年かけて探しました。普通の豚バラ肉と比べ、脂身が多くて柔らかいのが特徴。
そのバラ肉を薄く3枚に開き1つずつ丁寧にくるくると巻きます。
さらにネットに入れて形を整えてから、スチームオーブンで余分な脂を抜きます。
そして特製の醤油ダレで煮込むのですが、小豆島産の手作り醤油にこだわります。
その醤油を作っているのが、江戸時代の安政2年創業の馬越(うまごえ)醤油(しょうゆ)。
小豆島では昔ながらの作り方をしている蔵は多いですが、馬越醤油はその究極と言えます。
今ではほとんど見ることのない大きな杉樽を使い、およそ一年半かけ、もろみを熟成させます。
決して機械では出せない昔ながらの手作りの味。ツンとこず、まろやかな味が特徴です。そんな醤油を使った甘だれで、肉を煮ます。
2時間コトコト煮込めば完成。豚肉の旨み、醤油の香りがバランスよく凝縮され染み込んでいます。
脂身がとろとろの煮豚はアツアツのごはんにピッタリ!
お勧めの食べ方はごはんの上にキャベツを敷いてその上に、くるくる煮豚をのせ、きざみのりと紅しょうがを添えた「くるくる煮豚丼」。
ごはんとキャベツにタレが染み込み、より食欲をそそる逸品です!
また、ごはん以外にも、マヨネーズとレタスとともにパンではさんだ煮豚サンドもおすすめ。朝食にはピッタリです。
お肉の山下さんのおすすめごはんの友をもう一品。オリーブ燻製手作りベーコン。
おなじく大山もち豚のバラ肉をオリーブの木のチップで燻製にしました。オリーブ独特の甘い香りがするベーコンです。
そんなベーコンを使った炊き込みご飯がおすすめ。里イモときのこと一緒に炊き上げました。オリーブと豚肉と里イモの甘みが見事に調和したやさしい味です。

VTRでご紹介した 煮豚 のお問い合わせ先

「小豆島 お肉の山下屋」

住所 香川県小豆郡土庄町甲1242-8
電話 0120−62−0353
FAX 0879−62−1320
※くるくる煮豚 100g595円(税込・送料別)  
  オリーブ燻製手造りベーコン 100g595円(税込・送料別)

これぞ絶品お取り寄せアツアツごはんの友(2)京粕漬

続いてやって来たのは、中尾さんもオススメだという東京は人形町にあります老舗日本料理店「魚久」。
こちらの絶品ごはんの友といえば、、、そう、京粕漬け。中でも人気は「ぎんだら」。
そのこだわりの作り方とは、まずぎんだらを切り身にします。その後の塩の仕方が重要なんだとか。
ここでしっかり味付けしないと、粕の味がぼやけてしまう。
そのため機械ではなく人間の手で塩ふり。無造作に見えますが、均一に塩が振られています。
職人のなせる業です。塩を振った切り身は一晩寝かします。使う酒粕は京都・伏見の清酒「富(とみ)翁(おう)」。
香り・味・コクどれも申し分ない一級品です。粕と砂糖を混ぜた粕床と切り身をサンドイッチ状に何層か重ねて漬けます。
こうすることによって、魚のツヤ感が増し、味のバランスが良く仕上がります。
このまま寝かせれば完成、、、、とはいかず、このあと「床返し」といって樽の中の魚全てに味を充分染み込ませるために、魚をいったん取り出して上下逆にして漬け直します。
濃厚な味付けにするため手間がかかっています。数日つければ完成。切り身にしっかり味が染み込んでいます。
ついつい勿体ないからと粕がついたまま焼いてしまいがちですが、焦げる原因になるのでしっかり粕を落としてから焼きましょう。
火加減は弱火でじっくり。ぎんだらの脂が溶け出し粕の風味をさらに引き立てます。
もうアツアツのごはん以外合うものは考えられません。しっかり味が付いているので、ごはんが進み思わずおかわりしちゃいそうです。
職人さんおすすめの食べ方を教えてもらいました。
ごはんの上に大根おろし、そしておろした生姜をのせ、その上に焼いて身をほぐした粕漬をたっぷりかけて
いただきます。
あっさり目が好きな方にはピッタリの食べ方です。また、魚久さんではちょっと変わった粕漬けも。
いか、ほたて、えいひれ。ごはんはもちろんお酒にも合う珍味です。

VTRでご紹介した 京粕漬 のお問い合わせ先

「魚久」

住所 東京都中央区日本橋人形町 1-1-20
電話 0120-011-520
FAX 03-3527-6887
※ぎんだら京粕漬 1切れ735円(税込・送料別)

これぞ絶品お取り寄せアツアツごはんの友(3)イタリアントマトふりかけ

つづいて、東京は新橋にあります「玉木屋」。天明二年(1782年)創業の老舗佃煮店です。
そんな歴史あるお店が、考えたまったく新しいふりかけが、イタリアントマト。
若者向けに考えた新しいふりかけ。半生状態のトマト・豚肉・にんにくなどが入っています。意外ですが、これがごはんにすごく合うんです。
アツアツはもちろん冷めてもおいしくいただけるので、お弁当に入れればお子さんも大喜びです。
また、こんな料理にも、、、玉ねぎやニンジンとごはんに混ぜて炒めれば、トマト風味のピラフに。
さっと混ぜるだけで本格的な料理ができちゃいます。また、ごはんに牛乳を加え、イタリアントマトふりかけを混ぜてチーズをのせて焼けば、トマト風味のドリアの出来上がり。チーズとの相性もピッタリです。

VTRでご紹介した イタリアントマトふりかけ のお問い合わせ先

「新橋玉木屋」

住所 東京都港区新橋1−8−5
電話 0120−484−292
FAX 043−247−3547
※イタリアントマトふりかけ 3パック315円(税込・送料別)

これぞ絶品お取り寄せアツアツごはんの友(4)海苔

続いてやって来たのは、佐賀県佐賀市。有明海に面するこの町でごはんの友と言えば、、、そう海苔!
海苔の全国生産量の約4割を占めている有明海は、海苔が育つには最適な条件がそろっています。
筑後川をはじめとする数々の河川が栄養をもって流れこみ、干満の差が最大で6mと全国一大きいため、
海底の栄養分が海水に混ざり合っているんです。
そんな有明海でこだわりの海苔を作っているのが漁師歴30年の島内さん。こちらが海苔の漁場。ポールにつながれているのが、海苔の付いた網です。
干潮で潮が引くと網が固定されているのでこのように海苔が空中に出ます。逆に満潮のときは海に海苔がつかるという有明海独自の方法なんです。
天候などによって潮の満ち引きが変わるため、毎日微妙に網の高さを調整します。
数センチの差で味が変わってしまうんだとか。島内さんはそんな海苔作りを子育てにたとえます。
また、島内さんは他の人より、あえて網の数を二割減らし、潮の流れを良くし、病気に強い海苔を作っています。
では、海苔をとっているところを見せてもらいましょう。
収穫はより歯ごたえのある海苔を作るため、海苔が引き締まる夜に行うんです。
潮の加減では夜中から朝方にかけて行うことも。伸びた海苔の先を半分ほどカットして収穫していきます。
とってすぐ加工へ。徹底した鮮度へのこだわりです。
鮮度が命の海苔。一気にカット、攪拌され板状の海苔に成型されます。それを焼いたのが島内さんの海苔。
現在、海苔の多くは品種改良された、丈夫で大量に取れる品種が主ですが、島内さんは昔ながらの「アサクサ種」の一種の海苔を作っています。
病気に弱く、獲れる量は少ないですが本当の海苔の風味と甘みを味わえるんだとか。
シンプルにアツアツごはんに海苔。しっかりとしているため、パリパリ感が長く続くのも島内さんの海苔の特徴です。
甘みも充分あるため、味付けは不要、口の中に入れると一気に磯の香りが広がります。
おにぎりや海苔巻きにも合いますが、奥さんがおすすめの料理を教えてくれました。
有明海産のカキを海苔でしっかりと巻き、卵の衣をつけて油で揚げます。海苔とカキの磯の風味をダブルで味わえる贅沢な逸品です。

VTRでご紹介した 海苔 のお問い合わせ先

「島内啓次さん」

FAX 0952-26-2999
※肥前海苔 1セット(30枚入り) 5601円(税込・送料別)
※ご注文はFAXか、サイト「うまいもんドットコム」内の注文でお願いします
※数に限りがございますので売り切れの際はご了承下さい