知っとこ!
今週コレ知っとこ!

この夏行きたい!美食の宿のとっておき土産知っとこ! 2009/07/11

夏に出かけたい涼しい旅。京都の山里にたたずむ名宿。
夏でも過ごしやすい北海道の美肌の湯。
全国の美食を誇るお宿のこだわりのおみやげを集めました!
お取り寄せ可!美食の宿の絶品みやげを知っとこ!

美食の宿のとっておき土産知っとこ!(1) 美山荘の鰻山椒、花山椒ちりめん

まずやって来たのは、京都の奥山にある花脊(はなせ)の里。街中より、3、4℃気温が低くとても涼やかです。
山深い場所にひっそり建つのが「美山荘」。
1895年宿坊として建てられたのが始まりで、魅力的な美食とおもてなしに全国の食通、旅通が絶賛するお宿です。
若女将が案内してくれたのは、ステキな庭を眺められる母屋。
数寄屋づくりの巨匠・中村外二(そとじ)によって改築された母屋にある襖絵は、先代が愛した版画家の作品。
それぞれの間の仕切り襖には春夏秋冬をテーマにした絵が描かれています。
お部屋は離れにあり、1日4組限定。案内されたお部屋は、かえで・岩つつじの間。
厨房を仕切るのは4代目の主人中東久人さん。
摘み草料理とは、単なる山菜料理ではなく、料理人が山に入り、自ら摘んだ草や山菜を美しい懐石料理に仕立てたもの。
素材の味を生かすのも摘み草料理の特徴です。
食事はお部屋でもいただけますが、目の前で調理してもらえるカウンター席でもいただけます。
まさに今が旬の鮎。花脊は水が冷たく小ぶりですが、身がしまって味が濃いのが特徴です。気泡が入った岩塩でいただきます。
八寸のかごは昔、田植えの際に使われていたものをアレンジして作ったもの。
川海苔を本葛でとろりと練り上げた葛豆腐は、見た目も涼やか。「ごはん」にもこだわっています。使う水は花脊の湧き水。
軟水なので、固めに炊きあがる長野産のコシヒカリを選んでいます。
そんな美食の宿のこだわりのおみやげとは?
おみやげもやはりご飯に合う、鰻と山椒の葉を一緒に炊き上げた「鰻山椒」。
国産の鰻を脂を落としながら炭火でじっくり焼き上げます。焼いた鰻を切り、鍋の底に敷きます。
花脊でとれた山椒の葉は天日で10日間乾燥させたもの。味付けは酒・濃口醤油・みりん。
お米だけで造る純天然醸造のみりんを使用するため、人口的な甘みではなく、自然の甘みが鰻の旨味を引き立てます。
お酒のあてにもぴったりですが、あつーい煎茶をかけてお茶漬けでいただくとまた格別。鰻に染み込んだ香りと旨みが程よく溶け出します。
「花山椒ちりめん」は対馬の上質のちりめんを、地元・花脊の花山椒で丁寧に炊き上げました。
コチラもご飯にぴったりの絶品みやげです。

VTRでご紹介した鰻山椒、花山椒ちりめんのお問い合わせ先

『美山荘』

住所 〒601-1102 京都市左京区花脊原地町大悲山375
TEL 075-746-0231
お土産
鰻山椒 5、000円〜
花山椒ちりめん 2、500円
※ご注文は美山荘ホームページから
※数に限りがございます

美食の宿のとっておき土産知っとこ!(2) 白船荘新宅旅館の温泉粥コロッケ

長野県は白骨温泉にあります、白船荘新宅旅館(しらふねそう しんたくりょかん)
こちらの名物郷土料理が温泉で作った温泉粥。 その温泉粥を使ったこだわりのおみやげが、「温泉粥コロッケ」なんです。
その名の通り中身は温泉粥。揚げるとあつあつとろーり。細かく切った野沢菜の香りと、ほんのり温泉の香りが口の中で広がります。

VTRでご紹介した温泉粥コロッケのお問い合わせ先

『白船荘 新宅旅館』

住所 長野県松本市安曇白骨温泉
TEL 0263-93-2201
お土産
温泉粥コロッケ 1パック(12個入) 980円
※ご注文は新宅旅館ホームページから注文書をダウンロード後、FAXにて

美食の宿のとっておき土産知っとこ!(3) 那須高原の宿 山水閣のあまたにチーズセット

続いては栃木県那須高原にある「山水閣」。こちらの自慢のおみやげが、「あまたにチーズセット」。
絞りたての那須高原乳を乳酸発酵させた手作りのチーズです。
フレッシュチーズはパンに塗っていただくのがおすすめ。
さらに、ミルクソースをかけると酸味と甘みがベストマッチ。
また、フレッシュチーズに生クリーム・牛乳・グラニュー糖・レモン汁を加えると、簡単レアチーズケーキの出来上がり。

VTRでご紹介したあまたにチーズセットのお問い合わせ先

『那須高原の宿 山水閣』

住所 栃木県那須郡那須町湯本206
TEL 0287-76-3180
お土産
あまたにチーズセット 4、200円
※ご注文は山水閣ホームページから

美食の宿のとっておき土産知っとこ!(4) 坂本屋の角煮飯

続いては、長崎県にあります「坂本屋」。長崎といえば卓袱料理が有名ですが、
なかでもトウバニと呼ばれる豚の角煮が代表的。
そんなトウバニを使ったお土産が、「角煮飯」。
特製ダレで煮込まれたトウバニと、コシヒカリ、もち米、人参、ごぼう、しいたけなどを
竹皮に包んで炊き上げた逸品なんです。

VTRでご紹介した角煮飯のお問い合わせ先

『坂本屋』

住所 長崎市金屋町2-13
TEL 095-826-8211
お土産
角煮めし(10個入) 4、200円
※ご注文は電話・FAX・坂本屋ホームページから

美食の宿のとっておき土産知っとこ!(5) 三余庵の時しらずの酒粕みそ漬

続いてやってきたのは北海道は十勝帯広。ここを雄大に流れる十勝川のほとりにあるのが、十勝川温泉。
夏でも涼しい北海道らしい草原の、緑の中に立つのが、「三余庵」。
大きなガラスが特徴の広々としたロビーには自然木を置き十勝の自然を再現しておりゆったりとした時間が流れています。
景色を眺めているとまずは手作りのスイーツ「ミニトマトの黒酢蜂蜜ゼリー寄せ」でおもてなし。。
お部屋は全部で11室。いぶし瓦を敷いた広いエントランスが特徴。
どの部屋も自然素材を使い安らぎの空間を演出してるんです。
壁紙は地元の葦を練りこんだ和紙が使われています。温泉は美人の湯として有名なモール温泉。
世界でも珍しくドイツとこの地域しかありません。植物性の有機物を含んでいるのでお肌に優しく
美肌の湯として女性に人気の温泉です。さらに女性にうれしいことに、
100%オーガニックオイルを用いたアロマテラピーサロンで極上のリラクゼーションを堪能できます。
地元の食材で食にもこだわる三余庵。腕を振るうのは支配人であり料理長の吉田真二さん。
先付けは、キングサーモンのこぶじめにからしを利かせた土佐酢のゼリーを和えました。
十勝の冬を越したメークイーンを使った和風ビシソワーズはジャガイモの甘さをダイレクトに味わえます。
十勝牛の炭火焼は、ジューシーですが、全然しつこくないんですよ。
そんな美食の宿自慢のおみやげが…時知らず!
普通の鮭は秋に川を上るときにとられたもの。
時知らずは、5月から6月にかけて、海を回遊しているときに取れた鮭。
捕れる量も少なく、希少な鮭として高価で取引されているものなんです。
こちらではより脂の乗った大樹産(たいきさん)にこだわっています。
そんな時知らずの切身に少し塩を振って、白味噌と酒粕をあわせた味噌床で3日間寝かせば完成。
限られた期間で限られた数しかない超希少な絶品のおみやげです。
期間中、水揚げがあったときだけ、お宿の朝食としても出されているんです。
炭にかければ脂ののりが普通と違うのがよく分かります。炭に脂がしたたり落ちています。
身はとっても柔らか!味噌漬けにすることによってまろやかな味になっています。
地元では時知らずは、皮も残さず食べるのが当たり前なんだとか。

VTRでご紹介した時しらずの酒粕みそ漬のお問い合わせ先

『三余庵』

住所 北海道河東郡音更町十勝川温泉南13
TEL 0155-32-6211
お土産
時しらずの酒粕みそ漬 1箱5切れ入り 6、000円
※数量限定・期間限定ですが特別に番組の為に10箱ご用意して頂いております
※注文方法は三余庵お電話にて

美食の宿のとっておき土産知っとこ!(6) 十勝千年の森 セグウェイ

広大な森が広がる「十勝千年の森」。
ちょっと変わったツアーがあって、大人気なんだとか。それは、ある乗り物に乗るそうなんですが、、、、
そう、「セグウェイ」!
電動の立ち乗り二輪車で体重を移動するだけで前進・行進・方向転換が出来る乗り物です。
そんなセグウェイに乗って自由に広大な敷地を走れるんです。ガイドが付いてくれて森の自然なども解説してくれます。
なかなか都会では出来ない爽快な気分を味わえます。丘に登れば絶景が広がります、十勝平野が一望。
北海道の背骨、日高山脈も望めます。日本でここだけのセグウェイツアー。

VTRでご紹介したセグウェイのお問い合わせ先

『十勝千年の森』

住所 北海道清水町羽帯南10線
TEL 0156-63-3400