知っとこ!
イマはコレという女性の心をつかむキーワードを紹介する

イマコレ☆ 夏のしあわせ!冷んやりご当地おやつベスト10 2011/07/23

いよいよ夏本番! 外に出るのも嫌になりそうな、暑さが続くこの季節…
そんな時うれしいのが…体を芯から冷やしてくれる、冷たーいおやつ!
そこで今回のイマコレは、日本全国の夏にぴったりなおやつを、
独自のランキングでご紹介!長崎じゃ当たり前! アレを使ったシャリッシャリのかき氷に!
キーンと冷やした、尾道が生んだパリパリモナカ!
さらには、京の都の絶品おやつまで!
夏のしあわせ! ご当地ひんやりおやつベストテン!

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第10位 長崎ならではのシャリッシャリ!

まずは、長崎県長崎市から!異国情緒あふれ、独自の食文化がある長崎。
地元の人たちが集まる商店街で、夏にぴったりのおやつを聞いてみると?
「ミルクセーキ」 「飲み物じゃないです」
「他の県ないんですか?」
「他の県あります。ミルクセーキ飲み物として」
皆さん口をそろえて、飲み物じゃないミルクセーキ。
そこでやって来たのは、創業なんと大正14年という、喫茶店「ツル茶ん。」
ミルクセーキを頼み、レトロな雰囲気が漂う店内で待つ事1分。
店主「お待たせしました!ミルクセーキです」
え?かき氷じゃなくてミルクセーキを頼んだんですけど
店主「これがミルクセーキ 長崎風のミルクセーキです
長崎ではどこに行ってもこのタイプです
俗にいう食べるミルクセーキ」
そう、長崎のひんやりおやつはミルクセーキ。
ただしこれは長崎ならでは! かき氷状の食べ物なんです!
そんな夏の風物詩、かき氷が入ったミルクセーキ、
実はこのお店が発祥なんです。
店主「長崎では大正14年ぐらい。祖父がツル茶んの初代が色々考案して、
長崎は坂も多かし暑かと 当時は冷凍冷蔵庫はなかったので、冷たいのがなかなか出せなかったんです。
そこで、なんとか冷たくしようと考えてかき氷を入れる事にした」
86年が経った今でも、昔ながらの製法とレシピで作られているんです。
卵に砂糖や練乳、レモン汁を入れ、かき氷を加えます。
まんべんなくかき混ぜれば、長崎風ミルクセーキの完成。
暑い夏には1日400個も出る事があるんだとか。
さらに今年からは、新商品のいちごミルクセーキも登場。
これもひんやりと甘ーい、夏にしあわせな一品になっています!
まさに長崎独自の文化が生んだ、ご当地ひんやりおやつでした!

VTRでご紹介した 10位 長崎ならではのシャリッシャリ! のお問い合わせ先

「ツル茶ん」

住所 長崎県長崎市油屋町2−47(本店)
電話 095−824−2679
・ミルクセーキ580円 ※ハーフサイズは300円
・いちごミルクセーキ580円 ※本店地下の姉妹店でのみ販売

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第9位 黒部の名水が生んだ水団子

黒部の名水が生んだ水団子があるのは、こちら富山県黒部市。
日本海に面した、漁業が盛んな街なのですが、
名水百選に選ばれるほど、黒部市は名水どころとして有名なんです。
その中でも生地(いくじ)という地区には清水(しょうず)と呼ばれる
わき水が町の至る所に沸いていいて、地元の人たちは飲料水としてはもちろん、
洗濯など生活用水として、今も利用しているんです。
水温はおよそ12度と、心地よい冷たさなんです。
そんな町のひんやりおやつとは、冷たい清水が生んだ水団子とのこと。
頂く際は、上から青大豆で作った青きな粉を振りかけます。
香ばしい味と、つるんとしたのどごしがもう絶品!
作り方は、蒸し上げたアツアツの生地を棒状に伸ばします。
それを一口大に切って、清水の水で冷やせば、プリップリの水団子の完成です。
水団子は夏場にしか販売されていない商品で、
今しか食べる事が出来ない、ひんやりおやつなんです。
まさに、名水があったからこそ生まれた、ご当地ならではの団子でした!

VTRでご紹介した 9位 黒部の名水が生んだ水団子 のお問い合わせ先

「休み処『あい』」

住所 富山県黒部市生地大町531
営業日 土曜日・日曜日・祝日の10:00から16:00
定休日 月曜日から金曜日、12月から3月
水だんご200円(河田屋製品)※店内で飲食可能
※電話番号ありません。

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第8位 丸ごとガブリ!京の絶品おやつ

続いて知っとこ!取材班が向かったのは京都市左京区。
中でも豊かな自然が広がるここ大原には、
季節を問わず多くの参拝者が訪れる天台宗の寺院・三千院が!
その三千院に向かう参道にメチャ売れの冷んやりご当地おやつが
売られているそうで・・・
そこで、早速教えられたお店に行ってみると、そこは界隈でも有名な お漬け物の老舗。
志ば漬や千枚漬などで人気というこのお店で食べられる
冷んやりご当地おやつとは一体どんなものなんでしょうか?
そう!こちらが志ば久(しばきゅう)の夏の定番おやつ冷たーく冷やしたアイスきゅうり!
休日ともなると、なんと1日千本以上も出る事があるという
このアイスきゅうりは、猛暑となった取材当日も、まさに飛ぶように売れていました!

その人気の秘密は、なんといっても老舗漬物店ならではの味!
きゅうり本来の美味しさを生かすよう、
薄味に仕上げられた京の絶品おやつの美味しさにはまるお客さんが後を絶ちません。
この大原名物を食べようと訪れるお客さんの中にはこんな強者も!
こちらには他に、アイスなすびなんていうヒンヤリおやつも。
みずみずしい夏野菜で涼を楽しむ、京都ならではのヒンヤリご当地おやつでした。

VTRでご紹介した 8位 丸ごとガブリ!京の絶品おやつ のお問い合わせ先

「志ば久」

住所 京都府京都市左京区大原勝林院町58
電話 075−744−4893
営業時間 8:30〜17:30 年中無休
・アイスきゅうり/アイスなすび 各150円

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第7位 ノド越し最高!讃岐のツルッツル

次に知っとこ!取材班が向かったのが香川県の坂出市(さかいでし)。
香川県のほぼ中央に位置する坂出市。
この町の一番の名物と言えばやっぱり讃岐うどんですが、
実は,そんな讃岐うどんに負けないぐらいツルッツルの
冷んやりおやつがあるそうで、まずは地元の方に聞いてみると
そこで教えられてやって来たのが、なんと創業230年というお店「きよみずや」。
こちらがツルッツルおやつ!ひんやりしたノド越しがたまらないところてん。
ここ香川・坂出では、酢醤油にからしを混ぜていただくのが定番の食べ方!
江戸時代からところてんを作り続けて来た峠の茶屋には、
絶品のひんやりおやつを食べようと、連日多くのお客さんが!
大人もこどもも、皆さんほんとおいしそ〜に食べてますよね
木々に覆われ、真夏でもひ〜んやりとした清水屋(きよみずや)がある
「ヤソバ」と言われるこの場所には、昔からきれいな水がこんこんと
湧きでていたことから、ところてんが作られるようになったそうなんです。
そこで、お店のすぐ隣にある加工場をのぞかせていただくと、かたわらには
清水屋のところてん作りは欠かす事のできない、国産の天草が!
この天草を毎日早朝から1時間以上つきっきりで焚き上げることから、
ところてん作りは始まります。これも江戸時代から変わらぬ作業
こうしてできた一番搾り汁をザルと目の細かい網で丁寧に越していきます。
あとは、型に流し込み、このまま常温まで冷えて固まるのを待つだけ。
およそ1時間で、うぐいす色にかがやく昔ながらのところてんが完成しました〜!
昔ながらの製法にこだわり仕上げたところてんは、食べれば口の中にほのかに磯の香りが広がります。
ここ清水屋(きよみずや)では定番の酢醤油のほか、
さいの目に切ったところてんに、きな粉と黒蜜をたっぷりかけていただく一皿も。
ここでしか味わえない、なんとも涼しげなおやつは、猛暑の夏に食べたい逸品です。
江戸時代から時を超えて愛されてきた香川県坂出市の、ひんやりツルッツルおやつでした。

VTRでご紹介した 7位 ノド越し最高!讃岐のツルッツル のお問い合わせ先

「清水屋(きよみずや)」

住所 香川県坂出市西庄町759−1
電話 0877−46−1505
営業時間 9:00〜18:00(夏期)
定休日 10月まで無休営業
・ところてん からし酢醤油(小皿)250円  ・きな粉黒みつ(小皿)300円

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第6位 三重の定番!コーヒーにアイス饅頭

三重県の北東部に位置する桑名市。
三重県内に、いくつかあるという「アイス饅頭」を売る店の中でも、
特に人気なのが大正12年創業の和菓子屋「すえひろ」
こちらがオススメする冷んやりおやつは、三重が誇る夏のベストセラー!
和菓子屋から生まれた饅頭型のミルクアイスキャンディー「アイス饅頭」

この店でアイス饅頭が作られるようになったのは昭和25年。
今でも、発売当初から使われている型を使って作られています。
まずは、程よい甘さのミルクが流し込まれ、木の棒を差し込み、表面だけを凍らせています。
そこに加わるのがこだわり丹波産大納言小豆!
丁寧に炊き上げた大納言小豆を凍っていない中心部分に加え、4時間凍らせれば出来上がり。
どこか懐かしい素朴な味わいの「アイス饅頭」
地元では、いろんな食べ方があるようで・・・
レンジをかけてかなり柔らかくして、スプーンで食べるって人もいるみたいですし、
それから食べるって人もいれば、アイスコーヒーにつけて食べる方もいるそうです。
三重の夏の定番、お取り寄せも可能ですので
お好きな食べ方で味わってみてはいかがですか!?

VTRでご紹介した 6位 三重の定番!コーヒーにアイス饅頭 のお問い合わせ先

「寿恵広」

住所 三重県桑名市三ツ矢橋11番地
電話 0594−23−1466
営業時間 8:00〜20:00
定休日 夏期現在は無休 ※本来は水曜が定休日
・アイス饅頭…150円(税込)
丹波大納言アイス饅頭hellip;230円(税込)
黒糖アイス饅頭・抹茶アイス饅頭hellip;170円(税込)

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第5位 神戸生まれ!15万個の大ヒットパン

兵庫県神戸市。トレンドが次々と生まれるこの街で今話題になっているものが!
三宮センター街の中にある「ドンク三宮本店」。
ドンクと言えば、全国の百貨店に店舗を構え、
お店ごとに焼き上げる「ミニクロワッサン」が大人気のパン屋さん。
なんとこのミニクロワッサン人気を脅かす勢いの新名物・冷たいパンが
昨年の夏誕生していたのです!
何と1か月で15万個の売り上げがあったんだそう!
その商品とは、神戸・三宮の夏にぴったりの冷んやりおやつなんだとか
それがこちら!冷やして食べるメロンパン その名も冷やしてメロン〜!
生地は冷やしてもパサパサにならずふわっとしたまま、
クリームはまるでアイスのように冷んやり!
夏の暑い日でもパンを美味しく!ということで
昨年から販売したところ、1か月で15万個売れた人気商品に!
このヒット商品、どうやって作っているのか伺ってみたところ…
残念ながら製造工程は一切秘密。
そこで、今回は特別にパンにの中に詰める前のクリームを見せていただきました!
冷やすとクリーミーさが増すように改良に改良を重ねたそうなんですが、何とそのまま冷凍庫へ!
この冷やしてメロンは、冷凍庫で凍らしてもパン生地が固まらず、
表面はサクサク中はしっとり。クリームは程よくフローズン!
暑い日にぴったり、神戸生まれの冷んやりパン、
全国のドンクで期間限定販売中です!

VTRでご紹介した 5位 神戸生まれ!15万個の大ヒットパン のお問い合わせ先

「株式会社 ドンク」

住所 兵庫県神戸市東灘区田中町3丁目19番14号
電話 078−441−2041(代表)

・三宮本店

住所 兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目10番19号
電話 078−391−5481
営業時間 1Fベーカリー 9:30〜20:00
2F喫茶室 9:30〜20:00(19:30オーダーストップ)
3F喫茶室 11:00〜20:00(19:30オーダーストップ)
定休日 不定休
・冷やしてメロン(プレーン・抹茶・いちご) 各189円(税込)
販売期間 2011年6月1日〜8月31日

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第4位 東京下町 冷え冷えかけ放題

東京大学のある文京区。ここに幅広い年代層から支持をうける
鉄板ひえひえ、おやつがあるというのですが・・・
そのおやつとは…小倉あんみつ!
こちらの店の特徴は、沖縄の黒砂糖を使って作られた秘伝の黒密をなんと、かけ放題できるんです!
人気の秘密、黒蜜かけ放題だけじゃないんです
そちらは、あんみつの中心を飾る小倉アイス。
この小倉アイス、実はある偶然から生まれたそう。

明治42年に「かき氷屋さん」として始まったこちらのお店。
初代が、売れ残ったかき氷に使う“小豆”をもったないないと保存したところ、
後日、周りが少し固まり、口にすると何とも言えない美味しい味に
なっていたのだとか。それをアイスクリームの製造機で混ぜて出来上がったのが
この小倉アイスなんだそうです。
添加物入ってないですし乳脂肪分ゼロなので、体にとっても優しいアイスに仕上がっています。
お年寄りから子どもまで幅広い層に愛される下町のヘルシーあんみつ。
その味はこれからも受け継がれていくのでしょう。

VTRでご紹介した 4位 東京下町 冷え冷えかけ放題 のお問い合わせ先

「甘味処 みつばち」

住所 東京都文京区湯島3丁目38番10号
電話 03−3831−3083
営業時間 10:30〜20:00
定休日 年中無休
・小倉あんみつ 570円(税込)

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第3位 ジョッキでいただくキンキンドリンク

まだまだあります!冷んやりご当地おやつ。
次にやって来たのは京都は西京区(にしきょうく)。
三方を山々に囲まれた盆地特有の猛暑で知られる京都。
そんないにしえの街を流れる桂川のたもとには、常に行列のできるお店が。
こちらは創業明治16年 京都にあまたある和菓子屋の中でも屈指の名店「中村軒」
しかし、決してかしこまった和菓子屋はなく、地元の人が日常使いするお店なんです。
あつーい夏には、おいしいかき氷も店内で頂けるそうなんですが、
今回ご紹介するのは、中村軒ご自慢のジョッキでいただく
こちらのキンキンドリンク!なんです!

こちらが世代を超えて長年愛されて来たひやしあめ。
この冷やしあめとは、関西地方以外では、ほとんど飲まれていない、冷たくて甘〜いの飲み物。
では、特別に、そのひやしあめの作り方を見せていただきましょう!

材料となるのは、素朴でやさしい甘さの麦芽水飴。
まずはこれを、大きな鍋で水と合わせて溶かしていきます。
そこへ、粗糖(そとう)いう精製していない砂糖を加えます。
これを加える事で、独特の風味とコクがでるんです。
最後に、ショウガの絞り汁を混ぜて冷た〜く冷やせば、
関西の夏の定番ドリンク冷やしあめのできあがり。
店先で手軽に楽しめる、絶品ヒエヒエの冷やしあめは、老舗・中村軒の夏の看板商品なんです。
なんとも涼しげな京都のひやしあめでした。

VTRでご紹介した 3位 ジョッキでいただくキンキンドリンク のお問い合わせ先

「中村軒」

住所 京都市西京区桂浅原町61
電話 075−381−2650
営業時間 7:30〜18:00 /茶店 9:30〜18:00(ラストオーダー17:45)
定休日 毎週水曜(祝日は営業)
・ひやしあめ 100円

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第2位 あの伊勢名物が真夏に大変身!

多くの観光客が訪れる三重県伊勢市。
伊勢名物といえば、おなじみ赤福!!ということで早速、赤福本店へ
取材したこの日はあいにくの大雨、しかし本店の向かいにある別館を除いてみると
雨にもかかわらず、お客さんがいっぱい。さすがは全国に名をとどろかす赤福。

そして、みなさんが食べているものこそ赤福の夏限定ひんやりおやつなんです!!
なるほど、抹茶のかき氷ですか・・・いったいどこにこだわりが??
食べてるお客さんに見せてもらうと・・・ あんこが入っています。
中に入っていたのは、そう、あの赤福。
しかも、かき氷に合うように工夫が施されているようで。
さらに、氷には日本一の清流と評される地元・宮川の水を使用しています。
昭和36年、「二見海岸」の海水浴客のために作られて以来、
夏季限定で販売され、毎年心待ちしているファンも多いそう。
赤福自慢の抹茶と餡子を同時に楽しめる贅沢な逸品
食べられるのは今だけですよ。

VTRでご紹介した 2位 あの伊勢名物が真夏に大変身! のお問い合わせ先

「株式会社 赤福」

住所 三重県伊勢市宇治中之切町26番地
電話 0596−22−2154(代)

・赤福 伊勢本店

住所 三重県伊勢市宇治中之切町26番地
電話 0596−22−7000
営業時間 5:00〜17:00(繁忙期時間変更有)
定休日 年中無休
・赤福氷 500円(税込)
夏季限定(終了日 未定)

イマコレ☆ 冷んやりご当地おやつベスト10 第1位 尾道発!パリパリのアイスモナカ

最後に知っとこ!取材班が向かったのは広島県の南東部に位置する尾道。
どこかの〜んびりとした時間が流れるここ尾道は、
これまで数々の映画やドラマ、小説の舞台にもなった「坂の街」。
そんな尾道でメチャ売れというアイスモナカとは、一体どんなものなんでしょうか?
ここがそのアイスモナカのお店「からさわ」。
じゃあ早速1ついただけますか!
こちらが全国からその味を求めてやってくるというアイスモナカ。
2枚のモナカの皮にたっぷり挟まれたアイスクリームは食べるとどこか懐かしい味。
注文が入るたびに作るというアイスモナカは噂通り、パリッパリ!
みなさんと〜っても嬉しそうですよね〜
地元では親子3代に渡ってこのアイスモナカのとりこ!
な〜んて方も多いという尾道の定番おやつは、
昭和20年代中頃 お店の創業者・唐沢まさゆきさんが考案したもの。
その味は現在、孫のヤスオさんがしっかりと受け継いでいるんです。
たまごがたっぷりと使われたアイスはとにかく優し〜味で、
たくさん食べても飽きがこないのが特徴なんです。
一口食べれば誰もが笑顔になる、夏のしあわせ、
尾道の絶品アイスモナカをスタジオにもご用意しましたよ〜

VTRでご紹介した 1位 尾道発!パリパリのアイスモナカ のお問い合わせ先

「からさわ」

住所 広島県尾道市土堂1−15−19
電話 0848−23−6804
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜日(祝祭日の場合翌日)
・アイスモナカ(たまご) 140円