MBS 毎日放送

どこまで続く?数珠つなぎ座員紹介

「よしもと新喜劇」に出演中の座員の皆さんを順番にご紹介します。ベテランから若手まで90人以上の座員を抱える吉本新喜劇。かつて「吉本ヴァラエティ」と言われた頃の話や、初舞台の話、今まだ舞台の端にしか立てない若手の夢まで、さまざまな話から新喜劇の現在・過去・未来が見えてくればと思います。

愛媛県の山の中で育ったもりすけさん。子どもの頃に外国ドラマで見たコメディアンが「カッコいい」と、お笑いに憧れを。NSC29期卒業後、漫才コンビやトリオを組むものの、彼女と結婚しようと一旦お笑いを断念。が、とある事情でフラれるハメに。その後一念発起、金の卵7個目で新喜劇に入団。意外にアクティブな一面を持つもりすけさんに話を聞きました。


第74回 もりすけ
頭だけじゃなく、一の介師匠のお芝居を目指してます。

―愛媛のご出身ですが、お笑いを目指されたきっかけは?
小学生ですね。僕は愛媛でも田舎の方で、テレビもお笑いとかほとんど放送してなくて新喜劇もやってなかったんですけど、小学5年くらいかな、NHKのEテレで…。

MBS動画イズム

動画イズムで配信中