• 第1日
  • 第2日
  • 第3日
  • 第4日
  • 第5日
  • 第6日
  • 第7日
  • 第8日
  • 第9日
  • 第10日
  • 第11日

第6日 3月26日(木)

第1試合 東海大四(北海道)-豊橋工(愛知)
東海大四(北海道)は、第8日の第3試合で、松山東(愛媛)と対戦します。
各イニングのスコアをクリックすると動画が見られます
 123456789
東海大四0000003003
豊 橋 工0000000000
ダイジェスト動画をみる

試合経過情報

動画 イニング 得点チーム コメント 得点
再生 2回表 2死2塁で8番大澤がライト前ヒット。2塁走者が3塁を回ったところで、3塁コーチと手が触れたため、アピールプレーでアウトとなってチャンスがつぶれる。 0-0
再生 7回表 東海大四 2死満塁で4番邵が打ったライト前のフライを二塁手が落球。走者一掃で3点が入る。 3-0
再生 9回表 豊橋工業のエース森が13個目の三振を奪う。 3-0
インタビュー動画をみる

スポーツアナ戦評

やはり甲子園には魔物が棲んでいた。東海大四の大澤、豊橋工の森、両エースの好投で両チーム走者は出すものの6回終了まで無得点。東海大四は5回以外、毎回走者を3塁まで進めるものの本塁が遠かった。7回2死満塁で4番邵の打球は力なくライト前に上がった。万事休すかと思われたが、一度野手が捕球したボールがグラブからこぼれ3人が生還。結局これが決勝点となった。3安打完封の大澤投手は「自己採点は90点。マイナス10点はコントロールミスがあったこと。」と振り返った。2回戦も21世紀枠の松山東が相手となる。(馬野 雅行)


<<試合速報へ戻る

大会 第11日 4月1日(水)
みんなの甲子園 外出先では携帯でCHECK!スマートフォンの方はこちら 決勝戦ハイライト動画 GAORA ご来場は電車・バスをご利用ください