• 第1日
  • 第2日
  • 第3日
  • 第4日
  • 第5日
  • 第6日
  • 第7日
  • 第8日
  • 第9日
  • 第10日
  • 第11日

第4日 3月24日(火)

第1試合 英明(香川)-大曲工(秋田)
大曲工(秋田)は、第7日の第3試合で、浦和学院(埼玉)と対戦します。
各イニングのスコアをクリックすると動画が見られます
 123456789
英  明1000000001
大 曲 工00000220X4
ダイジェスト動画をみる

試合経過情報

動画 イニング 得点チーム コメント 得点
再生 1回表 英  明 2死2塁から4番湊の三遊間を抜けるレフト前タイムリーヒットで先制。 1-0
再生 3回裏 英明エース田中がここまで4奪三振でパーフェクトの好投を見せる。 1-0
再生 4回裏 大曲工1番佐々木がレフト前ヒットで英明エース田中から初ヒットを奪う。 1-0
再生 6回裏 大 曲 工 1死2塁から1番佐々木のレフト前タイムリーヒットで同点に追いつく。 1-1
再生 6回裏 大 曲 工 2死1、2塁からエースで4番の武田がセンター前タイムリーヒットを放ち逆転に成功。 1-2
再生 7回裏 大 曲 工 2死2、3塁から1番佐々木がサード強襲からのレフト前タイムリーヒットでさらに2点を追加する。 1-4
インタビュー動画をみる

スポーツアナ戦評

共に初出場という初々しい顔合わせ。英明(香川)は2死ランナー無しから3番森山のツーベース、4番湊のタイムリーで先制。その後の試合は動かず6回裏大曲工業(秋田)1番佐々木の同点タイムリー、更に2死1、2塁からエースで4番の武田が勝ち越し打。続く7回にも佐々木の3打点目となる2点タイムリーで1-4と流れを引き寄せ、尻上りによくなったエース武田投手の粘投で甲子園春夏通じて初出場初勝利の快挙。最後ピッチャーゴロで勝利を味わった武田投手は「粘って投げていたので、自分のところに飛んできたと思います。」と笑顔で話していました。(仙田 和吉)


<<試合速報へ戻る

大会 第11日 4月1日(水)
みんなの甲子園 外出先では携帯でCHECK!スマートフォンの方はこちら 決勝戦ハイライト動画 GAORA ご来場は電車・バスをご利用ください