目次へ
お便りのコーナー
サクラ大戦
毎週土曜午後5:30〜6:00放送中
© SEGA・RED/TBS・MBS
ホームページにたくさんの番組の感想やご意見ありがとうございました。
BBSのご希望もありましたが、このホームページでは残念ながらBBSは開設しませんが、ここでお便りの一部を紹介させていただきます。

ゲームと違うところがいいです。嫌だって言う人もいるかもしれないけど…。
さくらだってすみれに対して喧嘩なんかしないし、アイリスだって活発な女の子から180度変わっておとなしくて、はずかしがり屋さんになってるみたいだし。
でもそこがなんか真実味があったいいんじゃないかな。 (兵庫県三田市Kさん)

TV版サクラ大戦はOVAやゲームと少し内容が変わっていて面白いと思います。
アイリスの性格が大人しくなっているようですが、ゲームの時のように明るい性格に少しずつなっていくといいなと思います。 (大阪府豊中市Mさん)

アニメのサクラ大戦は原作と若干の違いがあるため、この先どう展開して行くかがとても気になっていますので、多いに期待しています。
それに花組のみんなの個性もよく出ていると思います。 (京都市Kさん)

ほんまに毎週楽しみなアニメーションちゅうのは「サクラ大戦」だけになりました。
放送時間も土曜夕方というのは、自分にとっては丁度いい(社会人視聴者が確実に見られるのは深夜枠かここいらしかないのでは?)。
ストーリーも結構ハードでゲーム世界から一歩踏み出したサクラ世界を作り出していると思います。 (大阪市Nさん)

ゲーム本編と比べて花組の結束が強い印象を受けた。
ゲームより感情移入がしやすく、見ていて温かい気持ちになる。
ストーリーもゲームと違い、見ていてあきない。ゲームと比べないで、アニメの1作品として見ても非常に良質だと思う。 (大阪市Mさん)

あまりにもゲームと違いすぎてサクラ大戦を見ている気がしません。
さくらくんのファンとしてはさくらが主人公でそれなりに楽しいので今後も続けて欲しいと思っています。
で、一度でいいから「勝利のポーズ決め!」を出して欲しいと思っています。
これがないとサクラ大戦とは思えません。TVがはじまり、世間の子供たちが「勝利のポーズ決め!」や必殺技を叫びまくっている光景を楽しみにしていたものですから… (滋賀県大津市Tさん)

ゲームのサクラ大戦と比べるとやはり暗い雰囲気のある話だけれど、それでもゲームにはないサクラ大戦の別の一面を見ているようなある意味では新鮮な感じもしています。
欲を言えば2のテレビ版もできることなら放送して欲しいです。 (仙台市Sさん)

おもしろい!!まわりではキャラの性格のこととか、ゲームとのストーリーの違いとか、いろいろ言っている人もいるけれど、純粋にテレビからサクラを見始めたという友人もかなり気に入ってくれてますし、僕もかなり気に入っています。
これからの展開に期待しています。 (茨城県鹿嶋市Tさん)

テレビ版のサクラ大戦はゲームとは一味も二味も違います。なにせ人間関係がとてもリアルでいつも見ていてリアル・バージョンサクラ大戦と言っています。特にアイリスの性格の違いには驚かされました。 そしてさくらもまた、ゲームとは違うキャラクター。 もっともアイリスの場合小さい頃から幽閉同然の生活をしていたのだから、ああなってもおかしくないはず。これからも楽しみにしています。 (兵庫県小野市Kさん)

テレビアニメ版はゲームの内容と少し違うので、話が新鮮な感じで面白いです。
私はこういう善と悪の対決するストーリーものは善≠ェいかに格好よくても悪≠ェ格好悪かったり、威圧感のないものだったりすると面白いと思えないのでゲーム以上に不気味な黒之巣会(敵)はとても手強そうですごく気に入っています。 (千葉県袖ヶ浦市Sさん)

私がサクラ大戦の中で一番好きなのは他でもないあやめです。黒乃巣会のボスが昔自分が恋焦がれていた人だと知った後のあやめはとても切なくて目が離せません。最近は視聴者にまで喜怒哀楽が伝わってくる作品が少なかったような気がするのですが、サクラ大戦はそんな要素がたくさん詰まっている気がします。
これからもサクラ大戦を見ながら沢山笑って沢山泣いて、今まで以上に応援し続けていきたいです! (東京都世田谷区Uさん)

ゲームではよく分からなかった大帝国劇場の広さや花組の細かい日常が分かって本当に楽しく、うれしいです。
私はあんなシリアスな感じも好きです。
個人的には合宿先で紅蘭が発明した機械と、なぜ発明するかという話がとても好きです。
まさに広井さんのメッセージが映像化されていると思います。 (神奈川県横浜市Yさん)


Copyright© 2000, Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.
各ページに掲載の記事・画像の無断転用を禁じます。