第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

挑戦者として戦う 東海大翔洋の壮行会 /静岡

 27日から東大阪市花園ラグビー場(大阪府)で開かれる第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)に県代表として出場する東海大翔洋の壮行会が12日、静岡市役所で行われ、佐藤空翔(つばさ)主将(3年)が「挑戦者として精いっぱい戦ってきます」と健闘を誓った。

 式では、小長谷重之副市長が「普段の練習通り、グラウンドを縦横無尽に駆け抜けて」と激励。真崎智央監督が「低いタックルで粘り強く戦う姿を県民の皆様に見せたい」と話した。

 東海大翔洋は27日にある1回戦で高松北(香川)と対戦。勝ち抜けばトップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロの五郎丸歩選手の母校、佐賀工(佐賀)と戦う。【竹田直人】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/13 11:07)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞