第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

花園8強目指す 県代表・高鍋が支局訪問で抱負 /宮崎

 東大阪市の花園ラグビー場で27日から開幕する第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)を前に、県代表の高鍋ラグビー部の檜室秀幸監督、井俣暁登主将、石田喜克OB会長が4日、毎日新聞宮崎支局を表敬訪問し、花園への抱負を語った。

 高鍋の出場は7年連続25回目。宝満志郎・支局長の激励を受けた檜室監督は「練習の精度を上げて、ベスト8を目指したい」と話し、井俣主将は「走りや低いタックルなどスピードを生かして戦いたい」と意気込んだ。

 初戦相手は栃木県代表で18年連続23回目の国学院栃木。初戦は大会開幕日の27日午後2時40分、第2グラウンドである。【宮原健太】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/5 15:52)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞