第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選会 佐賀工、30日初戦 高松北と東海大翔洋の勝者と /佐賀

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会など主催)の組み合わせ抽選会が2日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。県代表でBシードの佐賀工は30日の2回戦で高松北(香川)と東海大翔洋(静岡)の勝者と対戦することが決まった。

 高松北は4年連続12回目の出場で、昨年の花園では初戦敗退している。東海大翔洋は県大会で接戦を制し、5年ぶり10回目の出場。佐賀工の仁位岳寛監督は「どちらも戦ったことがなく実力が分からないが、きっちりやれば勝てると思う」と語った。2回戦を勝ち進むと3回戦では今春の高校選抜ラグビー8強の国学院久我山(東京第2)か国学院栃木(栃木)と高鍋(宮崎)の勝者とあたる。仁位監督は「西のシード権をもらっているので勝たないといけない。ディフェンスの強化と体力作りをして備えたい」と話した。

 佐賀工は23大会連続初戦突破をしているものの、ここ5大会は8強を逃している。松田晃汰主将は「一戦一戦しっかり勝っていき、まずはベスト8になって優勝したい」と意気込んだ。【池田美欧】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/3 16:08)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞