第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選 尾道、岐阜工に闘志 大会第2日に初戦 「一戦必勝で臨む」 /広島

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)の組み合わせ抽選会が2日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。県代表の尾道(11年連続12回目)は1回戦で岐阜県代表の岐阜工(7年ぶり18回目)と対戦することが決まった。大会第2日の28日午後1時55分、第1グラウンドでキックオフ予定。

 岐阜工は、走力の高いBKを軸にした展開ラグビーが持ち味。全国大会常連の関商工を降して花園行きを決め、勢いに乗っている。

 尾道は今年10月に練習試合で岐阜工と対戦し、勝利を収めている。しかし、抽選会に出席した梅本勝監督は、「FWとBKのバランスの良いチームで、受け身になったら危険な相手」と警戒。「激しいコンタクトをし続け、常に前に出ることが重要だ。一戦必勝で臨む」と意気込んだ。

 尾道は、Aシードの桐蔭学園(神奈川)のブロック入り。岐阜工に勝てば、30日に若狭東(福井)と山形南(山形)の勝者と対戦する。【真下信幸】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/3 15:30)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞