第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選 朝明は大分舞鶴と 28日1回戦 諏訪主将「研究・準備を」 /三重

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)の組み合わせ抽選会で2日、県代表の朝明は1回戦で古豪・大分舞鶴(大分)と対戦することが決まった。大会は27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕し、両校の試合は28日午前11時15分から第1グラウンドで行われる予定。

 花園での両校の対戦は初めて。朝明の諏訪和希主将(3年)は「朝明らしいラグビーが貫けるよう、相手校を研究してしっかり準備したい」と気を引き締めた。保地直人監督は「相手は伝統校でフォワードも強い。ディフェンスの強化に重点を置き、いかに失点をなくすかに全力を注ぎたい」と話した。

 朝明は6大会連続8回目の出場。昨年、一昨年の初戦は、いずれも九州勢に勝利している。

 大分舞鶴は32大会連続56回目の出場。1975年大会で優勝、過去に3度準優勝している。朝明が勝てば2回戦でシードの中部大春日丘(愛知)と対戦する。【森田采花】

〔三重版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/3 11:22)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞