第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選 若狭東、山形南と初戦 朽木監督「持ち味発揮し勝利を」 大会第2日 /福井

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第97回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)の組み合わせ抽選会が2日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、県代表の若狭東は、大会第2日の28日に1回戦で山形南(山形)との対戦が決まった。県勢として5年ぶりの初戦突破を目指す。

 花園出場は若狭東が2大会連続29回目で、山形南は2大会ぶり2回目。山形南は県立高校で、山形県予選大会決勝で花園常連校・山形中央とのシーソーゲームを21-15で制するなど、地力がある。

 抽選会に出席した若狭東の杉山友斗主将(3年)は「試合に向け、これまで以上に練習に気合を入れ、まずは初戦を突破したい」と意気込んだ。朽木(くつき)雅文監督(45)は「グラウンドを広く使う持ち味の継続ラグビーができれば勝機はある。これから相手チームの情報を集め、戦略を練る」と話した。

 若狭東の初戦は28日午前10時、花園ラグビー場第2グラウンドでキックオフ。1回戦に勝つと、2回戦では尾道(広島)-岐阜工(岐阜)の勝者と対戦する。【大森治幸】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/3 13:25)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞