第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選 流経大柏は倉吉東と 27日初戦 8強以上目標に /千葉

 東大阪市の花園ラグビー場で開かれる第97回全国高校ラグボーフットボール大会(日本ラグビーフットボール協会、全国高校体育連盟、毎日新聞社など主催)の組み合わせ抽選会が2日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社であった。県代表の流経大柏は、大会初日の27日正午から倉吉東(鳥取)と対戦することが決まった。

 1回戦の試合会場は第2グラウンド。流経大柏の相亮太監督は「いよいよ花園が始まるなと実感した。相手が決まったことで、選手たちも気が引き締まったと話していた」と語った。

 23大会連続25回目の出場。過去に6回、8強入りしているが4強の壁に阻まれ続けている。近年ベスト16が続いていたが、昨年はベスト32で終わった。西山大樹主将(3年)は「先輩たちが越えられなかった壁を越えたい」とベスト8以上を目標に掲げる。

 3回戦まで勝ち進めば、今春の全国高校選抜大会で準優勝したAシードの京都成章(京都)とぶつかることになる。相監督は「非常に強い相手とぶつかるのは楽しみ。まずは初戦に勝って、一戦一戦に全力を出したい」と意気込んだ。【富美月】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/3 12:50)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞