第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選 中標津、土佐塾と初戦 函館ラサールは鹿実と /北海道

 東大阪市花園ラグビー場で開かれる第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)の組み合わせ抽選会が2日、大阪市北区の毎日新聞オーバルホールであった。南北海道代表の函館ラサールは大会初日の27日、鹿児島実(鹿児島)、北北海道代表の中標津は第2日の28日、土佐塾(高知)と対戦することが決まった。

 鹿児島実は4大会連続18回目の出場。2大会ぶり2回目の出場となる函館ラサールの荒木竜平監督(53)は「相手がどこであろうと選手全員が納得できるプレーをすることが大切。体が大きいチームではないので、素早いパス回しなどで展開を作りたい」と話した。

 土佐塾は6大会連続17回目の出場。3大会ぶり8回目の出場の中標津の山口昂希監督(35)は「経験豊富な相手ではあるが、セットプレーで相手にプレッシャーをかけていきたい。流れをつかむ先制点が鍵になるだろう」と抱負を話した。

 函館ラサールは27日午後1時50分、中標津は28日午前11時20分にキックオフ。【澤俊太郎】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/12/3 10:39)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞