第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 松山聖陵、2年連続V 花園へ 多彩な攻めで新田降す /愛媛

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高校体育連盟など主催)の県予選決勝が23日、松山市上野町のニンジニアスタジアムであった。第1シードの松山聖陵は序盤から優位に試合を進め、第2シードの新田を33-7で降し、2年連続3回目の優勝を果たした。松山聖陵は12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で始まる全国大会に出場する。【中川祐一】

 ▽決勝

新田 反10

 0 0 0 0  0 1 1 0 0  7  7

 T G P D  前 T G P D  後  計

 2 2 0 0 14 3 2 0 0 19 33

松山聖陵 反7

 昨年覇者の松山聖陵は多彩な攻めを繰り広げてFW戦で優位に立ち、終始主導権を握った。

 前半7分、松山聖陵は敵陣ゴール前のラックから見崎柊太選手(2年)、浜田桂右選手(3年)と展開し、先制のトライ。その後も攻め続け、19分には須藤辰之介選手(2年)がトライを決め、前半を折り返した。

 後半、風上に立った新田に押し込まれる場面もあったが、5分、10分と立て続けにトライし、試合を決めた。 新田は後半13分、中央付近のラックからFW・山崎大玄選手(3年)が持ち出し、意地のトライ。ゴールも決めたが、その後は好機をつかめなかった。

 試合後、松山聖陵の渡辺悠太監督は「夜遅くまでミーティングを重ね、新田を徹底的に研究した。相手の空いているエリアをうまく攻めることができた」と振り返った。花園に向けては「聖地に戻れることに感謝し、負けた学校の思いも背負って頑張りたい」と誓った。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/24 14:41)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞