第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

御所実が優勝 2年連続11回目 奈良

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会奈良県大会(県高体連、毎日新聞奈良支局など主催)は19日、同県橿原市の県立橿原公苑陸上競技場で決勝があった。23年連続で同じ顔合わせとなった試合は御所実が天理を21-19で破り、2年連続11回目の優勝を果たした。前半に19点差をつけられながら後半に猛攻を見せ、試合終了間際で逆転した。

 前半無得点に終わった御所実は後半15分、相手ゴール前でチャージが成功し、こぼれ球を山口がトライして反撃を開始。同25分のトライで勢いに乗り、同28分には朝倉のトライで同点。谷中が距離のあるゴールキックを決め、これが決勝点となった。天理は前半6分、兼久が早々と先制トライを挙げると前半は終始主導権を握ったが、後半は守勢に回り、ミスも目立った。【佐藤英里奈】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/19 19:58)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞