第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 城東、10年ぶり花園へ 39-14、つるぎ降す /徳島

 第97回全国高校ラグビー大会県大会(県ラグビー協会、県教委など主催、毎日新聞社など後援)は18日、徳島市入田町の市球技場で決勝があり、城東がつるぎを39-14で破って優勝を果たし、10年ぶり11回目の全国大会出場を決めた。全国大会は東大阪市花園ラグビー場で12月27日に開幕する。組み合わせ抽選会は同2日。

 試合は、城東が前半6分、敵陣ゴール前ラックサイドを突き、左FL森根が先制トライ。20分、FB山田健がペナルティーゴールを成功し、後半もリードを守った。計2トライの森根は「始めから強気で攻めた」と振り返った。

 つるぎは後半33分、ラックからサイドを突いてNO8下大寺廉がトライ、SO武田がゴールを決め粘りを見せた。【大坂和也】

 ▽決勝

つるぎ 反9

 0 0 0 0  0 2 2 0 0 14 14

 T G P D  前 T G P D  後  計

 3 1 1 0 20 3 2 0 0 19 39

城東 反4

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/19 15:40)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞