第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 桐蔭学園VS東海大相模 花園出場かけ19日決勝 /神奈川

 第97回全国ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、県ラグビーフットボール協会など主催、毎日新聞横浜支局後援)は12日、相模原市南区の相模原ギオンスタジアムで準決勝2試合があった。桐蔭学園は昨年の決勝でも勝利した慶応を29-14で降した。東海大相模は後半に入って追い上げる関東六浦を終盤に突き放し、40-20で勝利して2年ぶりの決勝進出を決めた。決勝は19日午後1時から、横浜市神奈川区のニッパツ三ツ沢球技場で行われる。優勝校は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【中村紬葵】

慶応、反撃及ばず

慶応 反4

 1 1 0 0  7 1 1 0 0  7 14

 T G P D  前 T G P D  後  計

 2 1 0 0 12 3 1 0 0 17 29

桐蔭学園 反8

 桐蔭学園は前半6分、HO原田が先制トライを決めると、追いつかれた後の前半終了間際に中央ラックから抜け出してCTB竹下がトライを決めて勝ち越した。慶応は後半23分にCTB菅のトライで反撃するも、及ばなかった。

関東六浦、届かず

関東六浦 反0

 1 1 0 0  7 2 0 1 0 13 20

 3 3 0 0 21 3 2 0 0 19 40

東海大相模 反14

 東海大相模は前半1分、LO渡辺が先制トライを決めるなど、その後もゴールまで確実に成功させて前半で21点を奪った。関東六浦は後半8分にFB松下のトライで流れを引き寄せたが、終盤に2トライを決められて突き放された。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/14 12:47)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞