第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 和歌山工VS近大和歌山 19日決勝、昨年と同カード /和歌山

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)の県大会は11日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で準決勝2試合があった。優勝候補の和歌山工は和歌山北に完封勝ち。近大和歌山は熊野との接戦を制し、両校は2年連続で決勝に駒を進めた。

 決勝は19日午後1時5分から同競技場である。【木原真希】

 ▽準決勝

和歌山工 111 33-0 0 和歌山北

         78-0

 和歌山工が力で圧倒し、層の厚さを見せた。風上の前半はBKからのキックを多用して着実に加点し、後半は密集からのサイド攻撃を繰り返して計17トライを奪った。和歌山北は再三タックルで粘ったが要所でミスが出た。

近大和歌山 26 14-0  14 熊野

         12-14 

 近大和歌山は前半22分、相手ゴール前のラックからパスをつなぎWTB小倉が先制。その後もBKを中心に素早いパス展開でトライを重ね、リードを守り切った。熊野は試合終盤、密集からのサイド攻撃で2トライを奪って意地を見せた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/12 15:44)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞