第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 準決勝 中部大春日丘5年連続、西陵2年ぶり 決勝進出 /愛知

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県大会(毎日新聞社など主催)は11日、豊田市運動公園球技場で準決勝2試合を行った。第1試合は中部大春日丘が4トライを奪い、24-7で名古屋を降し、5年連続の決勝進出。第2試合は息詰まる接戦となったが、西陵が旭野を7-3で制し、2年ぶりの決勝進出を決めた。決勝は18日午後2時から、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂ラグビー場である。【横田伸治、三浦研吾】

名古屋1トライ

 ▽準決勝

中部大春日丘 24  5-0 7 名古屋

          19-7

 中部大春日丘は前半、ラックからボールを持ち出し1トライを奪った。後半開始早々には、ラインアウトからの展開などで2トライを立て続けに決め、突き放した。名古屋は試合終了直前に、1トライで一矢報いた。

旭野攻めきれず

 ▽同

西陵 7 0-3 3 旭野

     7-0

 西陵は後半、フォワード陣がゴール前でボールを回し、最後はプロップの平野が飛び込んでトライ、逆転してそのまま逃げ切った。旭野はペナルティーゴールで先制し、終盤も敵陣に攻め込んだがトライを奪えなかった。

記事(提供:毎日新聞/2017/11/12 11:38)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞