第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選開幕 倉吉北が準決勝進出 米子東に36-5 /鳥取

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、県ラグビーフットボール協会主催、毎日新聞鳥取支局など後援)が5日、倉吉市の市営ラグビー場で開幕した。2年ぶりの全国大会を目指す倉吉北が米子東を36-5で降し、準決勝へ進んだ。

 倉吉北は前半2分、敵陣ゴール前22メートル付近のスクラムから左サイドへ巧みにパスをつなぎ、SO竹本将馬主将(3年)が先制トライ。その後もラックからの攻撃で着実に得点を重ねた。竹本主将は「コミュニケーションを取り、シンプルに攻めることができた」と振り返った。

 米子東は後半34分、敵陣ゴールライン付近で形成したラックからトライを決めたが序盤の失点が響いた。

 この日は倉吉総合産とチーム人数が15人に満たない鳥取西による参考試合(7人制)もあり、64-0で倉吉総合産が勝利した。

 準決勝は同会場で12日にあり、倉吉東と倉吉北、倉吉総合産と米子工がそれぞれ対戦する。【李英浩】

 ▽1回戦

米子東 反11

 0 0 0 0  0 1 0 0 0  5  5

 T G P D  前 T G P D  後  計

 2 1 0 0 12 4 2 0 0 24 36

倉吉北 反7

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/6 16:06)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞