第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県大会 九州学院、後半に逆転 シード4校が4強 /熊本

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の県大会は4日、熊本市東区の県民総合運動公園スポーツ広場で準々決勝4試合があり、連覇を目指す九州学院などシード4校が順当に勝ち残った。準決勝は11日、熊本西と熊本工、岱志と九州学院の2試合が同会場である。

 熊本西は前半からトライを重ねて東海大星翔を圧倒し、守っても完封して初戦を飾った。熊本工も序盤で立て続けにトライを奪ってリズムをつかみ試合の大勢を決めた。済々黌も前半1トライを返して反撃ムードを作ったが粘りきれなかった。

 第3、4試合は後半に勝負がもつれ込む熱戦。岱志は後半途中まで12点のリードを許す苦しい展開だったが、密集戦で優位に立って逆転し、その後も攻撃の手を緩めず熊本北を突き放した。九州学院は2トライを奪われて前半はリードを許したが、昨年の県大会を制した地力を見せて粘る専大玉名を突き放した。【中里顕】

 ▽準々決勝

熊本西  95 36-0  0 東海大星翔

        59-0

熊本工  50 24-5  5 済々黌

        26-0

岱志   40  7-5  19 熊本北

        33-14

九州学院 36 12-14 17 専大玉名

        24-3

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/5 10:17)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞