第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選 11日、決勝 国栃VS佐野日大 5年連続同一カード /栃木

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、毎日新聞社など主催)は4日、栃木市総合運動公園で準決勝2試合が行われ、18連覇を狙う国学院栃木と、初の花園出場を目指す佐野日大が大勝し、5年連続で同一カードの決勝となった。佐野日大は111-5で足利工大付を、国学院栃木は191-0で合同チーム(佐野・佐野松桜)をそれぞれ降した。

 決勝は11日午後1時から、同会場で行われる。【李舜】

勝って歴史変える

 ○…4年連続決勝で国学院栃木に敗れている佐野日大の中心選手は、SOの平賀優太主将(3年)。昨年の決勝ではSOとして出場も、結果は完敗。悔しい敗戦を味わい、「みんなの期待を裏切らない選手になる」と1年間チームをけん引し続けた。準決勝では17トライを奪う快勝も、自陣深くの守備で反則が重なり1トライを許したことを反省材料に挙げた。「国学院栃木を相手にあのプレーをしていては勝てない。決勝までに修正して、勝って歴史を変えたい」と17連覇中の王者打倒に燃える。

 ▽準決勝

足利工大付 反1

1 0 0 0  5  0 0 0 0  0  5

T G P D  前  T G P D  後  計

7 4 0 0 43 10 9 0 0 68  111

佐野日大 反8

合同 反4

 0  0 0 0  0  0  0 0 0  0 0

 T  G P D  前  T  G P D  後 計

14 12 0 0 94 15 11 0 0 97 191

国学院栃木 反1

 (合同=佐野、佐野松桜)

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/5 10:45)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞