第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

富山第一が高岡第一破る 10回目の花園へ

 第97回全国高校ラグビーフットボール富山県大会(県高体連主催、毎日新聞社、チューリップテレビ後援)の決勝戦が4日、富山市森5の岩瀬スポーツ公園であった。強い風と雨の中、選手たちは死力を尽くし、富山第一が12-0で高岡第一を破り、2年連続10回目の花園出場を決めた。

 表彰式で、松倉泉・県高体連ラグビー専門部長から、富山第一の前川海哉主将(3年)らに賞状や優勝杯などが贈られると、スタンドから大きな拍手が湧いた。河合謙徳監督(30)は、選手たちに胴上げされると感無量の表情を見せた。一方、高岡第一は悔し涙を流しながら、来季の活躍を誓った。

 全国大会は12月27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕。全国51代表が出場し、組み合わせ抽選は12月2日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われる。【青山郁子】

 【富山】(岩瀬スポーツ公園)

 ▽決勝

高岡第一      反6

00000◆00000◆0

TGPD前◆TGPD後◆計

11007◆10005◆12

富山第一      反8

(富山第一は2年連続10回目)

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/4 16:28)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞