第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会

県予選決勝 飯田、6年ぶり優勝 岡谷工の6連覇阻む /長野

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会の県予選(県高校体育連盟など主催、毎日新聞長野支局など後援)は3日、長野市の南長野運動公園総合球技場で決勝があり、飯田が26-17で岡谷工を破り、6年ぶり8回目の優勝を果たした。決勝は9年連続同カードで、岡谷工の連覇は5で止まった。飯田は12月27日に東大阪市の市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場。組み合わせ抽選会は12月2日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われる。【安元久美子】

 ▽決勝

岡谷工 反8

 1 1 1 0 10 1 1 0 0  7 17

 T G P D  前 T G P D  後  計

 1 1 0 0  7 3 2 0 0 19 26

飯田 反6

 飯田は後半開始直後、岡谷工にトライを許して突き放されても、集中力は途切れなかった。後半7分、ゴールライン際に迫るとFW陣が連続攻撃を仕掛け、ラックからHO安永幸太主将(3年)が飛び込んでトライを奪って反撃開始。勢いに乗った飯田は後半21分、WTB矢島智彦選手(1年)が相手ディフェンスをかいくぐってトライして逆転に成功し、終了間際にも再び矢島選手がトライを奪い、試合を締めくくった。

 岡谷工は前半終了間際にHO荒道大輝主将(3年)がトライしたほかは得意のモールで飯田の守備を崩しきれず、リードを守れなかった。

花園で活躍誓う 飯田1年・矢島智彦選手

 3点を追う後半21分。右サイドに空いたスペースに走り込むと、思った通りにボールが回ってきた。「逆転できればチームに気持ちの余裕ができる。絶対にとる」と相手のタックルをかわしながら走り抜け、トライを決めた。

 ロスタイムにもトライを奪い、1年生ながら「宿敵」岡谷工からの勝利に一役買った。安永幸太主将(3年)は「今日は後輩に助けられた。彼は流れを変えられるインパクトのある選手」とたたえる。

 ラグビーは友人に誘われて小学1年から始めた。体をぶつけ合う痛みより、タックルやトライを決めた時の楽しさが勝り、のめりこんだ。

 高校入学前、県外の強豪校からも誘われた。しかし、飯田以外の選択肢は頭になかった。小学4年の時、花園で飯田の試合を観戦し、「最後までやり抜く、気持ちが伝わってくるプレー」に感動したからだ。

 持ち味は「スピードとタックルに負けない強さ」という。「技術を磨いて、チームに貢献したい」と憧れの舞台でも活躍を誓う。【ガン・クリスティーナ】

後輩たちに夢託す

 ○…春の県高校総体の決勝戦で岡谷工は飯田を破ったが、15-14の薄氷の勝利。だからこそ荒道大輝主将(3年)は「力がないことは自覚していた。挑戦者の気持ちで挑んだ」という。前半、自らトライを奪うなど主導権を握りかけたが、「相手チームが自分たちのことをよく見ていた」。後半は攻め込まれて逆転を許してしまった。「来年は花園に戻ってほしい」と後輩たちに後を託した。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2017/11/4 11:58)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

地区大会トピックス

毎日新聞